ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 813309 全員に公開 ハイキング丹沢

鍋割山

日程 2016年02月13日(土) [日帰り]
メンバー hekomuki(感想), その他メンバー3人
天候晴れのち曇り、各地で3月中旬から5月上旬並みの陽気だったそうです。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
県民の森駐車場には7:30頃着。
私たちが2台目でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間13分
休憩
2時間11分
合計
7時間24分
S表丹沢県民の森駐車場07:4608:15二俣08:45林道終点09:17後沢乗越10:40鍋割山12:2413:25後沢乗越13:56栗ノ木洞14:13櫟山14:4015:10表丹沢県民の森駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
標高1100m付近から上はドロドロです。
特にこの日は気温が高く、雪が溶けて「バシャバシャ」な感じになってました。
アイゼンは使わずに済みました。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

ブラックスワン発見。
見た瞬間に「必要ない必要ない」と言われた気がしました。
2016年02月13日 09:35撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブラックスワン発見。
見た瞬間に「必要ない必要ない」と言われた気がしました。
2
富士山チラ見えその1。
2016年02月13日 09:55撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山チラ見えその1。
3
富士山チラ見えその2。
2016年02月13日 10:17撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山チラ見えその2。
3
箱根方面。
2016年02月13日 10:28撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
箱根方面。
2
海側。大島は見えませんでした。
2016年02月13日 10:28撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
海側。大島は見えませんでした。
2
登頂しました。
私も鍋焼きうどんデビュー。
2016年02月13日 10:52撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登頂しました。
私も鍋焼きうどんデビュー。
7
だんだん雲が多くなってきました。
2016年02月13日 11:08撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだん雲が多くなってきました。
3
撮影機材:

感想/記録

Aさん、T先生から鍋割山へ行きませんか?とのお誘いが。
しかも車を出してくれて、県民の森駐車場までの送迎付き。
いつも電車・バス利用の私たちにとっては何ともありがたいことです。

天気予報は雨とか曇りだったんですが、出発時は青空が見えました。
気温も高めで、気持ちよく森の中を進みます。
林道終点で例の水をザックに入れます。今回は1本そのまま入れました。(前回は量を減らしてから入れました。)
ふと見ると、さっき1本持っていったはずのT先生がもう1本入れようとしています。
「先生2本持ってくの?」
「いやいや、3本目。」
...恐れ入りました。

でも、もっとすごいのは同じタイミングで登り始めた山荘の方。
両手に荷物を持った状態で私たちとほぼ同じペースでした。
素直に頭が下がります。

後沢乗越を過ぎると富士山が見えるんだと思っていましたが、
実際はそうではなく、もう少し登らないと見えません。
自分が登った分だけ、真っ白な富士山が少しずつ姿を現していくのはなかなか気分がいいです。

無事鍋割山荘に着き、鍋焼きうどん注文。
到着も早い方だったので、ほとんど待たずに出てきました。
そこからはしばらく無言。周りに人が増えていくのに気づかないくらい、一心不乱に食べてしまいました。
その後、コーヒーとお菓子をいただきながらのんびりと過ごします。

後沢乗越までは来た道を戻り、二俣へ向かわずに栗ノ木洞へ。
こちらもぬかるんでいるうえ、なかなかの急斜面で、足を取られます。
栗ノ木洞を過ぎると、ぬかるみもなくなり、穏やかな下りになりました。
櫟山は南側の展望が開けていて、鍋割山に比べるとぐっと海に近づいた感があります。
ここで休憩して、県民の森駐車場までは杉林の中をジグザグに降りていきます。
結構な斜面なうえ、薄暗い森なので、県民の森という雰囲気ではなかったですね。
標識には1時間となっていましたが、30分ほどで駐車場まで降りてきました。
訪問者数:395人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン ザック 乗越 林道
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ