ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 811870 全員に公開 雪山ハイキング丹沢

丹沢表尾根・感動的氷の芸術!!〔塩水橋‐丹沢山‐塔ノ岳‐新大日周回〕

日程 2016年02月12日(金) [日帰り]
メンバー hageoyaji3
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
塩水橋付近に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち69%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間27分
休憩
27分
合計
7時間54分
S塩水橋06:2408:37天王寺尾根分岐08:4708:54大崩ノタツマ(大クドレ)08:5509:21みやま山荘09:23丹沢山09:2509:32みやま山荘09:34丹沢山09:3509:51竜ヶ馬場09:5210:04日高10:0510:24尊仏山荘10:29塔ノ岳10:3010:47木ノ又大日10:56新大日茶屋11:06新大日11:1512:31金林ノタル12:35上ノ丸13:58塩水橋14:17塩水橋14:1814:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
塩水橋からしばらくは雪があったりなかったりでしたが、安全のためにチェーンスパイク装着。
帰りも塩水橋付近までそのまま付けてました。
雪道は、天王寺尾根分岐の手前1キロくらいと新大日からの長尾尾根の雪が柔らかくていい感じ。
表尾根は踏み固められている感じでした。
いろんな雪を楽しむことができました。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

64号から塩水橋・ヤビツ峠方面に曲がろうとしたら、なんと『通行止め』朝5時50分。
近くにいた工事の方に聞いたら、6時には通行できることになってます。
ほんと、良かったです。
10分待って塩水橋を目指しました。
2016年02月12日 05:55撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
64号から塩水橋・ヤビツ峠方面に曲がろうとしたら、なんと『通行止め』朝5時50分。
近くにいた工事の方に聞いたら、6時には通行できることになってます。
ほんと、良かったです。
10分待って塩水橋を目指しました。
1
塩水橋
2016年02月12日 06:22撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩水橋
ゲートの右を抜けて登って行きます
2016年02月12日 06:23撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートの右を抜けて登って行きます
行きはこの瀬戸橋を渡って行きます。
2016年02月12日 06:27撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行きはこの瀬戸橋を渡って行きます。
林道は雪がないところもありますが、ここら辺でチェーンスパイクを装着しました。
2016年02月12日 06:52撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道は雪がないところもありますが、ここら辺でチェーンスパイクを装着しました。
ゲートから40分くらいです。
『ワサビ沢』の小さな標識を右に入っていきます。
そのまま林道でも同じところに着きます。
2016年02月12日 07:09撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートから40分くらいです。
『ワサビ沢』の小さな標識を右に入っていきます。
そのまま林道でも同じところに着きます。
コンクリートの細い道をまっすぐに行ったら間違い。
この『保安林』の標識のところで左に曲がります。
以前、まっすぐ行って道なき道を急登したことがあります。
2016年02月12日 07:16撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コンクリートの細い道をまっすぐに行ったら間違い。
この『保安林』の標識のところで左に曲がります。
以前、まっすぐ行って道なき道を急登したことがあります。
雨量計の右に出てきます。
振り返ってパチリ。
2016年02月12日 07:35撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨量計の右に出てきます。
振り返ってパチリ。
雨量計の向かい側の階段を登って行きます。
階段の右に看板があります。
2016年02月12日 07:39撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨量計の向かい側の階段を登って行きます。
階段の右に看板があります。
丹沢まで1時間20分と書いてありますが、雪道ということでなくても難しいと思います。
さて、何分かかるでしょう?
2016年02月12日 07:39撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢まで1時間20分と書いてありますが、雪道ということでなくても難しいと思います。
さて、何分かかるでしょう?
こんな道を登って行きます。
2016年02月12日 07:53撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな道を登って行きます。
1
かながわの美林50選『丹沢堂平のブナ林』
2016年02月12日 08:03撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かながわの美林50選『丹沢堂平のブナ林』
天王寺尾根分岐のところから手前1キロくらいは、雪が柔らかくて歩きにくかったです。
2016年02月12日 08:32撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天王寺尾根分岐のところから手前1キロくらいは、雪が柔らかくて歩きにくかったです。
天王寺尾根分岐
2016年02月12日 08:37撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天王寺尾根分岐
ここで『生どら焼き休憩』
2016年02月12日 08:40撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで『生どら焼き休憩』
1
鎖場もあります。
2016年02月12日 08:58撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場もあります。
1
ガスがなければ、絶景が見えるところです。
2016年02月12日 08:58撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスがなければ、絶景が見えるところです。
木道も雪にほとんど埋まってます。
2016年02月12日 09:14撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道も雪にほとんど埋まってます。
みやま山荘
堂平の看板『丹沢山まで1時間20分』でしたが、実際には1時間40分かかりました。
雪がなかったら行けたかも?
ちなみに『山と高原地図』では1時間50分になっていました。 
2016年02月12日 09:22撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みやま山荘
堂平の看板『丹沢山まで1時間20分』でしたが、実際には1時間40分かかりました。
雪がなかったら行けたかも?
ちなみに『山と高原地図』では1時間50分になっていました。 
1
前の広場には誰もいません。
ベンチでちょっと休憩。
蛭ヶ岳に行って戻ろうかとも思いましたが、景色が何も見えないところを往復するのも辛いので、塔ノ岳から長尾尾根の道を選択しました。
2016年02月12日 09:22撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前の広場には誰もいません。
ベンチでちょっと休憩。
蛭ヶ岳に行って戻ろうかとも思いましたが、景色が何も見えないところを往復するのも辛いので、塔ノ岳から長尾尾根の道を選択しました。
1
丹沢山山頂
2016年02月12日 09:35撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢山山頂
1
ここから、表尾根の氷の芸術をご覧ください!!
2016年02月12日 09:40撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから、表尾根の氷の芸術をご覧ください!!
2
塔ノ岳尊仏山荘
2016年02月12日 10:26撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳尊仏山荘
2
塔ノ岳山頂
風が強くて、写真だけ撮ってすぐに新大日方面へ向かいました。
2016年02月12日 10:27撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳山頂
風が強くて、写真だけ撮ってすぐに新大日方面へ向かいました。
2
木の又小屋
2016年02月12日 10:49撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の又小屋
1
新大日山頂
カップラーメン食べました。
風もなく気持ちよく過ごしました。
シーフード美味かった!
デザートにケーキも!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新大日山頂
カップラーメン食べました。
風もなく気持ちよく過ごしました。
シーフード美味かった!
デザートにケーキも!
1
新大日茶屋
2016年02月12日 10:57撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新大日茶屋
1
新大日から札掛方面へ長尾尾根を降りて行きます。
2016年02月12日 10:57撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新大日から札掛方面へ長尾尾根を降りて行きます。
1
途中、境沢林道経由札掛行きは、通行禁止になっていました。
2016年02月12日 11:29撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、境沢林道経由札掛行きは、通行禁止になっていました。
なだらかな道を気持ちよく歩きました。
雪が柔らかいですが、大きく踏み抜くこともありませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なだらかな道を気持ちよく歩きました。
雪が柔らかいですが、大きく踏み抜くこともありませんでした。
いい感じの木々。
2016年02月12日 11:56撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい感じの木々。
ガスが晴れて景色がやっと見えました。
2016年02月12日 11:58撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが晴れて景色がやっと見えました。
1
この看板のところにベンチがあったので最後の休憩。
2016年02月12日 12:09撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この看板のところにベンチがあったので最後の休憩。
分岐
ここはキュウハ沢方面を選択します。
2016年02月12日 12:48撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐
ここはキュウハ沢方面を選択します。
1
木が倒れて道をふさいでます。
右が切れ落ちているので気を付けて歩きます。
2016年02月12日 12:55撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木が倒れて道をふさいでます。
右が切れ落ちているので気を付けて歩きます。
下りてきたところで、少し青空が見えました。
まあ、よくあることです。
2016年02月12日 13:00撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りてきたところで、少し青空が見えました。
まあ、よくあることです。
2
標識があったので地図を確認して『(堂平ではない)雨量観測所20分』方向に行ってみます。
2016年02月12日 13:02撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識があったので地図を確認して『(堂平ではない)雨量観測所20分』方向に行ってみます。
しばらく行くと、古いですがちゃんと標識がありました。
1時間で塩水橋に着くようです。
2016年02月12日 13:15撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく行くと、古いですがちゃんと標識がありました。
1時間で塩水橋に着くようです。
雨量観測所をまっすぐ行くと確かに道があります。
2016年02月12日 13:15撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨量観測所をまっすぐ行くと確かに道があります。
1
地図を確認してここで曲がると塩水橋が近く、それほど急でないので大丈夫だと思って左に折れて尾根を降りてみることにしました。
2016年02月12日 13:25撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地図を確認してここで曲がると塩水橋が近く、それほど急でないので大丈夫だと思って左に折れて尾根を降りてみることにしました。
1
大変な思いをして、ここで林道に合流しました。
2016年02月12日 13:50撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大変な思いをして、ここで林道に合流しました。
1
朝、渡った瀬戸橋にはすぐに着きました。
2016年02月12日 13:55撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝、渡った瀬戸橋にはすぐに着きました。
ゲートに着きました。
さっきの道を外れた登山道がどこに通じているのか気になったので、車道に出てヤビツ峠方面に標識が出てないか探しに行きました。
2016年02月12日 13:59撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートに着きました。
さっきの道を外れた登山道がどこに通じているのか気になったので、車道に出てヤビツ峠方面に標識が出てないか探しに行きました。
10分くらい歩きましたが、こんな標識がありました。
『雨量観測所1時間』と書いてあります。
あまり皆さん通らない道のようですが、今後、この道も使えそうです。
2016年02月12日 14:08撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10分くらい歩きましたが、こんな標識がありました。
『雨量観測所1時間』と書いてあります。
あまり皆さん通らない道のようですが、今後、この道も使えそうです。
1
駐車場のところから、すっかりきれいな青空が見えました。
まあ、そんなものです。
2016年02月12日 14:16撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場のところから、すっかりきれいな青空が見えました。
まあ、そんなものです。
はい、駐車スペースに到着
思いの他、結構歩きました。
お疲れ様!!
2016年02月12日 14:17撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はい、駐車スペースに到着
思いの他、結構歩きました。
お疲れ様!!
自宅近くのスーパー銭湯のレストランで食べた『五目うま煮ラーメン』
疲れた体にしみこむ美味さ!!
2016年02月12日 17:35撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自宅近くのスーパー銭湯のレストランで食べた『五目うま煮ラーメン』
疲れた体にしみこむ美味さ!!
1

感想/記録

午前中晴れで午後から曇りの予想だったので、行きました、丹沢山、塔ノ岳。
なんのことはありません。
始めは青空が見えていましたが、その後はすっかりガスガス!
でも、気温が上がらなかった分、氷の素晴らしい芸術を見ることができました。
寒かったですけど、感動ものでした。

それから、長尾尾根から塩水橋に戻るところで(堂平ではない)『雨量計』の標識があり、地図で調べたところ行けそうだったので、行ってみました。
GPSを見ながら行ったのですが、途中で左に折れたら塩水橋に近いと思って登山道でないところを降りてみました。
最初は良かったのですが、急坂になって最後は沢に降りて降りにくくなりました。
まあ、事なきを得て林道に戻ることができましたが、こうやって遭難するんだろうなあ、と思いました。
いい経験になったので、これからはちゃんと登山道を歩きます。
大いに反省、反省!!

でも、それなりに楽しかったですけどね。
訪問者数:556人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/6/14
投稿数: 53
2016/2/13 20:41
 雨量計の道
hageoyaji3 さんが歩いたその雨量計のあたりの道、昔東丹沢県民の森として整備したようですが、その後ほったらかしのため、廃道やら旧道やらがあり、2年ほど前の9月に私も道に迷い日没ビバークしました。そのあたりけっこう遭難者が多いようです、無事でなによりでした。
登録日: 2014/6/21
投稿数: 36
2016/2/13 22:54
 Re: 雨量計の道
SORA2010さん、はじめまして。
以前、大変な思いをしたんですね。
標識があったので、『山と高原地図』には出てない道だと思いながらも歩いてみました。なだらかな尾根をまっすぐ歩けば大丈夫だったと思いますが、いつもひとりで歩くので、安全第一でないといけませんね。
今後は無茶しないようにしようという思いが強くなり、良い勉強になりました。
コメントありがとうございました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ