ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 812625 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走奥秩父

大菩薩嶺〜小金沢山・・展望いっぱい&強風・ラッセルも少々で雪山満喫

日程 2016年02月11日(木) 〜 2016年02月12日(金)
メンバー sht
天候1日目 快晴&春の陽気♪
2日目 晴れのち曇り
大菩薩嶺−7℃+強風〜小金沢山−4℃
アクセス
利用交通機関
車・バイク
裂石の丸川峠分岐ゲート前の駐車場を利用・・遅い時間帯に入ったので出車する車と入れ替わりでとめることができましたが、路肩にもとめられていたので、一時は各駐車場が満車だったようです
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
1時間45分
休憩
0分
合計
1時間45分
S裂石ゲート前駐車場13:1515:00丸川荘(丸川峠)
2日目
山行
7時間33分
休憩
40分
合計
8時間13分
丸川荘(丸川峠)05:0706:29大菩薩嶺06:3006:39雷岩06:4406:53神部岩07:04賽ノ河原07:0607:15親不知ノ頭07:26大菩薩峠07:4107:57熊沢山08:09石丸峠08:1308:22天狗棚山08:2308:38狼平08:4009:32小金沢山09:4010:17狼平10:44天狗棚山10:4510:56石丸峠11:46小屋平バス停(石丸峠入口)12:26上日川峠13:09千石茶屋13:1013:19裂石ゲート前駐車場13:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
コース全般にトレースバッチリで歩きやすい状態でした・・迷うところや危険なところは無し

1ヶ所、小金沢山手前の狼平付近が吹き溜まりになっていてトレースは無く、ヒザまで潜る状態でかなり歩きにくかったです

2日目の丸川荘から石丸峠付近まで12本爪アイゼンを使用・・凍結した急坂は無くて軽アイゼンでも十分なコンディションでした

写真

丸川峠分岐の駐車場からスタート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸川峠分岐の駐車場からスタート
1
雪の林道歩きから登山道へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の林道歩きから登山道へ
1
春が来たような気温上昇で泥濘も所々ありましたが、ツボ足でほぼ順調に本日の宿・丸川荘に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
春が来たような気温上昇で泥濘も所々ありましたが、ツボ足でほぼ順調に本日の宿・丸川荘に到着
3
小屋の真ん前から富士山が見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋の真ん前から富士山が見えます
6
もう酔いが回っていますが、せっかくなので日の入りを見に外へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう酔いが回っていますが、せっかくなので日の入りを見に外へ
3
南アのシルエットがいい感じ♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アのシルエットがいい感じ♪
2
聖〜赤石〜悪沢
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖〜赤石〜悪沢
6
鉄塔だけ残念ですがサンセットを楽しめました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔だけ残念ですがサンセットを楽しめました
3
丸川荘はランプの小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸川荘はランプの小屋
4
夕食のクラムチャウダーは美味でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕食のクラムチャウダーは美味でした
8
翌日はヘッデンスタートして大菩薩嶺へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌日はヘッデンスタートして大菩薩嶺へ
3
雷岩からのご来光は樹間で残念・・スッキリ見るには、小屋番さんに言われた通り神部岩まで進む必要がありました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷岩からのご来光は樹間で残念・・スッキリ見るには、小屋番さんに言われた通り神部岩まで進む必要がありました
2
しかし天気に恵まれ今朝も絶景
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし天気に恵まれ今朝も絶景
3
その右手には南アの高峰群
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その右手には南アの高峰群
2
間ノ岳〜北岳の3千m天空稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳〜北岳の3千m天空稜線
3
三ツ峠山と黒岳を従えて
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ツ峠山と黒岳を従えて
5
朝日を斜めに受けて大菩薩峠へと向います
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日を斜めに受けて大菩薩峠へと向います
4
標高2千m地点標柱のある神部岩
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高2千m地点標柱のある神部岩
1
神部岩を振り返る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神部岩を振り返る
1
今日は雲を纏っていて一味違う富士山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は雲を纏っていて一味違う富士山
8
強風吹く寒さの中で、キリッと締まったまさに別世界
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
強風吹く寒さの中で、キリッと締まったまさに別世界
1
さいの河原の避難小屋は閉まっていて入れず
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さいの河原の避難小屋は閉まっていて入れず
1
大菩薩峠に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩峠に到着
5
介山荘は本日休業ですがベンチで一服
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
介山荘は本日休業ですがベンチで一服
1
公衆トイレも冬期使用禁止期間
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
公衆トイレも冬期使用禁止期間
3
石丸峠に向かう途中で目指す小金沢山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石丸峠に向かう途中で目指す小金沢山
1
天狗棚山(1957P)から狼平を見下ろす・・ここだけ吹き溜まりでかなり苦戦
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗棚山(1957P)から狼平を見下ろす・・ここだけ吹き溜まりでかなり苦戦
5
結構キツい膝上ラッセルでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構キツい膝上ラッセルでした
3
樹林帯に入ると再びトレースが現われ、諦めずに山頂へと向うことに
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯に入ると再びトレースが現われ、諦めずに山頂へと向うことに
2
曇ってしまって秀麗富嶽十二景は見られませんでしたが、何とか今回最後のピーク・小金沢山登頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曇ってしまって秀麗富嶽十二景は見られませんでしたが、何とか今回最後のピーク・小金沢山登頂
4
帰りは自分のトレースが使えるものの、やっぱりキツかった狼平
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは自分のトレースが使えるものの、やっぱりキツかった狼平
4
石丸峠から上日川峠へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石丸峠から上日川峠へ
3
下山中に見えた小金沢山・・今回山行のいいアクセントになり、足を延ばして正解でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山中に見えた小金沢山・・今回山行のいいアクセントになり、足を延ばして正解でした
2
冬季は車で入れない上日川峠到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬季は車で入れない上日川峠到着
1
車が減った丸川峠分岐駐車場に帰着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車が減った丸川峠分岐駐車場に帰着
2

感想/記録
by sht

午前中に杓子山・棚横手山で富士山・南アの大展望を楽しみ、午後は今回連休のメイン・大菩薩嶺登山口へ。初日は、宿泊する山小屋丸川荘へのアプローチです。

今回計画したコースは積雪期の日帰りだと自分にはキツそうなので、この山域でこの日唯一営業していた丸川荘はありがたい存在。気さくな感じの小屋番さんや同宿の方々との、ランプの灯りでの語らいも楽しい小屋でした。

2日目は、主稜線上でご来光を見ようとヘッデンスタート。ご来光をスッキリ見るには標高2千m地点標柱のある神部岩まで進まねばならなくて、意外に時間がかかって見通しが甘かったものの、雷岩では連日の富士山〜南アの大展望を楽しめました。

大菩薩嶺は“雪山入門コース”とも言われるだけあって全般に歩きやすい道でしたが、小金沢山への狼平付近が吹き溜まりになっていて、ヒザ深程度のラッセルに少々苦戦。これがもう1時間も続くようだと軟弱な自分は敗退もありましたが、樹林帯に入ると再びトレースが現われ何とか登頂できました。

絶景はタップリ堪能でき、少々ですが強風やラッセルも加わって、雪山を十分楽しめた2日間でした。
訪問者数:557人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ