ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 812218 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走十勝連峰

旧DZ〜上ホロ〜境山南西稜

日程 2016年02月11日(木) 〜 2016年02月12日(金)
メンバー hazuki2012r, その他メンバー3人
天候Day1:ガスのち快晴
Day2:快晴一時ガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

Day1:
十勝岳温泉(8:00)上ホロ(10:55)根性尾根上Co1350付近=Ω1(13:00)
温泉から旧DZ経由でD尾根へ。Hも固く、雪崩の心配はなかった。Hにはワンゲルがいた。上ホロ〜・1860間は白くて広く、視界必要。適宜デポ旗打ちながら進む。・1860をネグるように根性尾根に乗った。いい吹き溜まりがあったので雪洞を掘ってΩ1。製作1.5h。
Day2:
Ω1 (6:10)・1575(7:25~7:50) 境山(10:20) H(13:10) 十勝岳温泉(17:10)
・1575で快晴気にならない風。南西稜は風が強く、所々土やブッシュも出ている雪稜。細めの場所もあるが緊張するほどではない。P3は細めの雪稜で、上をいき、下りで一部BS。P2は単なるポコで、左側をまく。P1は岩が出ている雪稜。岩は、捲いたり挟まるように通過したりして対処。気温は高いが、南西稜の途中から気になる〜振られる程度の風が吹き始める。それもありM一名が遅れる。境山の先で濃いガスにより一時WO寸前になった。その後視界は徐々に回復。HからD尾根使って温泉まで。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

原始ヶ原を見下ろしながら、根性尾根にのる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
原始ヶ原を見下ろしながら、根性尾根にのる。
3
振り返る。手前P2、奥P3。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返る。手前P2、奥P3。
4
P1の稜線の初めの方。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P1の稜線の初めの方。
2
あとは境山まで。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとは境山まで。
5

感想/記録

大きめのシートラのっこしができたいい準山だった。
やはり原始ヶ原はいいな。
訪問者数:504人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/7/16
投稿数: 83
2016/2/13 22:01
 デポ旗
大雪山系はどこもそうかと思いますが、上ホロ〜境山間も視界が利かないと非常にやばいところで、以前にここで大嵐に遭遇しデポ旗のありがたみを痛感したことを記録を読んでいて思い出しました。
登録日: 2014/2/23
投稿数: 11
2016/2/14 14:54
 Re: デポ旗
視界がなくなった時に打ったデポ旗を見つけるとホッとしますよね。
できれば悪天のなか動かずにすむ様に行動したいものです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ