ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 812427 全員に公開 雪山ハイキング蔵王・面白山・船形山

蔵王(ライザワールドから地蔵山〜熊野岳〜刈田岳)

日程 2016年02月13日(土) [日帰り]
メンバー MAX155(写真)
天候スタート曇り、馬ノ背で一時小雨、後は曇り。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
ライザワールドの無料駐車場に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間0分
休憩
50分
合計
5時間50分
Sスタート地点07:4009:10馬の背09:50熊野岳避難小屋10:0010:20地蔵山10:30蔵王地蔵尊11:0011:50熊野岳12:30刈田岳12:4013:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
時間は四捨五入して10分単位にしました。
蔵王地蔵尊の時間はレストラン山頂での昼食時間も入っています。
コース状況/
危険箇所等
若干踏み抜く事もありましたが、スノーポンの脱着式のアイゼンだけで行けました。
登山届は事前に山形県警に出した方が良いでしょう、今回は忘れました。
http://www.pref.yamagata.jp/ou/keisatsu/800020/tozan-todoke.html
※現在の馬ノ背の状況は下記の山行記録に書きました。(2015年12月23日)
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-783220.html
※河北新報オンラインニュース(2015年12月23日)
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201512/20151223_73045.html
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 昼食 水 500ml ペットボトルお茶500ml 行動食 1日分 デジカメ スノーポン ヘッドライト 保険証 免許証 メモ帖 ペン クイックヒーター フードコンテナー 地図 ナビ 携帯 ジェットボイル カップ麺

写真

ゲレンデをスタート、右端を登りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲレンデをスタート、右端を登りました。
1
融けかけのモンスター、雫がポタポタ落ちていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
融けかけのモンスター、雫がポタポタ落ちていました。
今日は大朝日岳は見えない様です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は大朝日岳は見えない様です。
前日までのスノーシューのトレースを利用。樹氷が融けている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前日までのスノーシューのトレースを利用。樹氷が融けている。
リフトの支柱か見えて来た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リフトの支柱か見えて来た。
1
リフト降り場も融けかかっている。中央奥が刈田嶺神社。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リフト降り場も融けかかっている。中央奥が刈田嶺神社。
刈田嶺神社とレストハウス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
刈田嶺神社とレストハウス
2
ここで小さい雨粒がパチパチと降ってきた。濡れて強風で低体温症になったらヤバイと思い撤退しようか迷ったが、すぐ止んだので、熊野岳避難小屋を目指した。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで小さい雨粒がパチパチと降ってきた。濡れて強風で低体温症になったらヤバイと思い撤退しようか迷ったが、すぐ止んだので、熊野岳避難小屋を目指した。
3
ここを登り切れば熊野岳避難小屋です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを登り切れば熊野岳避難小屋です。
1
熊野岳避難小屋に無事到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊野岳避難小屋に無事到着
1
ぶれてしまったが右側には雪が無いので、行動食を取り休憩。全く寒くない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぶれてしまったが右側には雪が無いので、行動食を取り休憩。全く寒くない。
2
地蔵山目指し小屋を出る!見えているのは刈田岳方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵山目指し小屋を出る!見えているのは刈田岳方面。
1
ポールがハッキリ見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ポールがハッキリ見える。
青空になって欲しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空になって欲しい。
熊野岳を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊野岳を振り返る。
人がいっぱい居る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人がいっぱい居る。
地蔵山到着!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵山到着!
2
レストラン山頂を目指す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レストラン山頂を目指す。
開運の鐘、一応鳴らして見た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開運の鐘、一応鳴らして見た。
1
今日もフードコンテナーに、コンビニでお湯を入れて温めた後に、チンしたオニギリ2個入れて持ってきた。熱々ではないが美味しくいただきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日もフードコンテナーに、コンビニでお湯を入れて温めた後に、チンしたオニギリ2個入れて持ってきた。熱々ではないが美味しくいただきました。
8
レストランの窓から地蔵山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レストランの窓から地蔵山
2
熊野岳を目指す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊野岳を目指す。
1
雁戸山でしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁戸山でしょうか?
10
三峰山と船形山でしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三峰山と船形山でしょうか?
3
熊野神社融けている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊野神社融けている。
1
熊野岳から雁戸山方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊野岳から雁戸山方面
2
次は刈田岳を目指す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次は刈田岳を目指す。
登山者がアリンコの様に見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山者がアリンコの様に見える。
ツアーでしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツアーでしょうか?
目印が刺してありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目印が刺してありました。
刈田岳は大賑わいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
刈田岳は大賑わいです。
ポタポタと雫が落ちていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ポタポタと雫が落ちていました。
1
今日の行動食、お茶と一緒に食べると美味しいです。ダイソーで買いました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の行動食、お茶と一緒に食べると美味しいです。ダイソーで買いました。
3
御釜の展望台も融けかかっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御釜の展望台も融けかかっています。
振り返ったら人がいっぱい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ったら人がいっぱい。
ゲレンデ上部から
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲレンデ上部から
駐車場到着、無事に戻れた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場到着、無事に戻れた。
2
モンベルのネージュウォーカー、26cmで515g。アルパインクルーザー3000の約半分の重量。今日で蔵王3度目ですが、寒さを感じる事は殆ど無かった。(人によると思います)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モンベルのネージュウォーカー、26cmで515g。アルパインクルーザー3000の約半分の重量。今日で蔵王3度目ですが、寒さを感じる事は殆ど無かった。(人によると思います)
5

感想/記録
by MAX155

 2月8日(月)に行けなかった地蔵山までリベンジに行って来ました。モンスター達が融け始めていて、3月下旬か4月上旬並みの気温でした。

 駐車場に2月8日に来た時は−7℃、今日2月13日は+3℃で最初からアウターの脇の下のファスナーを全開にして登りましたが、すぐ手袋を脱いで、次にアウターと帽子を脱いで、馬ノ背の手前で寒くなったので、全て装着しました。馬ノ背を歩きながら、どこかの山で男女2名が低体温症で亡くなったニュースを思い出し、ここで雨が降ったらヤバイと思っていたら、小粒の雨がパチパチと降って来て撤退しようか考えていたらすぐ止んだので、熊野岳避難小屋を目指しました。クィックヒーターを持ってきて良かったと思いました。熊野岳避難小屋では行動食とお茶を飲んですぐに地蔵山を目指しました。地蔵山頂駅まで往復で約3.7km、トータル約200mの標高差です。強風の中、地蔵山を越え、レストラン山頂で暖房のきいた部屋で昼食を取り、暖房機の前で十分温まってから次は熊野岳と刈田岳を目指しました。強風でしたが気温が+1℃で、熊野神社も刈田嶺神社も雪が融け始めていて雫がポタポタと落ちていました。融けるのはまだ早過ぎると思いました。全般にスノーシューで歩いたトレースがあり、スノーポンの脱着式アイゼンだけで、スノーポン本体は使いませんでした。
訪問者数:737人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ