ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 811878 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

ピーカンの西穂高岳(新穂高からテント泊ピストン)

日程 2016年02月11日(木) 〜 2016年02月12日(金)
メンバー hankypanky
天候<1日目>
・天気:晴れ
・風:ほぼ無風
・気温:平均1度 最高5度 最低-1度
※薄手のフリースを腕まくりするくらいの暖かさ!

<2日目>
・天気:晴れ→10時過ぎから曇り
・風:終始10m/s、時折15m/s程度の西風。
・気温:平均-9度 最高-3度 最低-17度(!?)
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
・登山指導センター前の無料駐車場に駐車
・駐車スペース25台程度。8時到着時は、ほぼ満杯
・長野道松本ICから60km超。
・安房峠の旧道は冬季閉鎖。有料道路は普通車750円
・安房峠トンネルを過ぎると雪道だった

・新穂高ロープウェイは乗り換えあり。
・往復2900円。6kg以上の荷物は片道300円の荷物券が必要。
・ロープウェイの始発は9時(冬季)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間21分
休憩
2時間56分
合計
5時間17分
S西穂高口(千石平)10:0910:36旧ボッカ道分岐10:3811:22西穂山荘13:5714:11西穂丸山14:1814:52西穂独標15:0415:19西穂丸山15:26西穂山荘
2日目
山行
3時間26分
休憩
1時間53分
合計
5時間19分
西穂山荘05:2305:38西穂丸山06:13西穂独標06:3006:41ピラミッドピーク06:5307:05チャンピオンピーク4峰07:30西穂高岳07:3808:01チャンピオンピーク4峰08:09ピラミッドピーク08:1508:30西穂独標08:47西穂丸山08:57西穂山荘10:0710:23旧ボッカ道分岐10:42ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
<西穂高口駅〜西穂高山荘>
・テープ、標識等多数。
・樹林帯のアップダウンの後、そこそこの斜面を一気に登り、山荘に至ります。
・山荘まで樹林帯の中。
・今回はトレース完璧。行きはツボ足で行きましたが、雪が締まって急斜面は滑りやすかったです。帰りはアイゼン。

<西穂高山荘〜独標>
・さえぎるもののない吹きさらしの稜線。
・山頂手前100mくらいまでは、なだらかで広い稜線。
・山頂手前100mくらいは、急斜面のトラバース、急斜面の直登。
・今回はトレースあり。広い稜線にはところどころ目印あり。

<独標〜西穂高岳>
・細い稜線歩き。
・急斜面のトラバースや細いリッジの連続。
・ピラミッドピークの直下は特に急で、下山時はクライムダウンが必要。
・西穂の直下も勾配が急ですが、ピラミッドピークほどではありません。
・今回はトレースあり。急勾配の斜面もステップが切ってありました。ありがたく使わせていただきました。
・ピークを行くルートとピークを巻くルートとにトレースが分岐している箇所がありますが、今回は、巻くルートの方が難しい感じでした。


全般的に、岩は雪に埋もれていてアイゼンが良く効き、歩きやすかったです。
その他周辺情報西穂高山荘のテント場
・一人一泊1000円
・水場なし。
・水は、ペットボトル500mlが300円
・ビールは350mlが500円(スーパードライのみ)
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ハードシェル Haglofs ロック スピリット ジャケット(今回使わず) ソフトシェル ptagonia ナノエア フーディ インサレーション mountain hardwear ゴーストウィスパラーダウンジャケット インサレーション Mountain Equipment パウダーパンツ ベースレイヤー  ibex ウーリーズ150クルー ミドルレイヤー Arc'teryx Stryka フーディ アウターパンツ finetrack エバーブレス フォトン パンツ パンツ  the north face バーブパンツ タイツ  monbell ジオライン ミドルウェイト タイツ インナーグローブ  マッキンリー インナーグローブ アウターグローブ  monbell Outdry レイングローブ ウィンターグローブ  Black Diamond ソロイスト ロブスター(今回使わず) ゲイター Outdoor Research クロコゲイター ザック Gregory バルトロ65 サブザック Gregory フューリー25 シューズ Scarpa モンブランGTX アイゼン Black Diamond セラッククリップ ピッケル Black Diamond ベノムアッズ ストック Black Diamond トレイル わかん エキスパートオブジャパン スノーシューズ テント monbell ステラリッジ2型 シュラフ ナンガ オーロラ600DX スリーピングマット Klymit イナーシャ オゾン&サーマレスト Zライト Dice スノーボード用ゴーグル ヘルメット Black Diamond ハーフドーム

写真

ロープウェイ待ち。観光客が多く想像以上に混んでた・・・。
2016年02月11日 05:06撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイ待ち。観光客が多く想像以上に混んでた・・・。
1
親切な標識
2016年02月11日 05:59撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
親切な標識
1
2月にして、やっと冬山に来た気分☆
2016年02月11日 06:40撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2月にして、やっと冬山に来た気分☆
山荘、こんなに近いとは・・・。
そして思ったほど人が多くない?
2016年02月11日 07:11撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘、こんなに近いとは・・・。
そして思ったほど人が多くない?
2
テン場は1張のみだし。他に幕営跡もなし…。
2016年02月11日 07:16撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場は1張のみだし。他に幕営跡もなし…。
2
蒙古タンメンにハマってます。
2016年02月11日 08:31撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蒙古タンメンにハマってます。
ヒマなので散歩。なだらかな稜線。ピーカンで気持ちよすぎる。
2016年02月11日 09:54撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒマなので散歩。なだらかな稜線。ピーカンで気持ちよすぎる。
1
丸山。山荘から15分もかからない。
2016年02月11日 10:05撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山。山荘から15分もかからない。
2
まだ時間が早いので・・・
2016年02月11日 10:27撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ時間が早いので・・・
山頂直下はピッケルなしだと怖い感じでしたが、
2016年02月11日 10:41撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下はピッケルなしだと怖い感じでしたが、
1
独標まで来てしまった・・・。だらだら登る感じだったけど、想像以上にカンタン。
2016年02月11日 10:44撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標まで来てしまった・・・。だらだら登る感じだったけど、想像以上にカンタン。
2
帰還。テント増えてる。
2016年02月11日 11:12撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰還。テント増えてる。
2日目の独標。今日は雲が出ている。
2016年02月12日 06:21撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目の独標。今日は雲が出ている。
1
昨日と違って風が強く、冷たい。
2016年02月12日 06:23撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日と違って風が強く、冷たい。
1
気を引き締めて、独標からまずは下る。
2016年02月12日 06:28撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気を引き締めて、独標からまずは下る。
1
太陽様のお出まし。
2016年02月12日 06:40撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太陽様のお出まし。
3
オレンジに染まる雪面がキレイだった。
2016年02月12日 06:41撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オレンジに染まる雪面がキレイだった。
2
朝焼けの中ピラミッドピーク。
2016年02月12日 06:47撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝焼けの中ピラミッドピーク。
3
写真を撮る余裕もなく歩いて、西穂ゲット!
2016年02月12日 07:32撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真を撮る余裕もなく歩いて、西穂ゲット!
5
焼岳、乗鞍方面
2016年02月12日 07:33撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼岳、乗鞍方面
1
奥穂方面
2016年02月12日 07:34撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂方面
5
笠ヶ岳
2016年02月12日 07:38撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳
1
白山も見えます。
2016年02月12日 07:38撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白山も見えます。
1
南ア方面
2016年02月12日 07:38撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南ア方面
2
下山。吸い込まれそうな急斜面
2016年02月12日 07:41撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山。吸い込まれそうな急斜面
1
このギザギザをすべて越えるのです。
2016年02月12日 07:44撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このギザギザをすべて越えるのです。
2
こうして見ると、細っ!
2016年02月12日 08:04撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こうして見ると、細っ!
2
一足踏み間違えば、ゲームオーバー。
2016年02月12日 08:04撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一足踏み間違えば、ゲームオーバー。
1
巻かずに稜線を行っていればこんな怖いトラバースをせずに済んだものを…。誰だこんなトレースつけたの?w
2016年02月12日 08:04撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻かずに稜線を行っていればこんな怖いトラバースをせずに済んだものを…。誰だこんなトレースつけたの?w
ヘタに岩が出ていないのが、ありがたいわ。
2016年02月12日 08:05撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘタに岩が出ていないのが、ありがたいわ。
1
ピラミッドピークに帰還。
2016年02月12日 08:12撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピラミッドピークに帰還。
3
独標に人多し。
2016年02月12日 08:12撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標に人多し。
1
写真ではわからないけど、ここ(ピラミッドピーク直下)は、ほぼ壁な斜面を直登、直下
2016年02月12日 08:16撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真ではわからないけど、ここ(ピラミッドピーク直下)は、ほぼ壁な斜面を直登、直下
3
ここも信州側はスパッと落ちている。
2016年02月12日 08:20撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも信州側はスパッと落ちている。
4
ここは巻かずにピークを通る。巻くと基本的に滑落が怖い・・・。
2016年02月12日 08:23撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは巻かずにピークを通る。巻くと基本的に滑落が怖い・・・。
3
独標に帰還。ホッと一息。
2016年02月12日 08:28撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標に帰還。ホッと一息。
3
千石尾根を下るうちに、完璧に曇ってしまった。
2016年02月12日 10:31撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千石尾根を下るうちに、完璧に曇ってしまった。
ロープウェイ乗り場に帰還。出発時と同様、中国語が行き交う。
2016年02月12日 10:44撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイ乗り場に帰還。出発時と同様、中国語が行き交う。
1
駐車場。時間帯もあるけど、平日でもほぼ満杯という・・・。
2016年02月12日 11:28撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場。時間帯もあるけど、平日でもほぼ満杯という・・・。

感想/記録

週末は天気悪く、行くならこのタイミングしかないっ!と、思い切って行ってきました。

最初は、上高地から登ろうかとも思っていましたが、前日に山荘に問い合わせたところトレースは無さそうだったので、無難にロープウェイからのルートを選びました。

甘く見ていて、ゆっくりと現地入りしましたが、駐車場は既にほぼ満杯で、ぎりぎり停めることができました。
中国人観光客が多く、始発には乗れず、臨時便の次便で、登山口まで。想像以上に暑く、早々にフリース一枚になりました。

今回はテント泊でしたが、山荘までの距離が大したことないことから、水やらなんやら大荷物を運びあげましたが、それでも1時間半もかからず到着。
さすがにこれだけの運動量で食っちゃ寝するのは気が引けたので、丸山まで偵察に行こうと、軽装で出発。
しかし、丸山はあまりに近すぎて、結局独標まで歩いてしまいました…。
1日目はとにかく暑く、稜線上では腕まくりする位でした。

2日目。落ち着いて歩きたかったので、5時過ぎにには出発。
天気予報だと風は穏やかでしたが、結局、ほどほどに強く冷たい風が終始吹き続けました。
山頂一番乗りかなと思ったら、独標には既にカメラマンが一人いました。
ここからが今回のメインディッシュ。
ピークに向けて突き上げていく感じは、独標への登りほどではありませんでしたが、痩せ尾根が続き、またトラバースも軒並み急斜面で緊張することが多かったです。
特にピラミッドピークへの最後の10mの直登は、ほぼ垂直で、下りは結構緊張しました。
逆に西穂への最後の急登は、ステップが切ってあったこともあってか、さほど難しさは感じませんでした。
西穂は(当然ながら)一番乗り。充実した時間を過ごせました。

下山時には雲が広がってしまったので、早出は正解だったなあと思います。

次は、木曽駒を登りたいと思います!
訪問者数:561人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/4/7
投稿数: 229
2016/2/13 12:15
 厳冬期西穂登頂
hankypanky さん、こんにちわ♪おひさしぶりです(*^^*)
ついに西穂登頂おめでとうございます!
今シーズン一の晴天だったのでは??
いいな〜(>_<)!!最高の景色をありがとうございます☆★☆

わたしは今年は独標までで精一杯でした(>_<)
独標の下り、もっと難しいところにたくさん行ってるはずなのに慣れないクライムダウンをしてみたら恐くなっちゃいました…
あせらず自分のペースでいつか西穂、目指したいです♪
てか、中国人多かったですね〜!!日本なのになぜかアウェイ感という…

理想的なステップアップをしてて素晴らしいですね(>_<)
お互いこれからも安全登山を目指しましょう〜
背中を後押ししてくれるような最高のレコをありがとうございました!
登録日: 2011/9/23
投稿数: 19
2016/2/13 18:17
 Re: 厳冬期西穂登頂
コメントありがとうございます!
treetop83さんもあちこち行かれて充実した冬山シーズンを過ごしてますね!
八ヶ岳縦走は残念でしたね…。私も1月に縦走したときは大ダルミの強風に心折られましたヽ(´A`)ノ

木曜日は、間違いなく今年一番の天気でした。
金曜も風は強まらない予報でしたが、結構強くて、雲も予報より早く広がってしまった気がします。まあ、それでも条件としては、すごく良かったですヽ(^ω^)ノ

独標の直下は、独標から先の難所と同じくらいの難度と感じました。
独標から先は、怖いところもありましたが、アイゼンワークの良い勉強になりました。
ピラミッドピーク直下もクライムダウンが必要ですが、雪だと足元がわかりづらいですよね・・・。

treetop83さんのレコ、楽しみにしていますので、今後ともよろしくお願いします!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ