ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 812235 全員に公開 雪山ハイキング奥多摩・高尾

鷹ノ巣山〜六ツ石山

日程 2016年02月12日(金) [日帰り]
メンバー mun
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
06:10 JR立川発奥多摩行
07:28 JR奥多摩着
08:10 奥多摩駅発鍾乳洞行
08:25 中日原BS降車
---山歩き---
16:13 水根BS乗車
16:27 奥多摩駅BS下車
16:48 JR奥多摩発青梅行
17:29 JR青梅発東京行
18:04 JR立川着
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち63%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間50分
休憩
39分
合計
7時間29分
S中日原バス停08:3709:15稲村岩09:1609:37稲村岩の鞍部09:5511:50ヒルメシクイノタワ12:24鷹ノ巣山12:2612:56水根山(金佐ノ頭)13:19城山(奥多摩町)13:2813:35カラ沢ノ頭13:3813:50将門馬場(馬責場)13:5114:16六ッ石山分岐14:1914:24六ツ石山14:48トオノクボ14:5016:06水根バス停16:06ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

07:53 ±0℃ 奥多摩駅で登山届を出してバスを待っています。陽が昇って丹波山行きの停留所辺りが日向になりました。日向ぼっこしながらのんびりしています。今日は平日なので、バスで通学する小学生を何人も見かけました。みんなランドセルに警報ブザーだけでなく熊鈴も付けています。女の子はバレンタインデーのプレゼントを大事に持って学校の方へ歩いて行きます。
2016年02月12日 07:53撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
07:53 ±0℃ 奥多摩駅で登山届を出してバスを待っています。陽が昇って丹波山行きの停留所辺りが日向になりました。日向ぼっこしながらのんびりしています。今日は平日なので、バスで通学する小学生を何人も見かけました。みんなランドセルに警報ブザーだけでなく熊鈴も付けています。女の子はバレンタインデーのプレゼントを大事に持って学校の方へ歩いて行きます。
07:55 ±0℃ バス停にある『親子運賃図』が面白いです。僕のザックの手荷物料金は、小児運賃を支払うのが正しいようです。いつも請求しないでくれて、西東京バスさん、ありがとうです。
2016年02月12日 07:55撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
07:55 ±0℃ バス停にある『親子運賃図』が面白いです。僕のザックの手荷物料金は、小児運賃を支払うのが正しいようです。いつも請求しないでくれて、西東京バスさん、ありがとうです。
08:36 中日原BSで降ります。バスから降りたばかりで温度計が落ち着きません。鍾乳洞行のバスは、ほぼ座席がいっぱいにハイカーが乗っていましたが、みんな川乗橋BSで降りました。このバスで鷹ノ巣山へ行くのは僕だけです。
2016年02月12日 08:36撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
08:36 中日原BSで降ります。バスから降りたばかりで温度計が落ち着きません。鍾乳洞行のバスは、ほぼ座席がいっぱいにハイカーが乗っていましたが、みんな川乗橋BSで降りました。このバスで鷹ノ巣山へ行くのは僕だけです。
1
08:45 -3℃ 巳ノ戸橋です。日原街道から川へ降りる道はアイスバーンになってます。アイゼンを着けるのが面倒でそのまま行ってしまいましたが、着けた方が安全です。橋を渡ると、巳ノ戸沢までは乾いた道でアイゼン不要です。
2016年02月12日 08:45撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
08:45 -3℃ 巳ノ戸橋です。日原街道から川へ降りる道はアイスバーンになってます。アイゼンを着けるのが面倒でそのまま行ってしまいましたが、着けた方が安全です。橋を渡ると、巳ノ戸沢までは乾いた道でアイゼン不要です。
09:13 -2℃ 巳ノ戸沢を辿ります。上の写真は進行方向です。谷の向こうに見えるのは、お伊勢山だと思います。下の写真は振り返って後ろを写しました。滝入りの峰ではないかと思います。この辺でアイゼンを履きました。
2016年02月12日 09:13撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
09:13 -2℃ 巳ノ戸沢を辿ります。上の写真は進行方向です。谷の向こうに見えるのは、お伊勢山だと思います。下の写真は振り返って後ろを写しました。滝入りの峰ではないかと思います。この辺でアイゼンを履きました。
09:14 -2℃ 巳ノ戸沢から稲村岩を見上げると圧倒的な岩の山です。写真でその圧倒感を写すのは難しいです。左下の斜面でそそり立つ岩を写しました。
2016年02月12日 09:14撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
09:14 -2℃ 巳ノ戸沢から稲村岩を見上げると圧倒的な岩の山です。写真でその圧倒感を写すのは難しいです。左下の斜面でそそり立つ岩を写しました。
09:22 -3℃ 巳ノ戸沢を鞘口のクビレへ登る道は、橋にバッテンで通行止めにしてあります。この橋の処から写真左の斜面を九十九折れに登って沢を離れて稲村岩尾根を目指します。
2016年02月12日 09:22撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
09:22 -3℃ 巳ノ戸沢を鞘口のクビレへ登る道は、橋にバッテンで通行止めにしてあります。この橋の処から写真左の斜面を九十九折れに登って沢を離れて稲村岩尾根を目指します。
09:34 -2℃ 写真上の画面右下から中央に向かう道が進む道です。飛行機雲の下のコル状の場所が尾根に乗る所です。
写真下は、進行方向左下の通ってきた沢を見ています。稲村岩の影が見えます。手前のコブの影のさらに手前のコル状の所で尾根に乗ります。
2016年02月12日 09:34撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
09:34 -2℃ 写真上の画面右下から中央に向かう道が進む道です。飛行機雲の下のコル状の場所が尾根に乗る所です。
写真下は、進行方向左下の通ってきた沢を見ています。稲村岩の影が見えます。手前のコブの影のさらに手前のコル状の所で尾根に乗ります。
09:39 ±0℃ 稲村岩尾根に乗りました。左が稲村岩、右が鷹巣山です。(写真上)
ザックをデポして稲村岩へ行ける所まで行ってみます。(写真下)
2016年02月12日 09:39撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
09:39 ±0℃ 稲村岩尾根に乗りました。左が稲村岩、右が鷹巣山です。(写真上)
ザックをデポして稲村岩へ行ける所まで行ってみます。(写真下)
09:47 +2℃ 稲村岩手前の細い岩尾根に雪が付いているのを見て引き返しました。雪が無い時期にまた来ます。前回稲村岩に乗ったのは、記録を調べたら2013年04月29日でした。
2016年02月12日 09:47撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
09:47 +2℃ 稲村岩手前の細い岩尾根に雪が付いているのを見て引き返しました。雪が無い時期にまた来ます。前回稲村岩に乗ったのは、記録を調べたら2013年04月29日でした。
09:51 +1℃ 登るより下りが苦手です。さっき登ったここも、下りに手こずりました。アイゼンを着けない時期にまた来ます。
2016年02月12日 09:51撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
09:51 +1℃ 登るより下りが苦手です。さっき登ったここも、下りに手こずりました。アイゼンを着けない時期にまた来ます。
10:04 +2℃ デポしたザックを回収して尾根を登ります。(写真上)
振り返ると長澤背稜が樹木越しに良く見えます。(写真中)
振り返ったまま下方を見下ろすと、尾根の先に日原の集落が見えます。(写真下)
2016年02月12日 10:04撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:04 +2℃ デポしたザックを回収して尾根を登ります。(写真上)
振り返ると長澤背稜が樹木越しに良く見えます。(写真中)
振り返ったまま下方を見下ろすと、尾根の先に日原の集落が見えます。(写真下)
10:19 +2℃ 良い天気です。陽射しは暖かで登っていると暑い位ですが、日影に入ったり、下から風が吹いたりすると寒いです。風はたまにしか吹かないので助かりました。風の強い日は体感温度が低くなるので注意が必要です。
2016年02月12日 10:19撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:19 +2℃ 良い天気です。陽射しは暖かで登っていると暑い位ですが、日影に入ったり、下から風が吹いたりすると寒いです。風はたまにしか吹かないので助かりました。風の強い日は体感温度が低くなるので注意が必要です。
11:50 +2℃ ヒルメシクイノタワに到着します。標識の後ろに、お伊勢山から登って来たトレースが付いていました。うーん、僕も努力すれば、いつかは雪の八丁尾根が歩けるようになれるかな?
2016年02月12日 11:50撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:50 +2℃ ヒルメシクイノタワに到着します。標識の後ろに、お伊勢山から登って来たトレースが付いていました。うーん、僕も努力すれば、いつかは雪の八丁尾根が歩けるようになれるかな?
12:00 +1℃ 肉眼で長澤背稜が良く見えます。写真では樹木が邪魔で上手く写せません。何度も振り返って見ました。
2016年02月12日 12:00撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:00 +1℃ 肉眼で長澤背稜が良く見えます。写真では樹木が邪魔で上手く写せません。何度も振り返って見ました。
12:20 +1℃ 長沢背稜の向こうに白い山が見えます。浅間山だと思います。
2016年02月12日 12:20撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:20 +1℃ 長沢背稜の向こうに白い山が見えます。浅間山だと思います。
1
12:25 +2℃ 鷹ノ巣山に到着します。とても良い天気です。風がちょっと肌寒いです。頂上で撮影した360°の動画も感想欄にUPします。
2016年02月12日 12:25撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:25 +2℃ 鷹ノ巣山に到着します。とても良い天気です。風がちょっと肌寒いです。頂上で撮影した360°の動画も感想欄にUPします。
1
12:26 +2℃ 西を見ると日陰名栗山、高丸山が良く見えます。
2016年02月12日 12:26撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:26 +2℃ 西を見ると日陰名栗山、高丸山が良く見えます。
1
12:27 +2℃ 南から東を見ると奥多摩三山が良く見えます。富士山は曇ってました。今から石尾根を東へ進みます。
2016年02月12日 12:27撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:27 +2℃ 南から東を見ると奥多摩三山が良く見えます。富士山は曇ってました。今から石尾根を東へ進みます。
2
12:35 +5℃ 日向の斜面は、雪がかき氷の様に腐っていて、所々に土まで出ています。稲村岩尾根の上白糖の様な雪が恋しいです。泥だらけになるのは嫌なので慎重に下ります。
2016年02月12日 12:35撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:35 +5℃ 日向の斜面は、雪がかき氷の様に腐っていて、所々に土まで出ています。稲村岩尾根の上白糖の様な雪が恋しいです。泥だらけになるのは嫌なので慎重に下ります。
12:56 +4℃ 水根山を通過します。山名標に近寄るのにツボ足が必要なので、遠くからパチリです。
2016年02月12日 12:56撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:56 +4℃ 水根山を通過します。山名標に近寄るのにツボ足が必要なので、遠くからパチリです。
1
13:01 +1℃ 水根山の下りの雪は、湿っぽいけどまぁ良い感じです。正面は川苔山かと思います。
2016年02月12日 13:01撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:01 +1℃ 水根山の下りの雪は、湿っぽいけどまぁ良い感じです。正面は川苔山かと思います。
1
13:18 +1℃ 樹木越しに長沢背稜をみます。ここは良く見えました。蕎麦粒山、ミツドッケ、酉谷山がまず判り、他の山も地図で同定できました。
2016年02月12日 13:18撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:18 +1℃ 樹木越しに長沢背稜をみます。ここは良く見えました。蕎麦粒山、ミツドッケ、酉谷山がまず判り、他の山も地図で同定できました。
13:24 +1℃ 登りに使った稲村岩尾根が良く見えます。登っている時は急だと思ったのですが、こうして観察すると30度位の勾配に見えます。
2016年02月12日 13:24撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:24 +1℃ 登りに使った稲村岩尾根が良く見えます。登っている時は急だと思ったのですが、こうして観察すると30度位の勾配に見えます。
13:29 -1℃ 石尾根の城山あたりを進みます。
2016年02月12日 13:29撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:29 -1℃ 石尾根の城山あたりを進みます。
13:36 +3℃ カラ沢ノ頭から泥濘んだ急斜面を下ります。
2016年02月12日 13:36撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:36 +3℃ カラ沢ノ頭から泥濘んだ急斜面を下ります。
1
13:57 +5℃ 将門馬場を南に巻いて進みます。南側の道は雪が湿っています。雪の道にMTBのブロックタイヤの轍が付いています。雪の日にMTBを乗ると楽しいのでしょうか? 何か僕の知らない楽しみがある様で気になります。
2016年02月12日 13:57撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:57 +5℃ 将門馬場を南に巻いて進みます。南側の道は雪が湿っています。雪の道にMTBのブロックタイヤの轍が付いています。雪の日にMTBを乗ると楽しいのでしょうか? 何か僕の知らない楽しみがある様で気になります。
1
14:03 +1℃ 山の北側を歩きます。雪質が良くなると歩くのが楽しいです。
2016年02月12日 14:03撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:03 +1℃ 山の北側を歩きます。雪質が良くなると歩くのが楽しいです。
14:16 +2℃ 六ツ石山分岐です。もっと進みたかったのですが時間切れです。六ツ石山経由で下山します。
2016年02月12日 14:16撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:16 +2℃ 六ツ石山分岐です。もっと進みたかったのですが時間切れです。六ツ石山経由で下山します。
14:22 +2℃ 六ツ石山を登っています。右手の唐松が良い感じです。
2016年02月12日 14:22撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:22 +2℃ 六ツ石山を登っています。右手の唐松が良い感じです。
14:24 +2℃ 六ツ石山の頂上です。このまま下ります。
2016年02月12日 14:24撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:24 +2℃ 六ツ石山の頂上です。このまま下ります。
1
14:31 +4℃ 日当たりの良い斜面は所々雪がありません。ドロドロで滑ります。一度滑ってから慎重になりました。替えシャツは持って来ていますが、替えズボンは持って来ていません。これからの融雪期は、替えズボンが必須装備かもしれません。
2016年02月12日 14:31撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:31 +4℃ 日当たりの良い斜面は所々雪がありません。ドロドロで滑ります。一度滑ってから慎重になりました。替えシャツは持って来ていますが、替えズボンは持って来ていません。これからの融雪期は、替えズボンが必須装備かもしれません。
1
14:31 +2℃ 普通の所は雪が残っています。色々な道の状態があって面白いです。
2016年02月12日 14:34撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:31 +2℃ 普通の所は雪が残っています。色々な道の状態があって面白いです。
14:42 +4℃ P1364 扇ツ平の唐松です。ここの唐松が気に入っています。
2016年02月12日 14:42撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:42 +4℃ P1364 扇ツ平の唐松です。ここの唐松が気に入っています。
14:49 +4℃ トオノクボを通過します。榛ノ木尾根にトレースが付いています。僕は水根へ降ります。
2016年02月12日 14:49撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:49 +4℃ トオノクボを通過します。榛ノ木尾根にトレースが付いています。僕は水根へ降ります。
2
14:57 +5℃ 雪のない道が増えてきました。
2016年02月12日 14:57撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:57 +5℃ 雪のない道が増えてきました。
15:02 +5℃ 植林の中の道は雪があります。
2016年02月12日 15:02撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:02 +5℃ 植林の中の道は雪があります。
15:13 +3℃ 山の神に無事下山を感謝して下ります。
2016年02月12日 15:13撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:13 +3℃ 山の神に無事下山を感謝して下ります。
15:15 +4℃ また雪のない道です。途中に伐採中の所がありました。
2016年02月12日 15:15撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:15 +4℃ また雪のない道です。途中に伐採中の所がありました。
15:18 +5℃ 意地悪なゲームの様に、雪の有り無しがコロコロ変わります。もうアイゼンの着脱が面倒でアイゼン無しで降りて来ました。次のバーゲンでチェーンスパイクを入手したいと思います。
2016年02月12日 15:18撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:18 +5℃ 意地悪なゲームの様に、雪の有り無しがコロコロ変わります。もうアイゼンの着脱が面倒でアイゼン無しで降りて来ました。次のバーゲンでチェーンスパイクを入手したいと思います。
15:47 +5℃ 産土神社にも無事下山を感謝します。産土神社から少し下れば、むかし道に合わさります。
2016年02月12日 15:47撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:47 +5℃ 産土神社にも無事下山を感謝します。産土神社から少し下れば、むかし道に合わさります。
1
15:59 +5℃ 青目不動尊を通り抜けて車道を進んだ辺りです。奥多摩湖が良い感じです。
2016年02月12日 15:59撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:59 +5℃ 青目不動尊を通り抜けて車道を進んだ辺りです。奥多摩湖が良い感じです。
1
16:07 +5℃ 水根BSに到着します。16:13のバスで奥多摩駅に向かいます。バスは座席がハイカーで全部埋まって2〜3人立つ状態です。皆さん雲取山からの帰りでしょうか。
2016年02月12日 16:07撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:07 +5℃ 水根BSに到着します。16:13のバスで奥多摩駅に向かいます。バスは座席がハイカーで全部埋まって2〜3人立つ状態です。皆さん雲取山からの帰りでしょうか。
16:29 奥多摩駅前の猫です。下校途中の熊鈴を付けた小学生と一緒に猫をじゃらしました。小学生は女の子の友達同士でバレンタインデーのプレゼント交換をしたことを話していました。スーパー小川屋で牛乳500ccと澤ノ井のワンカップを買い、駅前でシャツを着替えてから両方飲んで、16:48の電車で帰りました。【終】
2016年02月12日 16:29撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:29 奥多摩駅前の猫です。下校途中の熊鈴を付けた小学生と一緒に猫をじゃらしました。小学生は女の子の友達同士でバレンタインデーのプレゼント交換をしたことを話していました。スーパー小川屋で牛乳500ccと澤ノ井のワンカップを買い、駅前でシャツを着替えてから両方飲んで、16:48の電車で帰りました。【終】
1
撮影機材:

感想/記録
by mun

鷹ノ巣山山頂の動画です。

訪問者数:600人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ