ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 811968 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走中央アルプス

ホワイトアウトの木曽駒ヶ岳

日程 2016年02月12日(金) [日帰り]
メンバー masacs
天候駒ヶ根は晴れていたが、千畳敷から上は雲に覆われ、稜線はガスと強風のホワイトアウト状態
アクセス
利用交通機関
車・バイク
菅の台BCの駐車場にて車中泊(¥600/回)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち51%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間34分
休憩
29分
合計
3時間3分
S千畳敷駅09:2410:05乗越浄土10:1110:15宝剣山荘10:31中岳10:3210:44(木曽駒ヶ岳) 頂上山荘11:01木曽駒ヶ岳11:0811:21(木曽駒ヶ岳) 頂上山荘11:2211:31中岳11:4011:50天狗荘11:5211:56乗越浄土11:5712:23千畳敷駅12:2512:27ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
この季節、菅の台バスセンターの始発は8:15でした。
コース状況/
危険箇所等
乗越浄土までの八丁坂は、状況に寄っては雪崩の危険性もあるのでは。今回は問題なし。乗越浄土から木曽駒ヶ岳までは特に問題ないが、今回、稜線は強風と雪煙のホワイトアウト状態だったので、稜線の尾根は幅広い為、ルートを間違い迷い易いので、このような状況下で登るのであれば、GPS機能を持った機器を駆使して登る事、必須。
その他周辺情報菅の台BCそばの”こまくさの湯”でひとっ風呂浴びて、伊那地方のソースカツ丼を食べるのが、中央アルプス登山時の楽しみです。
”こまくさの湯”には、お風呂とミニソースカツ丼のセットというのはあり(¥1080)、サラダと味噌汁も付いていて、ミニでも十分な量です。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

真っ黒ですが星が写っています。夜は星空、星一杯で天気が良かったのですが....。
2016年02月11日 20:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ黒ですが星が写っています。夜は星空、星一杯で天気が良かったのですが....。
2
車中泊の朝、起きて見ると、今日の午前中までは晴れとの天気予報を裏切られ、千畳敷から上は雲の中。頑張ってトップで登りきる。ガスっている八丁坂を登ってくる登山者。
2016年02月12日 10:12撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車中泊の朝、起きて見ると、今日の午前中までは晴れとの天気予報を裏切られ、千畳敷から上は雲の中。頑張ってトップで登りきる。ガスっている八丁坂を登ってくる登山者。
3
稜線は風が強く、雪煙も舞い、乗越浄土もこの標識しか写りません。
2016年02月12日 10:15撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線は風が強く、雪煙も舞い、乗越浄土もこの標識しか写りません。
2
中岳も強風と雪煙のホワイトアウト。他の登山者20,30人はいたが、乗越浄土か、宝剣山荘で撤退の様子なのか、誰も登って来ませんでした。この天気では当たり前ですね。
2016年02月12日 10:35撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳も強風と雪煙のホワイトアウト。他の登山者20,30人はいたが、乗越浄土か、宝剣山荘で撤退の様子なのか、誰も登って来ませんでした。この天気では当たり前ですね。
2
中岳から駒ヶ岳頂上山荘へ下る時、ホワイトアウトでルートを外れたが、iPhoneのGPS地図で気づき修正。足下の視界もきかない位のホワイトアウトの中、GPS地図を頼りに駒ヶ岳頂上到着。
2016年02月12日 11:04撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳から駒ヶ岳頂上山荘へ下る時、ホワイトアウトでルートを外れたが、iPhoneのGPS地図で気づき修正。足下の視界もきかない位のホワイトアウトの中、GPS地図を頼りに駒ヶ岳頂上到着。
3
頂上の標識もこんなに埋まっています。
2016年02月12日 11:04撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上の標識もこんなに埋まっています。
3
雪と氷の粒が顔に当たり、風に耐えながら自分録り。記念写真録って早く下山だ!
2016年02月12日 11:06撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪と氷の粒が顔に当たり、風に耐えながら自分録り。記念写真録って早く下山だ!
3
一瞬、雲が晴れ太陽が見えたが直ぐに元通りのホワイトアウト状態。
2016年02月12日 11:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一瞬、雲が晴れ太陽が見えたが直ぐに元通りのホワイトアウト状態。
3
間違い無く、駒ヶ岳の頂上という確信を得て!
2016年02月12日 11:08撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間違い無く、駒ヶ岳の頂上という確信を得て!
3
駒ヶ岳神社です。早く下山しよう!
2016年02月12日 11:08撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳神社です。早く下山しよう!
2
悪天候の冬山には、メガネはやっぱりだめだ、凍り付いて、曇りガラス状態で何も見えず。遠近両用のコンタクトというのが有るらしいから、コンタクトにしてみようかな!
2016年02月12日 11:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
悪天候の冬山には、メガネはやっぱりだめだ、凍り付いて、曇りガラス状態で何も見えず。遠近両用のコンタクトというのが有るらしいから、コンタクトにしてみようかな!
3
服もガチガチ。メガネ外してゴーグルだけにしたが、ゴーグルも少しずつ曇り、凍りだす。
2016年02月12日 11:38撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
服もガチガチ。メガネ外してゴーグルだけにしたが、ゴーグルも少しずつ曇り、凍りだす。
3
自撮りで何枚も録っていたら、今度はカメラのレンズ表面が凍りだし、ごらんの様な氷のフィルターがかかったボケ写真に!悪天候でしたが、色んな事が学べます!
2016年02月12日 11:39撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自撮りで何枚も録っていたら、今度はカメラのレンズ表面が凍りだし、ごらんの様な氷のフィルターがかかったボケ写真に!悪天候でしたが、色んな事が学べます!
3
天気良ければ、本当はこんな景色を堪能できたのに!
(2007年5月撮影の宝剣岳)
2007年05月04日 14:03撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気良ければ、本当はこんな景色を堪能できたのに!
(2007年5月撮影の宝剣岳)
4

感想/記録
by masacs

前日は快晴の唐松岳に登って来たが、今日も中央アルプスは午前中まで晴れるとの天気予報だったので、白馬から駒ヶ根まで移動。菅の台BC駐車場にて車中泊。夜は満天の星空で中央アルプスの冬山の絶景を楽しみに就寝したのだが、朝起きてみると駒ヶ根が晴れているが千畳敷から上は雲の中。晴れることを期待しながら、ガスっている千畳敷スタート。前日祭日だったので多くの登山者のトレースがしっかりとついているかと思っていたが、千畳敷の下部は膝くらいまでのつぼ足状態。八丁坂中間から上あたりからトレースの雪の質も堅くなって登り易くなってくる。トップになって乗越浄土に出るが、殆ど視界ゼロのホワイトアウト。今回、宝剣岳を登る予定もしていたが、この悪天で宝剣は諦め、木曽駒だけに登ろうと判断。木曽駒は何度も登っているので、木曽駒までのルートと地形は頭に入っていたが、強風と風雪、氷の粒、ガスで視界は足下がやっと見えるような状況。何も見えない中、記憶を頼りに中岳まで登り切る。中岳から駒ヶ岳頂上小屋への下りで、記憶を頼りに勘で下っていたが、様子が変なのでiPhoneのGPS地図で確認したら大きくルートを外れていることに気づく。GPS頼りにルート修正し小屋を確認。小屋〜木曽駒ヶ岳までは、GPSを頼りに登る。頂上も真っ白だったが、一瞬太陽がボンヤリと見えて晴れるかと期待したが相変わらずの悪天。復路もGPSで再三確認しながら下山。
他の登山者も数十人いたが、全員撤退したようで木曽駒には誰も登って来なかった。この悪天では、撤退が正しい判断である。
今回、ある程度ルートを知っているのと、GPS地図があるのと、危険な箇所も無いので、また過去の悪天候時の冬山の経験も踏まえて、自信はあったので、ホワイトアウトという悪天下での現象はどういうものがあるかとか、対処方法とか、どういう問題に会うかという悪天下時の体験を体で学ぶつもりで実行。ホワイトアウトの強風下では、風は一方の方向から来ると、自然と体の行く方向がずれていく現象、わずか数メートル先の物も(今回は小屋)有るはずの物が探せない状態になること、遭難時、風を如何に避ける手段を取る事が重要か、あるいは足下しか見通せないので、もし雪庇があったら見逃して踏み抜き滑落する可能性があるなとか、色んな事を再確認できたのでいい冬山経験を積むことが出来た。尚、決してまねはしないでください。
八丁坂の下りは尻セードで楽しい快調な下りでした。
訪問者数:902人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/8/5
投稿数: 1
2016/2/14 22:17
 凄いですね~
よく駒ヶ岳まで行かれましたね!!
私も前日にホテル泊でその日は朝の7時にトップで登りましたが、乗越浄土から引き返しました。
登録日: 2016/1/11
投稿数: 6
2016/2/15 12:29
 あの吹雪で凄い。私たちは宝剣山荘で断念
朝一番バスの前から2列目に座ってた夫婦です。初めての木曽駒ヶ岳。登りたかったけど、残念でした。次回、晴れてる時に再チャレンジします。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ