ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 811852 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

晴天の唐松岳

日程 2016年02月11日(木) [日帰り]
メンバー masacs
天候晴天 八方尾根稜線:午前中、北からの強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
白馬八方尾根スキー場の無料駐車場が複数あり、ゴンドラに一番近い第三駐車場を利用。トイレも完備されています。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間32分
休憩
1時間20分
合計
6時間52分
Sスタート地点08:3008:47八方池山荘08:4809:25八方山09:48八方池09:5110:56丸山10:5711:45唐松岳頂上山荘11:4612:05唐松岳13:1714:21八方池14:2314:45八方山15:22八方池山荘15:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
・スマホのバッテリー切れに気づかず、またログ記録失敗。写真撮影時間を参考にして手書きでルート、時間作成。
・登り:ゴンドラ駅7:30発〜アルペンクワッドリフト利用。
(グラードクワッドリフトはメンテナンスの為、運休)
・下り:グラードクワッドリフト〜アルペンクワッドリフト〜ゴンドラ利用。
・自宅(相模原)4:30出発〜白馬8:30着。
コース状況/
危険箇所等
特になし。
その他周辺情報第三駐車場のそばに「八方温泉 郷の湯」という温泉あり。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

今日は晴天の登山日和だ!駐車場からの朝日に染まる五竜岳
2016年02月11日 06:50撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は晴天の登山日和だ!駐車場からの朝日に染まる五竜岳
2
駐車場からの朝日に染まる白馬、杓子、白馬鑓。
2016年02月11日 06:50撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場からの朝日に染まる白馬、杓子、白馬鑓。
ゴンドラ〜アルペンクワッドリフトと乗り継ぎ、一番上のリフト”グラードクワット”の乗り場からの五竜岳。この”グラードクワット”リフト稼働まで30分程待ったが....。
2016年02月11日 08:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴンドラ〜アルペンクワッドリフトと乗り継ぎ、一番上のリフト”グラードクワット”の乗り場からの五竜岳。この”グラードクワット”リフト稼働まで30分程待ったが....。
2
結局、30分待たされて”グラードクワット”リフト運休と言う判断になり、しかたなく最後のリフト分は歩く事に!
2016年02月11日 08:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結局、30分待たされて”グラードクワット”リフト運休と言う判断になり、しかたなく最後のリフト分は歩く事に!
1
”グラードクワット”リフト終点駅付近からの白馬、杓子、白馬鑓。
2016年02月11日 09:06撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
”グラードクワット”リフト終点駅付近からの白馬、杓子、白馬鑓。
3
八方尾根を登山開始。登山者、スキーヤー半々という感じ。
2016年02月11日 09:06撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方尾根を登山開始。登山者、スキーヤー半々という感じ。
2
写真真ん中の三角に尖った山が唐松岳。まだまだ遠〜い。
2016年02月11日 09:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真真ん中の三角に尖った山が唐松岳。まだまだ遠〜い。
1
唐松岳まで登頂予定のスキーヤーと遠くに遠見尾根と五竜岳。
2016年02月11日 09:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐松岳まで登頂予定のスキーヤーと遠くに遠見尾根と五竜岳。
2
ケルンと八方尾根、唐松、不帰の峰々。
2016年02月11日 09:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ケルンと八方尾根、唐松、不帰の峰々。
ケルンと白馬方面。
2016年02月11日 09:31撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ケルンと白馬方面。
1
八方池ケルンと天狗の頭方面。
2016年02月11日 09:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方池ケルンと天狗の頭方面。
午前中は爆風の北風が吹き荒れ、強烈な雪煙に耐えながら登る。
2016年02月11日 10:56撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午前中は爆風の北風が吹き荒れ、強烈な雪煙に耐えながら登る。
1
五竜岳も間近になってきた。
2016年02月11日 11:23撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜岳も間近になってきた。
5
まだ吹き荒れるこの稜線を頑張って登らねば!
2016年02月11日 11:23撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ吹き荒れるこの稜線を頑張って登らねば!
2
登って来た八方尾根を振り返る。
2016年02月11日 11:23撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登って来た八方尾根を振り返る。
3
爆風で辛いが、2日前に降った新雪をトップになって踏んで行くのは、たまらん楽しさだ!
2016年02月11日 11:29撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爆風で辛いが、2日前に降った新雪をトップになって踏んで行くのは、たまらん楽しさだ!
4
唐松岳(写真真ん中)の最後の登りがよく見える。もう少しで八方尾根を登り切れる。あと少しだ!
2016年02月11日 11:39撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐松岳(写真真ん中)の最後の登りがよく見える。もう少しで八方尾根を登り切れる。あと少しだ!
1
唐松岳頂上小屋付近からのスキーヤーと白馬鑓。まさか!ここから唐松沢へスキー滑降を計画されている様子。
2016年02月11日 11:56撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐松岳頂上小屋付近からのスキーヤーと白馬鑓。まさか!ここから唐松沢へスキー滑降を計画されている様子。
1
唐松岳頂上到着。
2016年02月11日 12:17撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐松岳頂上到着。
9
立山、剱が間近に!感激!
2016年02月11日 12:18撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立山、剱が間近に!感激!
7
五竜岳もすぐ近くに!
2016年02月11日 12:18撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜岳もすぐ近くに!
5
頂上から望む唐松岳頂上小屋。写真左が八方尾根。
2016年02月11日 12:18撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上から望む唐松岳頂上小屋。写真左が八方尾根。
2
頑張って登って来た八方尾根全体写真。
2016年02月11日 12:19撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頑張って登って来た八方尾根全体写真。
2
頂上から望む白馬方面。
2016年02月11日 12:19撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上から望む白馬方面。
2
頂上から望む不帰の稜線。
2016年02月11日 12:19撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上から望む不帰の稜線。
頂上にて記念撮影。
2016年02月11日 12:20撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上にて記念撮影。
8
遠くに妙高、火打、焼山(噴煙が見える)。
2016年02月11日 12:23撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに妙高、火打、焼山(噴煙が見える)。
1
遠くに槍岳(写真中央)も!
2016年02月11日 12:25撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに槍岳(写真中央)も!
2
登りはスノーシューだったが、下りはアイゼン装着して、この景色名残惜しいが、最後の記念写真撮って下山開始。
2016年02月11日 13:06撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りはスノーシューだったが、下りはアイゼン装着して、この景色名残惜しいが、最後の記念写真撮って下山開始。
5
下山時、尾根から振り返る唐松岳。登山者は続々と登っている。
2016年02月11日 13:12撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山時、尾根から振り返る唐松岳。登山者は続々と登っている。
下山時、尾根からの不帰の峰々。
2016年02月11日 13:12撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山時、尾根からの不帰の峰々。
1
振り返って。登山者がいるところが、八方尾根を登り切った地点です。
2016年02月11日 13:13撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って。登山者がいるところが、八方尾根を登り切った地点です。
2
くどいが、名残惜しそうに、また同じ唐松方面の写真。
2016年02月11日 13:18撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
くどいが、名残惜しそうに、また同じ唐松方面の写真。
名残惜しい白馬方面の山々。
2016年02月11日 13:18撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名残惜しい白馬方面の山々。
3
しつこいが、白馬方面の峰々。
2016年02月11日 14:43撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しつこいが、白馬方面の峰々。
3
最後の記念写真とって、リフトまで下山だ!
2016年02月11日 14:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の記念写真とって、リフトまで下山だ!
3

感想/記録
by masacs

1月に続き、2月も冬山に行きたくて行きたくて、天気予報を見たら11日から晴れるとの予報で、急遽、比較的に安全で、景色が堪能出来るところにしようかと、楽で楽しそうな唐松岳に決定。前日移動で白馬八方尾根スキー場の無料駐車場にて車中泊。予報通りの快晴。祭日という事もあり、大勢の登山客、スキーヤーがいた。2日前に雪が降り、さらに新雪が積もって気温も低く、雪質も良い感じ。新雪を踏みながら自分のトレースを付けたくて、登山者の先頭に立つべく頑張って、途中からトップとなって新雪を踏む楽しさを味わいながら登る。最後の唐松岳のところでスキーを履いた二人の方に抜かれたが、満足!満足!。晴天に映える真っ白の冬山の景色は本当に大好きだ。四季の中で、やっぱり冬山(雪山)が一番だ!明日は、中央アルプスの木曽駒と宝剣登山予定なので駒ヶ根まで。駒ヶ根の”こまくさの湯”の温泉とミニソースカツ丼のセット(¥1,080)を楽しみにしながら移動。
訪問者数:469人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ