ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 812336 全員に公開 ハイキング赤目・倶留尊高原

古光山南峰

日程 2016年02月13日(土) [日帰り]
メンバー ta_chanm
天候大荒れ予報が曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間0分
休憩
0分
合計
1時間0分
S大峠07:4908:49古光山(南峰)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ログは往路のみ
コース状況/
危険箇所等
たった900メートルしか歩いていませんがほぼ急登りでしたよ〜

写真

御杖村まで来ました
この天候はこのまま降雨となるんじゃないか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御杖村まで来ました
この天候はこのまま降雨となるんじゃないか
1
さらにお亀池方面目指して上がろうかと思うがここで引き返して他の山に登るとします
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらにお亀池方面目指して上がろうかと思うがここで引き返して他の山に登るとします
1
戻る途中でみえた古光山
よし、とりあえず登ろう!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戻る途中でみえた古光山
よし、とりあえず登ろう!
5
下はみつえ高原牧場ですが、何も見えません orz
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下はみつえ高原牧場ですが、何も見えません orz
1
さあ、この青空を信じて上がります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、この青空を信じて上がります
4
大峠の登山口
右の建物は立派な斎場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大峠の登山口
右の建物は立派な斎場
1
いきなり急登となります
っていうか、今日は急登しかなかったですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなり急登となります
っていうか、今日は急登しかなかったですね
曽爾高原までは今日はよう行かんなぁ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曽爾高原までは今日はよう行かんなぁ
1
はいロープ場です
ロープ無ければ厳しい角度なのですよ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はいロープ場です
ロープ無ければ厳しい角度なのですよ
1
ふと振り返ると雲海が見えた
これは上がればもっと素晴らしいものが期待できそう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふと振り返ると雲海が見えた
これは上がればもっと素晴らしいものが期待できそう
6
やはり素敵な遠景が見えました
これを観れただけでも来た甲斐があるというもの
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはり素敵な遠景が見えました
これを観れただけでも来た甲斐があるというもの
8
方向的にというかシルエットが高見山のはず
部分的な雪しか無さそうですね
この暖冬は今シーズンの霧氷を台無しにしているんでしょうか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
方向的にというかシルエットが高見山のはず
部分的な雪しか無さそうですね
この暖冬は今シーズンの霧氷を台無しにしているんでしょうか
8
そして上空は青空が
この週末は大荒れの天気だというので天気が崩れる前の東へ東へ来てここに居ます
大正解!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして上空は青空が
この週末は大荒れの天気だというので天気が崩れる前の東へ東へ来てここに居ます
大正解!!
5
少し登っては高見山を写します
こういう画もいつ来ても撮れないと思うが
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し登っては高見山を写します
こういう画もいつ来ても撮れないと思うが
7
まだ1キロ近くありますが1時間もかかることは無いでしょう・・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ1キロ近くありますが1時間もかかることは無いでしょう・・・・
歩き出して30分程度ですが、すごく奥深い山へ来たように感じます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き出して30分程度ですが、すごく奥深い山へ来たように感じます
4
兜岳ですかね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
兜岳ですかね
3
この辺りは緩やかなので急ぎ足で
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りは緩やかなので急ぎ足で
2
急でもまだまだ上がります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急でもまだまだ上がります
1
いい画だな〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい画だな〜
3
手前から古光山・後古光山・二本ボソ
右奥は不明 orz
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前から古光山・後古光山・二本ボソ
右奥は不明 orz
4
ピークかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークかな?
南峰ですね
ここがいちばん展望良かったと思うが・・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南峰ですね
ここがいちばん展望良かったと思うが・・・・
3
いいですね〜〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いいですね〜〜
5
兜岳と鎧岳
今日は兜岳へ登ろうかと考えましたが、多分こちらへ上がったのが正解と思う(根拠なし!)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
兜岳と鎧岳
今日は兜岳へ登ろうかと考えましたが、多分こちらへ上がったのが正解と思う(根拠なし!)
5
住塚山と国見山
ここへ上がった時も感動しましたよ(どこでもだが)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
住塚山と国見山
ここへ上がった時も感動しましたよ(どこでもだが)
2
南峰の狭い頂上でかなり長時間立ち尽くしていました
もう戻るだけだしなんて考えていたら頭に水滴が!
下ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南峰の狭い頂上でかなり長時間立ち尽くしていました
もう戻るだけだしなんて考えていたら頭に水滴が!
下ります
3
往路は1時間掛かり、帰路は20分で降りてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
往路は1時間掛かり、帰路は20分で降りてきました
1
今日の雪景色
こんなに豊富な積雪が見れました・・・・
全部でバケツ1杯くらい orz
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の雪景色
こんなに豊富な積雪が見れました・・・・
全部でバケツ1杯くらい orz
3
みつえ高原牧場からの帰路にて
高見山っぽいが別の山と思う(これも根拠なし)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みつえ高原牧場からの帰路にて
高見山っぽいが別の山と思う(これも根拠なし)
3
桜井市辺りまで戻りました
ね、大荒れの週末予報がこれですよ!!
雨男でない証拠!と言いたいが、やはり降り出してきましたよ昼前には(このとき10:30でした)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桜井市辺りまで戻りました
ね、大荒れの週末予報がこれですよ!!
雨男でない証拠!と言いたいが、やはり降り出してきましたよ昼前には(このとき10:30でした)
3

感想/記録

大荒れの週末天気予報だが強行登山します!
結果報告しますが歩いた距離900メートル!!!
俺の最短記録だな
これ未満となると自宅から駅までの通勤経路くらいだな

悪天候なのは判っているが、やはり1週間働いたんだから週末は山歩きしたい!
降雨でも登る気で朝5時ごろには出掛けてきたが、天候不順というより何も見えない状態の登山は楽しくないだろう・・・・
と思うと、「じゃあどうすんだよ?」
お亀池手前まで来て車降りて、いろいろ思案しましたがこのまま進むのはとにかく止めようになりUターンします
代替登山をどこにするか、古光山か兜岳か?
三峰山もどうだ? 学能堂山?
切羽詰まると過去に歩いた山しか思い浮かばない
戻るときに昨年の真夏に炎天下を傘さして歩いた、みつえ高原牧場内道路を走行中に見えた古光山と青空!

遠路ここまで来てんだから帰りたくはないので、とにかく降雨を気にしながら登ることとした
大峠からはいきなり急登だよなぁ
来て(登って)良かったをすぐに感じられました!
期待していなかった雲海状態の周辺を見ることが出来ました
そして一番の感動は雲に浮かぶ高見山が見えたことです
この登りは「以前来たから上がるだけ」というような気持ちでスタートしたので、雲海は良い意味で期待を裏切られました!
モデルタイムが古光山まで50分なのに、その手前の南峰でさえ到着は1時間掛かりました
これはしんどいからではなく、今日ほど振り返って同じような写真ばかり撮ったのは初めてかもしれません
それほど強烈に感じました
ああ、八経ヶ岳へ上がる前の大峯奥駈道に合流した地点で見えた弥山の山容を眺めているときとほぼ同じテンションだと思う

結局南峰に上がり、「この先は激下りして再度古光山へ上がるな」が進むのを止めとこうかなに変わりました
またそうこうしてる内に雨粒が薄くなってきた頭を直撃したのをきっかけに「さあ下りよう」の合図となりました
南峰は狭い岩場の天辺というところなので、360度展望在ります
今日のように嵐が来る前の(短時間の)青空の下で雲海も見れて、滞在時間は10分程度かもしれないが大満足です

下山後しか降雨はなかったし・・・・・
それより考えられない大きな失敗が帰路でありました
下山後、汗かいたので着替えて車を走らせました
「ん? 今日は走行音が少し大きく感じるが?」
ハンドルを左右に振ってパンクではなさそう
もうガタきているか? まあいいかとそのまま濃霧の中を牧場内道路を進みます
しばらく走行してインパネの半ドア表示?
ん、俺か? いやP側ドアか?
いや違う、バックドア開けたまま走行していた〜〜〜〜〜
ここで考えたのが、脱いだシャツをバックドアにひっかけたままだった〜〜〜です!
すぐにUターンして探しに行きます
幸い、濃霧のため他車は居ませんし路面に落ちているだろうと戻りますが無い!
そりゃそうだ、同時にルームミラー見てチャイルドシートに掛けたシャツを見ながら、「乾かそうと取り入れたんだった」と安堵の気持ち!
このときショックだったのは、バックドア開けたままの走行を気付かなかったという点です
明らかに老いは進んでいます \(^o^)/
もう自分が信じられないとまでは思わないが、こんなことに気付かない自分がいま居るということが脅威に感じました
どうする俺?

感想です、今日の山登りは短時間で波乱万丈でした!
山歩きの所要時間は1時間半程度でしたが、朝5時出発しているので帰宅は午前中には済んでいました
あ〜楽しい、別の意味での大荒れの週末登山でした

訪問者数:193人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/4/29
投稿数: 254
2016/2/13 20:32
 雲海
ta_chanmさん こんばんは。
最短ハイクお疲れさまでした・?
古光南峰からの雲海すてき・・・
なかなか見れない展望をGETでしたね〜。
う〜ん、バックドアOPEN走行・・・
写真31の山は写真27に写ってる国見山ですね。
登録日: 2013/11/16
投稿数: 262
2016/2/13 20:57
 Re: 雲海
こんばんは〜〜

三峰山へ行ってたのですね
今日もどうしようかと考えましたが、直近に上がりました〜
こちら方面は山歩き的にはそれほどキツイとは感じないので好きですね
でも、大峯方面へ行くよりも走行距離は長いのと道中の混雑がね
なので早朝しか出て来たくありませんね

三峰山では食事写真が在りませんが?
私、今日は登る前に斎場横でパンとコーヒー流し込んだだけで、昼食は自宅でしたよ
登録日: 2013/11/20
投稿数: 639
2016/2/14 13:51
 雲海 Part2
ta_chanmさん、こんにちは。

タイトル、wingletさんと被ってしまいました。
写真21の右奥は大洞山ですね。

おお〜、雲海が。
歩いた時間が短くても、これだけの雲海が見られればお釣りが出ますね。
高見山が幻想的です。

老いは私も何年も前から感じています。
つい最近、自宅に戻って玄関の鍵をかけるのを忘れていました。
相方に指摘されるまで全く気付かなかったのですが、
相方より遅く帰ったら、鍵をかけるのはもうルーティンになっている
はずなのに。。。恐ろしや。
登録日: 2013/11/16
投稿数: 262
2016/2/14 16:46
 Re: 雲海 Part2
mechabiさんこんにちは。

やはり登っていない山の名前はなかなか身に付かないですね〜
そして本当に高見山+雲海は逸品じゃないかと思いましたね
なんか最近はちゃんとした「登山」をしていないように思う
ただ何となく週末だから「○○に行こう」という目的地が決定しないまま計画を進めるため、当日なり現地到着後に「ここは止めておこうかな」になります

雪の季節についてはもうひと月もすればたぶん大丈夫かなと
だからといって、「○○に行こう」が無いんですね
大峯奥駈道の未踏区間は日の長い時期なら日帰りも可能かどうか?
それにかかっているんじゃないかと思います

老いについては本来は50歳代で「老い」は早いかなとは思うが、明らかに以前では考えられなかった失態(バックドア開けたまま走行を気付かなかったことなど)がたまにあります
こういうのも若い人からすれば「フツー気付くだろそんなの」が抜けています
毛も抜け、ルーティンも抜け、抜けるばかりで嫌んなっちゃう・・・・

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

雲海 急登 テン 高原 ロープ場 霧氷
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ