ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 811936 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

谷川岳 真冬の絶景 一期一会

日程 2016年02月11日(木) [日帰り]
メンバー growmono
天候曇りのち快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
土合駅駅前に駐車。(無料)
ロープウェイ土合口駅は休日500円、平日無料。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間40分
休憩
20分
合計
5時間0分
S天神平10:5012:30熊穴沢避難小屋13:00天狗の留まり場14:00谷川岳(トマノ耳)14:2015:50天神平G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
前日の大雪のためゲレンデ等の整備で9時40分からロープウェイチケット販売。
また登山道大渋滞のためタイムはおおよそです。
コース状況/
危険箇所等
 前日10日の積雪が50〜70センチあり、ロープウェイが9時40分始動。
登山者が多くトレースもあるが、膝くらいのラッセルだった。
アイゼンだと埋まってしまいスノーシューにすぐ履き替えた。

 熊穴沢の頭手前で雪崩があり、沢を巻いて小さいピークを越えた。
今後雪崩が頻繁に発生すると思われる。
詳細はブログにて掲載しております。
http://drf1969.blog.fc2.com/
その他周辺情報川端康成「雪国」の序文「トンネルを抜けると雪国だった」の清水トンネル。
モグラ駅、JR土合駅の階段。(駅構内の入場は無料)
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

ロープウェイを下車し、天神峠方面へ登り熊穴沢へ向かう。
2016年02月11日 11:25撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイを下車し、天神峠方面へ登り熊穴沢へ向かう。
5
振り返ると高倉山と武尊山をはじめ美しい片品方面の山々。
2016年02月11日 11:25撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると高倉山と武尊山をはじめ美しい片品方面の山々。
3
熊穴沢の頭手前の沢で雪崩が発生。
2016年02月11日 12:03撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊穴沢の頭手前の沢で雪崩が発生。
4
表層雪崩が発生した沢を迂回し、ピークを登っていく。これが大渋滞の原因に。
2016年02月11日 12:04撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表層雪崩が発生した沢を迂回し、ピークを登っていく。これが大渋滞の原因に。
5
急登。夏道なら鎖やロープがあるのだが・・・
2016年02月11日 12:37撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登。夏道なら鎖やロープがあるのだが・・・
7
やっと天狗の留まり場が視界に入る。
2016年02月11日 12:46撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと天狗の留まり場が視界に入る。
5
天狗の留まり場から、武尊山、尾瀬方面。
2016年02月11日 12:47撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗の留まり場から、武尊山、尾瀬方面。
6
樹木も少なくなり天神ザンゲ岩が視界に。頂上も近い。
2016年02月11日 12:47撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹木も少なくなり天神ザンゲ岩が視界に。頂上も近い。
4
マナイタグラ、万太郎山、仙ノ倉山。
ガスが新潟方面から流れてくる。
雄大な谷川岳ならではの絶景。
2016年02月11日 12:56撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マナイタグラ、万太郎山、仙ノ倉山。
ガスが新潟方面から流れてくる。
雄大な谷川岳ならではの絶景。
9
振り返ると天神ザンゲ岩と南方の美しい山々のパノラマ。
快晴と全方位に広がる美しい景色に見惚れ足が止まる。
2016年02月11日 13:05撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると天神ザンゲ岩と南方の美しい山々のパノラマ。
快晴と全方位に広がる美しい景色に見惚れ足が止まる。
7
マナイタグラ、中ゴー尾根、オジカ沢。
ガスが薄くなりつつある。
左奥は北岳か?
2016年02月11日 13:23撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マナイタグラ、中ゴー尾根、オジカ沢。
ガスが薄くなりつつある。
左奥は北岳か?
4
山頂まで最後の急登。北風が強くなりガスも飛んでくる。
2016年02月11日 13:24撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂まで最後の急登。北風が強くなりガスも飛んでくる。
8
ガスも消え去り、苗場山、かぐらみつまたスキー場が見える。
左奥はやはり北岳だろう。
2016年02月11日 13:30撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスも消え去り、苗場山、かぐらみつまたスキー場が見える。
左奥はやはり北岳だろう。
8
肩の小屋西側から。白く美しい稜線。も見える。
視界を遮るものはなく、白い雪と青い空しか見えない。
2016年02月11日 13:51撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋西側から。白く美しい稜線。も見える。
視界を遮るものはなく、白い雪と青い空しか見えない。
9
一ノ沢、万太郎谷方面。沢と尾根が織りなす美しい山々。
2016年02月11日 13:52撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ沢、万太郎谷方面。沢と尾根が織りなす美しい山々。
9
振り返る肩の小屋。昨日の猛烈な吹雪を物語る。
2016年02月11日 13:53撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返る肩の小屋。昨日の猛烈な吹雪を物語る。
10
山頂トマノ耳。オキノ耳方面、朝日岳、巻機山。360度の雄大なパノラマを体で感じる。
2016年02月11日 14:05撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂トマノ耳。オキノ耳方面、朝日岳、巻機山。360度の雄大なパノラマを体で感じる。
7
オキノ耳、東尾根とマチガ沢が織りなす断崖。右奥は会津駒ヶ岳か?
2016年02月11日 14:16撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オキノ耳、東尾根とマチガ沢が織りなす断崖。右奥は会津駒ヶ岳か?
9
至仏山、燧ケ岳。遭難者に合掌。
2016年02月11日 14:18撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至仏山、燧ケ岳。遭難者に合掌。
7
武尊山、日光白根山。
2016年02月11日 14:18撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武尊山、日光白根山。
3
山頂から南方。利根川沿いに人々の暮らしがある。
正面は赤城山。
2016年02月11日 14:18撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から南方。利根川沿いに人々の暮らしがある。
正面は赤城山。
4
白い雪が作り出す自然の造形美。
2016年02月11日 14:28撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白い雪が作り出す自然の造形美。
4
ボーダーがシュプールを描いていた。
2016年02月11日 14:38撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボーダーがシュプールを描いていた。
9
影を落とす谷川岳。まさに一期一会。
2016年02月11日 15:34撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
影を落とす谷川岳。まさに一期一会。
14
撮影機材:

感想/記録

 2月10日、湯檜曽で50センチ、藤原で80センチの積雪が一日で積もったそうだ。
明けて11日祝日。
ロープウェイが始動しておらず、おかしいなと思ったらゲレンデ整備のため遅延。
天神平駅から谷川岳出発が10時50分となって昼食抜きの弾丸登山となった。
 またトレースはあるのだが、新雪でアイゼンでは太ももまで埋まってしまう。
早々にスノーシューにチェンジした。
 夏道なら木道あたりの急坂で大渋滞、また熊穴沢の頭、天神沢あたりで雪崩が発生し、ピークへ巻くこととなり大渋滞。人が多かった。
ロープウェイ最終は16時半だから登山者はみんな焦っていた。

 天狗の留まり場で昼食にして引き返す人達と昼食抜きで山頂を目指す人達の
二手にはっきりと分かれていた。私は後者。
 昼食を抜いたがそれ以上の価値があった。
北風に煽られ、昼食抜きで低血糖でふらふらになりつつも、冬の絶景が見られ
本当に良かった。この景色が見られただけで苦しみも忘れられる。
あんなに素晴らしい天気になったのは冬の谷川岳では初めて。
一期一会の機会を与えてくれた谷川岳に改めて感謝したい。

 写真の腕が悪くて絶景がうまく撮影できていないが、詳細はブログにて
掲載しております。
http://drf1969.blog.fc2.com/
訪問者数:388人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/8
投稿数: 427
2016/2/16 19:47
 天神ザンゲ岩〜トマの耳でお会いした者です
growmonoさん、こんばんは。

山の名前をいろいろ教えて頂き、ありがとうございました。m(__)m
私は初めての谷川岳だったんですが、素晴らしい絶景に大満足でした。
日本の山じゃないみたいな、神々しい山々。
どれがどれか全く分からなかったところを、教えていただき更に味わい深く山を楽しめました。

帰宅後に、カシミールの山座同定を山別に載せておられるヤマレコの方の画像を見て、更に山の名前を覚えることが出来ました。

素晴らしい群馬の山々、また訪れたいと思いました!
登録日: 2013/11/18
投稿数: 104
2016/2/17 13:26
 Re:
pewa-lakeさん、こんにちは。

 こちらも大変お世話になりました。
下山最終組に近かったですが、何とかRWに間に合いました。
私は多少の経験しかない素人みたいな者です。
知らない山のほうが多いですよ。
また群馬県にいらっしゃった時、お会いしたら遠慮なく声掛けしてくださいね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ