ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 813169 全員に公開 山滑走八幡平・岩手山・秋田駒

森吉山

日程 2016年02月11日(木) 〜 2016年02月12日(金)
メンバー Phoebus, その他メンバー3人
天候11日=曇り 12日=晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

今回、何度やってもなぜかコースタイムの区切りが思うようにならず、とうとうこんな状況であきらめ。
もしかしたら、神社小屋からのピストンではフォーマットが作用しないのでは?と思われたのだが…
コース状況/
危険箇所等
天気が良かったので入山者も多く、そのためトレースもしっかりできていた。
その他周辺情報山麓にはあちこち温泉があるが、二日目は移動後、御生掛温泉泊りだったので、入らなかった。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

11日、天気も良く、ゴンドラ山麓駅には多くの車が駐車していた。
2016年02月11日 10:08撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11日、天気も良く、ゴンドラ山麓駅には多くの車が駐車していた。
ゴンドラでゴンゴン高度を上げてゆく。
2016年02月11日 10:51撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴンドラでゴンゴン高度を上げてゆく。
山頂駅で下車し、出発準備。
この30mほど上がゲレンデトップであるが、実質的にはここがスタート地点。
2016年02月11日 11:16撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂駅で下車し、出発準備。
この30mほど上がゲレンデトップであるが、実質的にはここがスタート地点。
トレースはしっかりついていたので、難なく稜線の道を辿る。
2016年02月11日 11:29撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレースはしっかりついていたので、難なく稜線の道を辿る。
1
しかしなかなかガスが晴れない。
2016年02月11日 11:38撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかしなかなかガスが晴れない。
1
下界はかなり好天だったのだが、山上はすっぽりガスに包まれていた。
2016年02月11日 11:45撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下界はかなり好天だったのだが、山上はすっぽりガスに包まれていた。
1
ときおり陽が差すが、ガスが切れるまでは行かない。
2016年02月11日 11:51撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ときおり陽が差すが、ガスが切れるまでは行かない。
3
今日は予定通り、森吉神社脇の小屋に泊まる。
2016年02月11日 11:59撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は予定通り、森吉神社脇の小屋に泊まる。
2
小屋内は石油ストーブもあり、快適。
2016年02月11日 12:28撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋内は石油ストーブもあり、快適。
4
時間はたっぷりあるので、まずは山頂ピストンのため空身で出発。
2016年02月11日 13:16撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時間はたっぷりあるので、まずは山頂ピストンのため空身で出発。
2
切れそうでなかなか切れないガス。
2016年02月11日 13:28撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
切れそうでなかなか切れないガス。
3
こちらはもう一軒ある山頂寄りの避難小屋。
2016年02月11日 13:41撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらはもう一軒ある山頂寄りの避難小屋。
2
とりあえず、山頂到着。けど、視界なし。
2016年02月11日 14:21撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とりあえず、山頂到着。けど、視界なし。
7
結局この日は夕暮れまでガスは切れず、森吉の全容が見れなかった。
2016年02月11日 15:11撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結局この日は夕暮れまでガスは切れず、森吉の全容が見れなかった。
そして次の日。
朝焼けの下、眠る樹氷林
2016年02月12日 06:28撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして次の日。
朝焼けの下、眠る樹氷林
6
快晴に恵まれ、昨日に続き、再び山頂へ向かう。
2016年02月12日 08:28撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快晴に恵まれ、昨日に続き、再び山頂へ向かう。
2
朝焼けはありがたいが、まったくの逆光なので中々望んだ絵作りは難しい。
2016年02月12日 08:29撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝焼けはありがたいが、まったくの逆光なので中々望んだ絵作りは難しい。
4
薄雲があったので何とか撮影できた。
冬の森吉の全景である。
2016年02月12日 08:30撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄雲があったので何とか撮影できた。
冬の森吉の全景である。
10
シュカブラの模様が美しい。
2016年02月12日 08:37撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シュカブラの模様が美しい。
9
森吉西面の樹氷林
2016年02月12日 08:50撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森吉西面の樹氷林
7
標高や風向きで樹氷の様相がどんどん変化する。
2016年02月12日 09:01撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高や風向きで樹氷の様相がどんどん変化する。
6
避難小屋から。奥が森吉山頂。
2016年02月12日 09:06撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋から。奥が森吉山頂。
2
シュカブラの奥に樹氷林を配して
2016年02月12日 09:20撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シュカブラの奥に樹氷林を配して
6
山頂直下
2016年02月12日 09:29撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下
1
さすがにこれだけ晴れればコントラストの美しい樹氷が撮れる。
2016年02月12日 09:37撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さすがにこれだけ晴れればコントラストの美しい樹氷が撮れる。
7
美しい風紋と樹氷林
2016年02月12日 09:41撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しい風紋と樹氷林
7
頂上付近はがっちり発達した樹氷だが、風が強いためだろう、背丈が低い。
2016年02月12日 09:44撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上付近はがっちり発達した樹氷だが、風が強いためだろう、背丈が低い。
6
石森付近から、森吉の最後の眺め
2016年02月12日 10:26撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石森付近から、森吉の最後の眺め
7
撮影機材:

感想/記録

一日目は森吉神社の避難小屋から山頂ピストンのち、神社小屋泊。
山麓は天気が良かったが、山上は終日ガスで、撮影目的だったのでやや落ち込む。
二日目は朝から快晴。
再び山頂ピストンしてのち、ゲレンデを下山。

この後、御生掛温泉へと移動し、焼山を登る予定だったが、13日は朝から雨で、焼山はやむなく中止。御生掛温泉は湯治村のオンドル部屋に泊まるが、異様な室温の高さに辟易しながらも何とか強引に寝た。
訪問者数:380人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ガス 避難小屋 風紋 ピストン 空身 下界
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ