ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 812718 全員に公開 雪山ハイキング奥秩父

鶴寝山〜大マテイ(バリ)

日程 2016年02月13日(土) [日帰り]
メンバー Lynn_Kato(CL), その他メンバー2人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
道の駅小菅のP
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間43分
休憩
59分
合計
7時間42分
Sスタート地点08:4012:00鶴寝山12:2612:59山沢入りのヌタ(小菅の湯方面分岐)13:32大マテイ山14:0215:21モロクボ平15:2216:02小菅の湯16:0416:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
バリエーションハイキングです。地図にない、登山道ではないルートを通っているので参考にしないで下さい。(足場悪し、滑落、雪崩、道迷いの危険あり。)
雪は足首位から深くて膝下位。アイゼン結局使わず。
その他周辺情報小菅の湯 620円 冬季週末は17時締めきりの18時まで。
道の駅の薪窯焼きのピザ屋は16時でラストオーダー。泣
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

駐車場そばの尾根に取りついた所。
2016年02月13日 08:48撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場そばの尾根に取りついた所。
1
緩急ありつつまっすぐ顕著な尾根を登ります。
2016年02月13日 09:56撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩急ありつつまっすぐ顕著な尾根を登ります。
1300ピークに突然小屋があった。避難小屋かと思ったら、
2016年02月13日 11:19撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1300ピークに突然小屋があった。避難小屋かと思ったら、
祠を改築したものだった。もともと使われていた梁や柱などを生かして作られている。
2016年02月13日 11:21撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祠を改築したものだった。もともと使われていた梁や柱などを生かして作られている。
なぜか鳥の巣箱がたくさん設置されており、年度と番号が振られていた。
2016年02月13日 11:41撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なぜか鳥の巣箱がたくさん設置されており、年度と番号が振られていた。
1300ピークから1368ピークに向かう時に登山道を横切る。
2016年02月13日 11:43撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1300ピークから1368ピークに向かう時に登山道を横切る。
登山道は無視してあくまで直登w ここにも祠があったので手を合わせる。
2016年02月13日 11:44撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道は無視してあくまで直登w ここにも祠があったので手を合わせる。
登り切ると平らでゴキゲンな感じの広場。
2016年02月13日 11:59撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り切ると平らでゴキゲンな感じの広場。
1
鶴寝山1368m山頂なう!この界隈の山頂標識や道標は随分立派。
2016年02月13日 12:01撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鶴寝山1368m山頂なう!この界隈の山頂標識や道標は随分立派。
1
ほうほう、富士山が見えるのね。
2016年02月13日 12:01撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほうほう、富士山が見えるのね。
よく見たら富士山が下半分見えてた!レンズ雲ぶんぶん飛んでる♡ 明日から天気悪くなる証拠だねえ。しかし今日は晴れで良かった♪
2016年02月13日 12:02撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よく見たら富士山が下半分見えてた!レンズ雲ぶんぶん飛んでる♡ 明日から天気悪くなる証拠だねえ。しかし今日は晴れで良かった♪
2
道標が懇切丁寧で逆にちょっと情報過多で迷いそうw
2016年02月13日 12:35撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標が懇切丁寧で逆にちょっと情報過多で迷いそうw
登山道をザクザク行きます。
2016年02月13日 12:38撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道をザクザク行きます。
1
日向道というだけあって、日向なのか、雪がないところも。(;・∀・)
2016年02月13日 12:48撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日向道というだけあって、日向なのか、雪がないところも。(;・∀・)
1
また巣箱。
2016年02月13日 12:58撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また巣箱。
1
そして、偽ピークに騙されたあと、やっと大マテイに到着。
2016年02月13日 13:30撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、偽ピークに騙されたあと、やっと大マテイに到着。
1
ここからの眺望は鶴寝山よりは落ちる。しかし、目の前に、昨年同時期に登った牛奥のガンガハラスリ山がドーンとあって気分がいい。
2016年02月13日 13:31撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからの眺望は鶴寝山よりは落ちる。しかし、目の前に、昨年同時期に登った牛奥のガンガハラスリ山がドーンとあって気分がいい。
1
頂上からはバリルートで登山道までショートカットします。
2016年02月13日 14:16撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上からはバリルートで登山道までショートカットします。
1
結構急だったがアイゼンは最後まで使わずじまい。
2016年02月13日 14:31撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構急だったがアイゼンは最後まで使わずじまい。
1
雪のつきが深いとOKだが、浅いと地面が出てきて滑る。
2016年02月13日 14:31撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪のつきが深いとOKだが、浅いと地面が出てきて滑る。
1
降りきって登山道に合流。しかしここで大きな間違いを。実は行きたい登山道はこのルートではなかった(;・∀・)
2016年02月13日 14:41撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降りきって登山道に合流。しかしここで大きな間違いを。実は行きたい登山道はこのルートではなかった(;・∀・)
北斜面は雪がたくさん。たまに沢をトラバースするときは足元不如意だったり雪崩たりした。
2016年02月13日 14:49撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北斜面は雪がたくさん。たまに沢をトラバースするときは足元不如意だったり雪崩たりした。
1
日当たりがいい場所はこのように雪がない。
2016年02月13日 15:32撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日当たりがいい場所はこのように雪がない。
道標は最後まで懇切丁寧だった。
2016年02月13日 15:33撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標は最後まで懇切丁寧だった。
1
行きたかったのはこの緑色ルートだったんだけどなぁ。(´;ω;`)
2016年02月13日 23:52撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行きたかったのはこの緑色ルートだったんだけどなぁ。(´;ω;`)
1

感想/記録

週末雨予報だったので諦めかけていたのですが、土曜日は天気が持ちそうに思えたのでユルフワ雪山バリハイ(バリエーションハイク)に行ってきました。蓋をあけてみれば雨や曇りどころか顔がヒリヒリするぐらいの晴天で、気温も高く、その分雪は悪かったですが、楽しく地図読みしながらハイクできました。

帰りは1326ピークから降りようと思ってたのですが、大マテイの山頂で急に風が吹いてきて寒く感じたので、山頂から北東方面へのバリで登山道までショートカットで降りてしまいました。

登山道に合流したあと、登山道の標識に導かれて、本来行きたい道とは違う道に入ってしまったことに随分後になって気づき、なぜせっかく今まで地図読みで来ていながら、最後に道標脳=地図読まない になるのか。ORz 
少なくとも、その道に向かうという動きがまったくなく、ヘラヘラと違う登山道で下山し、しかもそのことに分岐に出くわすまで気づかなかったというダメすぎる失態に深く落ち込んだ次第です。下山後、小菅のお湯にじっくり浸かって皆で猛省しました。(;・∀・)

しかしこの山はいろんなバリルートが取れるので楽しいですね。また今度色々試してみたいです。(^^) ご一緒したお二人、ありがとうございました。(^^)
訪問者数:256人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ