ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 813537 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

三頭山〜和田峠(笹尾根縦走)

日程 2016年02月14日(日) [日帰り]
メンバー LX3
天候爆弾低気圧の影響で、読みにくい天気でしたが朝方は雨、9時ころには雨は止み曇り空になりました。
その後は、曇りで昼頃には晴れてきました。
気温は、朝7時ころの奥多摩湖畔で12℃、三頭山山頂10時ころで8℃、その後は11時ころに12℃になり14時ころに16℃まで上がりました。
風は、お昼前から吹き始めましたが樹林帯だったのと北斜面を通るコースが多かったのでさほど障害になりませんでした。
アクセス
利用交通機関
電車バス
【往路】
6:04発 奥多摩駅ー6:34 峰谷橋バス停 (西東京バス)
【復路】
17:25発 陣馬高原下ー18:33着 高尾駅北口(西東京バス)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
誤算1 麦山浮橋が通行できなかったこと。
誤算2 ムロクボ尾根登山口を見逃したこと。
(駐車場付近で工事していたためわかりづらかった)
誤算3 意外と雪が残っていた。
(吹き溜まりや北斜面では標高に関わらず)
爆弾低気圧も含め、悪い条件の中ではましだったかなと思います。
コース状況/
危険箇所等
よく整備された登山道で、関東ふれあいの道、都民の森、ハセツネのコースとも重なっているので危険個所はありません。
雪は少ないとはいえ、高度に関係なく北斜面には雪が残っています。また、踏み固められたトレースは凍結し滑りやすくなっている箇所もあります。
【峰谷橋〜三頭山〜槙寄山】
・麦山浮橋は、荒天予報のため通行止めになっていました。
・ヌカザス山以降ツネ泣き坂等急斜面が続きます。足を置きやすい場所は、踏み固められた雪が残っており滑りやすいです。
・雪がなくても落ち葉の下に氷が隠れていたりと注意が必要になります。雪に慣れていない人は、数馬側や風張峠方面から上るほうが良いと思います。
【槙寄山〜笛吹峠〜浅間峠】
・標高1,000m近辺をアップダウンしていきますが、標高差が小さいのでそれほど負荷はないです。
・いくつかの小ピークは、北斜面を巻く道がついていますが、雪が結構残っており道の状態も良くないので、稜線を直答したほうが体力的にも楽だと思います。
・トレースはありますが、正しいトレースか判断に迷ったら稜線に出ることをお勧めします。
【浅間峠〜生藤山〜和田峠〜陣馬高原下バス停】
・浅間峠には休憩所(東屋)があります。この日くらいの気温であればビバークもできるかも。
・この辺りになると登山道には雪もほとんどなく問題なく歩けます。また、関東ふれあいの道とも重なるので道標が充実しています。
・和田峠には17時前につきましたが茶屋はもちろん閉店していました。

※随所にエスケープルートがあるので、無理せず下山しましょう。
その他周辺情報峰谷橋のバス停には、トイレがあり使用可能です。
深山橋を渡ったところにもありました。

装備

備考 朝方雨、気温が高い、風が強いというコンディションを考え、GORE-TEX ACTIVEのジャケットにしましたが、正解だったと思います。

写真

春の嵐予報の中、麦山橋のバス停につきました。大雨です。
麦山浮橋には小河内神社のほうが近いです。
ここは、屋根もあるしトイレをあるので、準備をするにはうってつけです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
春の嵐予報の中、麦山橋のバス停につきました。大雨です。
麦山浮橋には小河内神社のほうが近いです。
ここは、屋根もあるしトイレをあるので、準備をするにはうってつけです。
ドラム缶橋。
天候が悪くなる予報だったためか封鎖されていました。
いきなりの誤算です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドラム缶橋。
天候が悪くなる予報だったためか封鎖されていました。
いきなりの誤算です。
1
しょうがないので、深山橋に向かい対岸に渡りたいと思います。
でも遠い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しょうがないので、深山橋に向かい対岸に渡りたいと思います。
でも遠い。
1
予報通り、気温は高いようです。
山頂もだいぶ暖かったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予報通り、気温は高いようです。
山頂もだいぶ暖かったです。
ムロクボ尾根からのぼりはじめたかったのですが、登山口付近で工事をしていたせいか、登山口を発見できませんでした。
結局、ヌカザス尾根から上ることにします。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ムロクボ尾根からのぼりはじめたかったのですが、登山口付近で工事をしていたせいか、登山口を発見できませんでした。
結局、ヌカザス尾根から上ることにします。。
1
三頭山は、樹林帯がメインなので眺望は良くありません。
少し、見晴らしが良いところから撮影。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三頭山は、樹林帯がメインなので眺望は良くありません。
少し、見晴らしが良いところから撮影。
1
ここまでは、それほどきつくありませんでした。
雪もところどころありますが、アイゼンは不要でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまでは、それほどきつくありませんでした。
雪もところどころありますが、アイゼンは不要でした。
1
ヌカザス山につきました。
ここからが急騰続きでつらいところ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヌカザス山につきました。
ここからが急騰続きでつらいところ。
ここまで来れば大丈夫と思いましたが、この先はトレースがあったりなかったりの歩きにくい雪道になりました。
雨も再び降りだす。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで来れば大丈夫と思いましたが、この先はトレースがあったりなかったりの歩きにくい雪道になりました。
雨も再び降りだす。
1
三頭山につきました。
山頂直下は結構雪があって苦労したので、東峰のみで笹尾根縦走路に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三頭山につきました。
山頂直下は結構雪があって苦労したので、東峰のみで笹尾根縦走路に向かいます。
2
山頂からすぐの避難小屋。人が止まった形跡がありました。
高尾山を狙うならここに一泊して早朝から行動したほうがよさそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からすぐの避難小屋。人が止まった形跡がありました。
高尾山を狙うならここに一泊して早朝から行動したほうがよさそうです。
2
樹林帯のきれめからたまに絶景が現れます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯のきれめからたまに絶景が現れます。
道志山塊方面もよくみえます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道志山塊方面もよくみえます。
2
三頭山の次は槇寄山。
ここまでくれば、最悪エスケープしてバスで帰ることができるので一安心です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三頭山の次は槇寄山。
ここまでくれば、最悪エスケープしてバスで帰ることができるので一安心です。
2
道標に高尾山の文字。
一体どのくらいかかるかわかりませんが目指したくなりますね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標に高尾山の文字。
一体どのくらいかかるかわかりませんが目指したくなりますね。
1
山々に雪もなく、暖かいので5月くらいの気分です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山々に雪もなく、暖かいので5月くらいの気分です。
笹尾根という割には、それほど密生しているという印象はなかったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹尾根という割には、それほど密生しているという印象はなかったです。
1
ここまでは道標にしっかり記載されていた笛吹峠ですが、来てみたら手書きでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまでは道標にしっかり記載されていた笛吹峠ですが、来てみたら手書きでした。
1
ルートがあっていたのかわからなくなりましたが、上っていた時の感じは丸かったような気がします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルートがあっていたのかわからなくなりましたが、上っていた時の感じは丸かったような気がします。
1
いくつも峠を越えてきましたが、古くから人々が盛んに行き来していたのだなと感慨深くなります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いくつも峠を越えてきましたが、古くから人々が盛んに行き来していたのだなと感慨深くなります。
1
名前の由来が気になる峠が多いですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名前の由来が気になる峠が多いですね。
1
土俵岳、確かに山頂は土俵が作れそうな平坦地がありました。
今日唯一の岳のつく山ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土俵岳、確かに山頂は土俵が作れそうな平坦地がありました。
今日唯一の岳のつく山ですね。
1
浅間峠は当初目標としていた地点なので、あとは行けるところまでという感じです。
この後、少し雪道がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間峠は当初目標としていた地点なので、あとは行けるところまでという感じです。
この後、少し雪道がありました。
1
もはや覚えられません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もはや覚えられません。
3
唐突に神社が登場しました。
奥の院も近くにあるようなので、今度行ってみたいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐突に神社が登場しました。
奥の院も近くにあるようなので、今度行ってみたいです。
時間的にもそろそろ終盤戦です。
三国山と次の生藤山は、10分くらいの距離なのでスルーしていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時間的にもそろそろ終盤戦です。
三国山と次の生藤山は、10分くらいの距離なのでスルーしていきます。
日本百名山の達成は無理そうですが、藤野15名山ならいけそうな気がするので挑戦を検討しています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本百名山の達成は無理そうですが、藤野15名山ならいけそうな気がするので挑戦を検討しています。
1
朝の雨からすっかり晴れました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝の雨からすっかり晴れました。
山々から雲が断続的に沸いていましたが、風がどんどん吹き飛ばしていくのでいい景色のままです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山々から雲が断続的に沸いていましたが、風がどんどん吹き飛ばしていくのでいい景色のままです。
和田峠で今回は打ち止めにしようと思います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
和田峠で今回は打ち止めにしようと思います。
高度はあまり下がっていません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度はあまり下がっていません。
1
最後のピークとなる醍醐丸への登りです。
そこそこきつい登りですが、長くは続かないので登り切れます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後のピークとなる醍醐丸への登りです。
そこそこきつい登りですが、長くは続かないので登り切れます。
1
丹沢系の名前の山ですね。
樹林に囲まれた山頂で眺望はありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢系の名前の山ですね。
樹林に囲まれた山頂で眺望はありません。
1
あとは、和田峠から陣馬高原下のバス停に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとは、和田峠から陣馬高原下のバス停に向かいます。
バスの時間も迫っていたので、舗装路を走ります。
町の景色も見れたんですが移っていませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスの時間も迫っていたので、舗装路を走ります。
町の景色も見れたんですが移っていませんでした。

感想/記録
by LX3

夜から予定があったため早く帰ってこれて、最近ロングコースを歩いていなかったのでそれなりの距離を歩けるところということで笹尾根を縦走してみることにしました。
土曜日の間でも天気予報がコロコロ変わっていたので、最終的にどのような天候になるか読み切れず、装備が重くなってしまいましたが結果として気温が上がり晴れたので後半は気持ちよく歩けました。

陣馬山までは行けそうでしたが、高尾山までの縦走もいずれやって見たいのでその時に取っておくことにしました。
訪問者数:782人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/10/10
投稿数: 3
2016/2/21 7:45
 待っていました!
まさにこのコースのレコを待っていたんです。積雪期のロングコース、すごいですね。「都民の森って何?」と言わんばかりの、このコースは私の憧れです。私は、三頭山は登ったことがありません。どんなコースで歩こうかと思案中です
LX3
登録日: 2013/11/30
投稿数: 7
2016/2/22 14:46
 Re: 待っていました!
Hepiriさん



お役に立っていたら光栄です。

このルート途中の宿泊施設が三頭山避難小屋くらいしかないものあると思いますが、通して歩いているレポは少ないかもしれませんね。

展望は大沢山を下るときに笹尾根を一望できたり木々の合間から富士山が見れるくらいですが、昔の人々が通ってきた峠道や神社など山と人々の生活を感じながら歩けるのが魅力だと思います。

3月になれば、都民の森へバスも再開しますし何かあればエスケープできるルートも多いのでぜひ歩かれてみてください!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ