ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 812823 全員に公開 雪山ハイキング奥多摩・高尾

浅間嶺(笹平-松生山-浅間嶺-峠の茶屋-払沢ノ滝入口)

日程 2016年02月13日(土) [日帰り]
メンバー occhanyama
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間4分
休憩
37分
合計
5時間41分
S笹平バス停09:4011:22又ド沢ノ峰11:22払沢ノ峰11:32松生峠12:10松生山12:1612:20天領山12:25入沢山12:52浅間嶺展望台13:1213:17浅間尾根休憩所13:25浅間嶺13:2613:30浅間尾根休憩所14:45時坂路傍施設便所14:5515:10払沢の滝駐車場15:21払沢の滝入口バス停15:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

笹平バス停に到着
2016年02月13日 09:28撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹平バス停に到着
少し車道を歩く
2016年02月13日 09:42撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し車道を歩く
これが取付き、標識も何も無い
2016年02月13日 09:42撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが取付き、標識も何も無い
畑のための道にしか見えない
2016年02月13日 09:42撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
畑のための道にしか見えない
畑の一番上にこの標識があって、初めて合っているのだと解る
2016年02月13日 09:46撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
畑の一番上にこの標識があって、初めて合っているのだと解る
最初は急坂、道が判然としないところもあるが、とにかく登るしかない
2016年02月13日 09:55撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は急坂、道が判然としないところもあるが、とにかく登るしかない
少し坂が緩くなったので休む
2016年02月13日 10:04撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し坂が緩くなったので休む
ひたすら登る
2016年02月13日 10:14撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひたすら登る
隣の馬頭刈尾根が見えている
2016年02月13日 10:43撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
隣の馬頭刈尾根が見えている
尾根道らしくなってきた
2016年02月13日 11:11撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根道らしくなってきた
木々の間から富士山が見える
2016年02月13日 11:18撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々の間から富士山が見える
稜線らしくなってきた
2016年02月13日 11:20撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線らしくなってきた
90度曲がる
2016年02月13日 11:22撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
90度曲がる
この標識が出てくると山頂稜線だ
2016年02月13日 11:22撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この標識が出てくると山頂稜線だ
しかし、まだ松生山は先に見えている
2016年02月13日 11:30撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし、まだ松生山は先に見えている
払沢ノ峰。前回下りで使ったときは、ここで間違えそうになった。
2016年02月13日 11:32撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
払沢ノ峰。前回下りで使ったときは、ここで間違えそうになった。
テングチョウが舞い降りてきた。暖かいのだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テングチョウが舞い降りてきた。暖かいのだ。
松生山に到着。まずは富士山だが、上の方は雲隠れしていた。
2016年02月13日 12:13撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松生山に到着。まずは富士山だが、上の方は雲隠れしていた。
その左、大室山から丹沢の峰々
2016年02月13日 12:14撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その左、大室山から丹沢の峰々
北側には大岳山と御前山の間に長沢背稜が見えている。天目山と蕎麦粒山が確認できる。
2016年02月13日 12:14撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側には大岳山と御前山の間に長沢背稜が見えている。天目山と蕎麦粒山が確認できる。
御前山
2016年02月13日 12:15撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御前山
1
山頂標識
2016年02月13日 12:15撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂標識
1
山頂の様子
2016年02月13日 12:17撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の様子
大岳山
2016年02月13日 12:17撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岳山
1
浅間嶺に向かう
2016年02月13日 12:21撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間嶺に向かう
1
急に雪が出てきた。やはり少し北側になると雪が残っている。
2016年02月13日 12:39撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急に雪が出てきた。やはり少し北側になると雪が残っている。
山頂展望台。右の「東京都」の上に乗っかっているのが、今日の一本でした。
2016年02月13日 12:54撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂展望台。右の「東京都」の上に乗っかっているのが、今日の一本でした。
1
松生山を振り返る
2016年02月13日 12:54撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松生山を振り返る
浅間嶺から石尾根と雲取山
2016年02月13日 12:57撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間嶺から石尾根と雲取山
鷹ノ巣山
2016年02月13日 12:57撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山
丹沢方面
2016年02月13日 12:58撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢方面
御前山とその左に石尾根
2016年02月13日 13:09撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御前山とその左に石尾根
大岳山
2016年02月13日 13:11撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岳山
浅間嶺の最高点
2016年02月13日 13:26撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間嶺の最高点
1
峠の茶屋手前で、松生山の稜線を仰ぎ見る
2016年02月13日 14:21撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峠の茶屋手前で、松生山の稜線を仰ぎ見る
時坂峠付近で、碁盤になりそうな雪の斜面
2016年02月13日 14:29撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時坂峠付近で、碁盤になりそうな雪の斜面
時坂集落に入る辺りで前方が騒がしくなった。どうやら猿の群らしい。
2016年02月13日 14:44撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時坂集落に入る辺りで前方が騒がしくなった。どうやら猿の群らしい。
これだ!猿が集団で柚子の実を食べていたようだ。辺りには柚子の香りが漂っている。
2016年02月13日 14:45撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これだ!猿が集団で柚子の実を食べていたようだ。辺りには柚子の香りが漂っている。
その先、斜面に黄色いものがある
2016年02月13日 14:47撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その先、斜面に黄色いものがある
1
フクジュソウだ
2016年02月13日 14:49撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フクジュソウだ
2
もう1枚
2016年02月13日 14:50撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう1枚
1
登山道のそば、この斜面に咲いていた
2016年02月13日 14:52撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道のそば、この斜面に咲いていた
1
払沢ノ滝駐車場のところから北を見る。スケールは雲泥の差だが、ちょっと梓川から見た穂高連峰に似ていませんか?
2016年02月13日 15:20撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
払沢ノ滝駐車場のところから北を見る。スケールは雲泥の差だが、ちょっと梓川から見た穂高連峰に似ていませんか?
1
バスの30分前に到着。豆腐アイスを食べてバスの待つ。
2016年02月13日 15:33撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスの30分前に到着。豆腐アイスを食べてバスの待つ。
1
撮影機材:

感想/記録

今日は笹平から松生山を経由して浅間嶺へ出かけた。2年前の2月に逆コースを降りてきたが、ルート下部でアップダウンが多く、疲れたことを思い起こしていた。しかし、逆に登ると初めの方のアップダウンはあまり気にならず、かえって払沢ノ峰から松生山までの距離が思った以上に長く感じた。そのときの疲れ方に連動する感じ方によって同じルートでも記憶に大きな影響を及ぼすと改めて感じることになった。
また、帰りの時坂集落の中で、柚子の実に群がる野猿と、民家の裏に咲き誇っていたフクジュソウに癒された。
訪問者数:461人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

フクジュソウ 一本 テン
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ