ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 813763 全員に公開 雪山ハイキング丹沢

雨氷の大山

日程 2016年02月12日(金) [日帰り]
メンバー Raindropskawah64
天候曇り  山頂の気温 0℃
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等
【行き】新宿駅7:01発(小田急線急行)伊勢原駅8:00着
    伊勢原駅8:20発(神奈中バス)大山ケーブルバス停8:46着
    大山ケーブル駅9:20発(大山観光電鉄)阿夫利神社駅9:26着
【帰り】阿夫利神社駅15:20発(大山観光電鉄)大山ケーブル駅15:26着
    大山ケーブルバス停16:15発(神奈中バス)伊勢原駅16:46着
    伊勢原駅16:55発(小田急線急行)新宿駅17:58着
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

阿夫利神社駅9:26(10分)9:36阿夫利神社下社9:40(2時間25分)12:05大山山頂(昼食)13:05(1時間55分)15:00阿夫利神社下社(休憩)15:20阿夫利神社駅   歩行時間 5時間  (休憩含む)所要時間 6時間30分 
コース状況/
危険箇所等
山頂付近には雪が10cmほどあります。時間帯によっては凍結するので、軽アイゼン(6本爪かチェーンスパイク)があると安心です。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ザック(karrimor track 30) 靴(G.T.HAWKINS) ストック2本 飲料水2.0L(水0.5L+THERMOS1L+コーヒー0.5Ⅼ) 食料(カップ麺 パン) 行動食(スニッカー) ホームセンター滑り止め 軽アイゼン(6本爪) ピッケル デジカメ(Canon PowerShot SX130 IS)

写真

大山ケーブルが新しくなっていました。
2016年02月12日 09:16撮影 by Canon PowerShot SX130 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山ケーブルが新しくなっていました。
2
中間駅の大山寺で上り下りの車両が交差します。
2016年02月12日 09:23撮影 by Canon PowerShot SX130 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中間駅の大山寺で上り下りの車両が交差します。
4
阿夫利神社下社の狛犬
前足がずいぶん太く、突っ張っていますね。
2016年02月12日 09:35撮影 by Canon PowerShot SX130 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿夫利神社下社の狛犬
前足がずいぶん太く、突っ張っていますね。
阿夫利神社下社
裏側の通路でお神酒がいただけます。
2016年02月12日 09:35撮影 by Canon PowerShot SX130 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿夫利神社下社
裏側の通路でお神酒がいただけます。
1
山頂への登りは、いきなり石段の急登から始まります。
2016年02月12日 09:43撮影 by Canon PowerShot SX130 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂への登りは、いきなり石段の急登から始まります。
かなりの急勾配ですね。
2016年02月12日 09:46撮影 by Canon PowerShot SX130 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなりの急勾配ですね。
しばらく歴史を感じさせる石段の道が続きます。
2016年02月12日 09:50撮影 by Canon PowerShot SX130 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく歴史を感じさせる石段の道が続きます。
雪が出て来ました。
2016年02月12日 10:59撮影 by Canon PowerShot SX130 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が出て来ました。
1
初めてみる雨氷(うひょう)
透明で固く、結晶の際の模様が面白いですね。
2016年02月12日 11:32撮影 by Canon PowerShot SX130 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めてみる雨氷(うひょう)
透明で固く、結晶の際の模様が面白いですね。
6
かなり固い氷の結晶となっています。
2016年02月12日 11:32撮影 by Canon PowerShot SX130 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり固い氷の結晶となっています。
5
ガスが出て来ました。
2016年02月12日 11:34撮影 by Canon PowerShot SX130 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが出て来ました。
2
風が吹くと、木の枝に付いていた雨氷が落ちて来ます。
大きいのが頭上に落下すると、けがをします。それほど重くて固いです。
2016年02月12日 11:35撮影 by Canon PowerShot SX130 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風が吹くと、木の枝に付いていた雨氷が落ちて来ます。
大きいのが頭上に落下すると、けがをします。それほど重くて固いです。
5
まずはホームセンターで売っている滑り止めを試します。
急な傾斜のある所でなければ、これでかなりいけます。
2016年02月12日 11:40撮影 by Canon PowerShot SX130 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずはホームセンターで売っている滑り止めを試します。
急な傾斜のある所でなければ、これでかなりいけます。
2
ヒノキも雨氷が重たそう。
2016年02月12日 12:09撮影 by Canon PowerShot SX130 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒノキも雨氷が重たそう。
2
見事に雨氷が付いています
2016年02月12日 12:09撮影 by Canon PowerShot SX130 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見事に雨氷が付いています
5
大山山頂(1251.7m)
気温0℃の冬景色でした。
2016年02月12日 12:10撮影 by Canon PowerShot SX130 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山山頂(1251.7m)
気温0℃の冬景色でした。
8
最近買ったピッケルの試運転!
2016年02月12日 12:36撮影 by Canon PowerShot SX130 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最近買ったピッケルの試運転!
1
ほんわか癒し系の標識
地元の小中学生の作と思われる。
2016年02月12日 14:21撮影 by Canon PowerShot SX130 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほんわか癒し系の標識
地元の小中学生の作と思われる。
3
大山にもカヤの大木あり
2016年02月12日 14:28撮影 by Canon PowerShot SX130 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山にもカヤの大木あり
2
撮影機材:

感想/記録

 近場でお手軽の冬山を体験するため、丹沢の大山へ行って来ました。軽アイゼンとストック、そしてピッケル(!?)を持って。大山ケーブルは車両が新しくなっていて、ついでに料金も上がっていました。

 阿夫利神社下社でお神酒をいただき、裏手の登山道へ入ります。いきなりの石段の急登で息が切れますが、歴史ある表参道をのんびりと味わいながら登って行きます。
途中から雪が出て来て、滑りやすくなってきたので、まずはホームセンターで売っている平場用の滑り止めを着けます。スパイクのピンが浅いので、アイスバーンや急な斜面では使えないですが、凍結していない緩斜面であれば、十分役立つアイテムです。ただ傾斜の出て来た山頂付近では6本爪の軽アイゼンに変えました。

 今回の大山詣では思いもかけないサプライズがありました。過冷却水が氷結して出来る雨氷(うひょう)という自然現象を初めて見ることが出来たことでした。樹木の枝などに付く透明の固い氷の結晶で、これでウイスキーや焼酎をオンザロックで飲んだら美味いだろうなぁと思いながら、地面に落下した雨氷の結晶の写真を撮っていたら、風が吹いたと同時に頭上に大きな雨氷の塊が落ちて来て、痛い思いをさせられました。それほど固くて重い結晶体です。また氷の表面には独特の模様があり、なかなか面白い表情をしています。

 山頂裏のアンテナ施設近くで昼食をとり、持参したピッケルで雪遊びをして、下山しました。途中道を間違えて、西の峠なる場所に出ましたが、そこにあった手作りの分岐標識が、とてもユーモラスで心を温かくさせてくれました。地元の子供たちの作だと思われます。楽しい大山詣でとなりました。
訪問者数:302人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ