ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 813045 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走奥秩父

遠いぜ!!両神山、テント泊(避難小屋内)で2回登頂

日程 2016年02月12日(金) 〜 2016年02月13日(土)
メンバー louris
天候一日目:晴れ  二日目:曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中央道 甲府昭和ICから90km、途中、雁坂トンネル(有料\730現金)あり。最後5kmは車1台いっぱいの道(舗装路、でもバスも通ります)。
駐車場は、登山口近くは\500/日(両神山荘へ)、無料も合わせると40台くらい停めれるでしょうか
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間56分
休憩
29分
合計
5時間25分
S日向大谷口10:2010:20両神山荘11:04会所12:43弘法之井戸13:00清滝小屋13:1813:52横岩14:03両神神社14:31両神山14:4215:08両神神社15:45清滝小屋
2日目
山行
7時間56分
休憩
1時間20分
合計
9時間16分
清滝小屋08:0009:30両神山09:5010:20両神神社11:10清滝小屋12:1014:11会所12:1015:10両神山荘15:15日向大谷口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
二日目の時間は概略
コース状況/
危険箇所等
序盤からアイゼン使用、急斜面の狭いトラバースや、鎖場・ロープ等急斜面あり。但し滑り止めを使っていない人も見かけました。下りは、気温上昇により所々雪崩跡があって登山道を潰していました(歩行可)
清滝小屋(避難小屋:無料、毛布あり)は冬期トイレあり、水は出ません。水場:弘法の井戸(チョロチョロチョロ)まで往復10-15分くらい
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

個人装備

個人装備品
数量
備考
ヘッドランプ 1
予備電池 1
1/25,000地形図 1
コンパス 1
1
筆記具 1
ライター 2
ナイフ 1
保険証 1
飲料 2L
ティッシュ 5
三角巾 1
バンドエイド 5
タオル 1
携帯電話 1
計画書 1
防寒雨着 1 防寒は上だけ
スパッツ 1
手袋 4
ストック 1
個人装備品
数量
備考
ビニール袋 2
替え衣類 1
シュラフ 1
シュラフカバー 1
ザックカバー 1
クマよけ鈴 1
水筒 1
日焼け止め 1
非常食 1日分
非常用毛布 2
グランドシート 1
ザイル 10m
カラビナ 3
スリング 3
アイゼン 1
ピッケル 1
割りばし 10
使い捨てカイロ 5
テーピング 1

共同装備

共同装備品
数量
備考
テント 1
テントマット 1
ツェルト 1
ランタン・マントル 1
コンロ 1
ガスカートリッジ 2
コンロ台 1
共同装備品
数量
備考
コッヘル(鍋) 1
ファーストエイドキット 1
医薬品 1
ラジオ 1
カメラ 1
1

写真

有料駐車場(バス停)、\500です
2016年02月12日 10:20撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有料駐車場(バス停)、\500です
登山口
2016年02月12日 10:26撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口
入り口には鳥居
2016年02月12日 10:35撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入り口には鳥居
すぐに雪が現れます
2016年02月12日 10:39撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに雪が現れます
何度か渡渉箇所、今はほとんど水はありません
2016年02月12日 10:47撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度か渡渉箇所、今はほとんど水はありません
早くも鎖場
2016年02月12日 10:50撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早くも鎖場
小屋まで約半分
2016年02月12日 11:15撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋まで約半分
ピンクのリボンがいっぱいあります
2016年02月12日 11:21撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピンクのリボンがいっぱいあります
結構急斜面のトラバース
2016年02月12日 11:48撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構急斜面のトラバース
弘法の井戸(水場)、水はチョロチョロです
2016年02月12日 12:43撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弘法の井戸(水場)、水はチョロチョロです
1
小屋が見えてきました
2016年02月12日 12:53撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋が見えてきました
避難小屋、立派です
2016年02月12日 12:56撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋、立派です
2
中はこんな感じ
2016年02月12日 13:08撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中はこんな感じ
2
さあ山頂へ向かいます。小屋わきに山頂への登り口があります
2016年02月12日 13:18撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ山頂へ向かいます。小屋わきに山頂への登り口があります
1
七滝沢コース分岐
2016年02月12日 13:28撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七滝沢コース分岐
産体尾根に出ました
2016年02月12日 13:38撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
産体尾根に出ました
尾根を登ります
2016年02月12日 13:39撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根を登ります
鎖場が続きます
2016年02月12日 13:43撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場が続きます
1
続きます
2016年02月12日 13:45撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続きます
続きます
2016年02月12日 13:50撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続きます
横岩
2016年02月12日 13:53撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岩
両神神社が見えてきました
2016年02月12日 14:02撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両神神社が見えてきました
狛犬君1号
2016年02月12日 14:03撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狛犬君1号
狛犬君2号・・・狼ですね
2016年02月12日 14:03撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狛犬君2号・・・狼ですね
さあ登ります
2016年02月12日 14:07撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ登ります
頂上まであと少し
2016年02月12日 14:25撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上まであと少し
おお!頂上が
2016年02月12日 14:30撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おお!頂上が
頂上です
2016年02月12日 14:31撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上です
6
雲が多くて・・・右端が先週登った金峰山かな?
2016年02月12日 14:38撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が多くて・・・右端が先週登った金峰山かな?
2
さあ下りましょう・・・頂上手前のやせ尾根
2016年02月12日 14:46撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ下りましょう・・・頂上手前のやせ尾根
鎖場を上から・・・結構急です
2016年02月12日 15:21撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場を上から・・・結構急です
産体尾根の標識まで戻ってきました
2016年02月12日 15:29撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
産体尾根の標識まで戻ってきました
小屋が見えてきました
2016年02月12日 15:39撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋が見えてきました
テン場10張・・・雪がビチャビチャなので小屋に泊まります
2016年02月12日 15:41撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場10張・・・雪がビチャビチャなので小屋に泊まります
翌朝
2016年02月13日 06:38撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝
小屋が
2016年02月13日 06:38撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋が
朝日に輝きます
2016年02月13日 06:39撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日に輝きます
1
ます
2016年02月13日 06:39撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ます
翌日は富士山がくっきりと(右端は二日目一緒に行動したドバイから来たお兄さん)
2016年02月13日 09:29撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌日は富士山がくっきりと(右端は二日目一緒に行動したドバイから来たお兄さん)
1
レンズが曇っていますが雪崩が登山道を覆っています
2016年02月13日 13:20撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レンズが曇っていますが雪崩が登山道を覆っています
レンズが曇っていますが雪崩が登山道を覆っています
2016年02月13日 13:22撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レンズが曇っていますが雪崩が登山道を覆っています
2

感想/記録
by louris

両神山・・・遠かったです
仮眠時間を合わせると10時間かかりました
高速下りて90kmは堪えます
予定の7時着、8時出発を大きく遅れ
10時前着の10時20分の出発となりました。
予定は初めから二通り考えていて
すなわち当日に山頂まで行くパターンと二日目に行くパターン
また出発の時間が遅くなったので、気温も高く
翌日も冷え込まない予報でしたので、少し薄着で出発です
直ぐに雪が現れ、荷物も背負っているのでアイゼン装着
序盤は緩やかに高度を上げていくという感じでしたが
道幅の狭いトラバースも現れ、雪崩が起こって登山道が消えた場合のことを考え、
振り返りながら目印を確認しながら登りました
水は2Lを家から、弘法の井戸で1L補給して清滝小屋へ
さらに1L使用後、再び水補給へ
小屋の山手がテン場のようでしたが、雪が融けて状態が悪かったので
避難小屋に泊まることにしました
これでテント設置の時間が節約できるので山頂を目指すことに
山頂へは、横岩からは急な鎖場が続きます。ピッケルもリュックに入れていきましたが使うことはありませんでした。
小屋と山頂間で二人の方とすれ違いました。
山頂では雲が多く景色はイマイチ
ほぼ標準タイムで小屋まで戻ってきました
誰も来ないだろうと、防寒対策でテントを設営・・・すると話声が・・・
お二人さんで、一人はドバイから来ているというお兄さん、
もう一人の女性の方は、百名山を30-40登っているということでしたが、ドバイのお兄さんは山の経験も少なく、装備も十分とは言えない状態でしたので、
「一緒に行こうか」ということになりました。
夜ご飯(ミートソースうどん)とお酒(日本酒)をご馳走になり、楽しく過ごさせてもらいました。
夜は、気温も高めで、小屋内でしたので、寒くはありませんでした。
二日目、8時ころの出発・・・
自分より経験の少ない人と登るのは初めてで、その人のことばかり気になって
写真を撮る余裕もありませんでした。(まあ二日連続でしたしね)
頂上では、この日は富士山もくっきり・・・景色に喜んでもらえて良かったです。
小屋に戻って、お昼もご馳走になりました(ミートボールラーメン)
小屋からの道も、滑りやすく、苦労されていました。
予想通り雪崩箇所もあり、時間がかかりましたが、なんとか全員無事に下山することができました。

自分の技量も考えずに、安易に同行を申し出たのは反省する部分もありますが、
確保の方法とか、いろいろ自分のスキルアップに繋がった部分をあったかな・・・と

これからは気温も上がり、雪崩等、微妙な季節になりますが、もう少し冬山を楽しみたいと思います。



訪問者数:721人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

水場 設営
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ