ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 813660 全員に公開 雪山ハイキング磐梯・吾妻・安達太良

イエローフォール〜磐梯山(涙の撤退)

日程 2016年02月11日(木) [日帰り]
メンバー momotan715, その他メンバー2人
天候曇り時々雪/晴れ間
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 ザック 輪カンジキ アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) レジャーシート 地図(地形図) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 携帯 サングラス タオル ストック カメラ

写真

感想/記録

どこに行くかギリギリまで迷ったけど、リーダーに判断を委ね、行ってみたかった磐梯山に決定。唐松岳も候補だったが前日の降雪が不安で断念。この判断はいかに..

最低イエローフォールまで、と決めて、あとは行けるところまで行ってみようと出発。リフトを使わない選択をしたため、登り口まで林の中をラッセル!約1時間。意外ときつく早くも後悔(^_^;)
道もよく分からないままとりあえずひたすら進む。林を抜け、池を横目に雪原を歩く。時々急登。と、イエローフォールに着。見るとホントにあちこちのルートから来てる様子。雪がある時期はどこでもいーのね(笑)
隣のブルーフォールを過ぎ、とにかく稜線目指す。男性二人が交代でラッセル。おかげで私は随分楽させてもらいました!すみません!(>_<)
急な岩場になると、ワカン・スノーシューを外しアイゼンで一歩一歩登る。私の10本アイゼンではちょっと不安な凍った岩場でした。
さっきまで時々晴れてたのに、やっと上がった稜線上は真っ白。風も強い。この先どうなってるのか不安になる。登頂は泣く泣く諦めた。危険をおかしてまでのムリは出来ない。
下りは坪足で新雪を一気にかけおりる。あっという間だ。イエローフォール手前まで下りると、青空が広がった。磐梯山山頂にだけかかってた雲も下山した頃には綺麗に晴れた。もう悔しい!!!天気予報通りとはいえ、3人とも悔し涙が出そうだった。
晴れた磐梯山は本当に美しい。青空と白い雪のコントラスト。ここが福島?!異国にいるような気さえする程だ。
私達は誓った!いつか必ずリベンジする!登頂して絶景を見渡したい!
天気には恵まれなかったが、仲間と登った記憶は宝物。真っ白な凍てついた稜線も又良かった!
帰りに温泉で温まり、柏屋の饅頭をお土産に帰宅。
キツい山もやっぱり楽しい!また行くぞー♪
訪問者数:342人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ