ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 813049 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

【北八ケ岳】雪の北横岳。

日程 2016年02月13日(土) [日帰り]
メンバー buffo4880suzupapa73, その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
町田駅: 6:20頃出発
ピラタス蓼科スノーリゾート: 8:45到着
ロープウェイ山頂駅:9:10
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間25分
休憩
19分
合計
3時間44分
S北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅09:3109:53坪庭10:28三ツ岳分岐10:37北横岳ヒュッテ10:3811:00北横岳11:24北横岳ヒュッテ11:4111:44三ツ岳分岐11:4512:02坪庭12:18北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅13:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
よく踏み固められており熟練者であればアイゼン無しでも歩行可能な状態。軽アイゼンで登っている方も多く問題ない。スノーシューによっては(歯が短いタイプなど)、急坂を苦戦されアイゼンに変更されている方がいた。
山頂(南峰)手前の樹林帯を抜けると一気に風力が増し体感温度が下がるため、樹林帯を抜ける前に暴風対策をお勧めする。
その他周辺情報尖石温泉 縄文の湯は、大人400円にてナトリウム系のお肌に良さそうなお湯でした。
http://www.city.chino.lg.jp/www/contents/1000000763000/
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ
共同装備 ファーストエイドキット 地図(地形図) コンパス

写真

8:45頃に到着。駐車場はガラガラでした。道路も雪は無くノーマルタイヤでも問題ない状態。(この日はです)
2016年02月13日 08:57撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:45頃に到着。駐車場はガラガラでした。道路も雪は無くノーマルタイヤでも問題ない状態。(この日はです)
3
山頂駅を出ると既にホワイトアウト状態。
2016年02月13日 09:37撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂駅を出ると既にホワイトアウト状態。
2
天候が優れない予報であったこともあるかと思いますが、人気の山にしては空いていました。
2016年02月13日 10:33撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天候が優れない予報であったこともあるかと思いますが、人気の山にしては空いていました。
2
山頂は風も強く、体感温度もかなり下がっていたかと思います。時々、身体がよろめいてしまいそうな強い風もありました。
2016年02月13日 11:02撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は風も強く、体感温度もかなり下がっていたかと思います。時々、身体がよろめいてしまいそうな強い風もありました。
4
ヒュッテまで下山して一休み。生姜を増量した生姜湯。
2016年02月13日 11:28撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒュッテまで下山して一休み。生姜を増量した生姜湯。
2
こけもものソフトクリーム。焼きたてのクロワッサンも食べましたが、写真を撮り忘れました。これもうまかった。
2016年02月13日 13:40撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こけもものソフトクリーム。焼きたてのクロワッサンも食べましたが、写真を撮り忘れました。これもうまかった。
2
撮影機材:

感想/記録

2度目となる雪の北横岳ですが、またしてもホワイトアウト状態でした。
前回よりも視界は利きましたのでルートを失うこともなく安心して歩けました。
本来は縞枯山も右回りで歩く予定でしたが、景色も望めない中でしたので(ルートの踏み固め状態も弱そうでした)中止し、山頂駅からの登山道下山を急遽選択。
途中で何度か尻セードして楽しめました。

今回の教訓:
・登りで手袋内に汗をかくと指先が冷たくなるため、下山途中で手袋を交換したら(そちらの方が薄手でしたが)指先も冷たくならず快適でした。
 雪山では交換用手袋や靴下の持参が推奨されていますが、初めて実感しました。
・尻セードするとリュックの下部がビショビショになる。カバーで防げるかどうか
 は次の機会に確認します。
訪問者数:527人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ