ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 813918 全員に公開 ハイキング京都・北摂

桟敷ケ岳

日程 2016年02月22日(月) [日帰り]
メンバー mikimiki, その他メンバー6人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・JR京都駅-R162-小野上ノ町-大森キャンプ場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち58%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間17分
休憩
53分
合計
5時間10分
Sスタート地点08:3009:11薬師峠10:01岩茸山10:46桟敷ヶ岳11:1711:43ナベクロ峠12:0513:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
道の状況
・登山口からナベクロ峠までは道は明瞭で問題なし。
・ナベクロ峠からの尾根コースは踏み跡、テープなどがないので地図、コンパス等で現在地を確認しながら降りる。小さな尾根の分岐があるので要注意。
・積雪時はどこも踏み跡がないので、慎重を要する。
その他周辺情報・飲食・宿泊-大森リゾートキャンプ場

写真

大森リゾートキャンプ場
登山口及び駐車場
2016年02月22日 08:22撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大森リゾートキャンプ場
登山口及び駐車場
2
登山口から沢沿いの林道を
急登を過ぎると枝尾根に到着
2016年02月22日 08:56撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から沢沿いの林道を
急登を過ぎると枝尾根に到着
2
薬師峠に到着
岩屋登山口と合流
ここから緩やかな尾根に
2016年02月22日 09:05撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師峠に到着
岩屋登山口と合流
ここから緩やかな尾根に
2
登山口から約1時間
小休憩、水補給
雪がわずかに残っている
2016年02月22日 09:36撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から約1時間
小休憩、水補給
雪がわずかに残っている
2
綺麗な尾根道、少し上り坂
岩茸山を目指す
2016年02月22日 09:42撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗な尾根道、少し上り坂
岩茸山を目指す
1
岩茸山に到着
標高811m
狭い山頂に小さな標識
2016年02月22日 10:00撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩茸山に到着
標高811m
狭い山頂に小さな標識
3
小休憩
2016年02月22日 10:23撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小休憩
2
曇り空の向こうに比叡山
2016年02月22日 10:27撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曇り空の向こうに比叡山
3
そして北側に蓬莱山
2016年02月22日 10:28撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして北側に蓬莱山
4
桟敷ケ岳直前のP880は
美しいナラ、コナラの樹林帯が拡がっている
2016年02月22日 10:37撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桟敷ケ岳直前のP880は
美しいナラ、コナラの樹林帯が拡がっている
3
P880を下ると小さなコルに、展望が最高だ
北側に雪の武奈ヶ岳が見える
2016年02月22日 10:38撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P880を下ると小さなコルに、展望が最高だ
北側に雪の武奈ヶ岳が見える
4
遠く若狭から続く送電線
2016年02月22日 10:39撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠く若狭から続く送電線
1
桟敷ケ岳に到達
標高895.8m 二等三角点設置
広いけれど視界がきかない山頂
食事と休息
2016年02月22日 10:45撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桟敷ケ岳に到達
標高895.8m 二等三角点設置
広いけれど視界がきかない山頂
食事と休息
3
誰もいない静かな山頂で
ハイポーズ
磁石を合わせナベクロ峠に向かう
2016年02月22日 11:12撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
誰もいない静かな山頂で
ハイポーズ
磁石を合わせナベクロ峠に向かう
8
ナベクロ峠に到着
ここからが踏み跡のない尾根コースへ
ルートファインディング開始
2016年02月22日 11:43撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナベクロ峠に到着
ここからが踏み跡のない尾根コースへ
ルートファインディング開始
2
P870→P756を通過
送電線、鉄塔下に到着
2016年02月22日 12:54撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P870→P756を通過
送電線、鉄塔下に到着
2
大森キャンプ場に到着
放牧されている馬
2016年02月22日 13:41撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大森キャンプ場に到着
放牧されている馬
2

感想/記録

京都の北に広がる京都北山の、代表的な山の1つである桟敷ヶ岳は、京都の街中を流れる鴨川の源流になる。この山域は登山道として整備されていない場所が多く、冬季は雪深い山域でもある。山名の由来は皇位継承争いに敗れ、大森の里に隠栖した惟喬(これたか)親王が山頂に桟敷を設け、都を望んだという伝説による。

桟敷ケ岳へのルートは多様だが、登りは大森登山口から薬師峠、岩茸山そして桟敷ケ岳へ。
下りは山頂からナベクロ峠へ、ここを左折し荒れた沢を南西方向に下る周遊コースを設定する。
今回は雪山を想定し、ワカンやアイゼンを準備したが雪がないので、それらを残し身軽な装備で出発する。薬師峠までは少し急坂が続くが時間はそれほどかからない。
峠には六体地蔵が置かれ岩屋登山道と合流する。暫し衣服を調整し水分補給をしてから岩茸山にコンパスを合わせて歩を進める。
冬枯れのコナラの樹林帯は明るく、薄い残雪に覆われている尾根道は明瞭で歩く易い。登山口から1時間半で狭い岩茸山山頂に到着する。
小休憩後、次の桟敷ヶ岳にコンパスを合わせ出発する。尾根道は細く緩やかな坂道だ。
最後の急坂を登りきると桟敷ケ岳です。
山頂は広く二等三角点が設置されているが樹林で展望は効かない。30分程昼食や写真を撮り山頂に留まるが底冷えが厳しく、ナベクロ峠にコンパスを合わせて下山を開始する。

間もなくナベクロ峠に到着する。小さな標識が樹に着いているが分岐の道も踏み跡もない。左折し尾根方向に進むと左手に赤テープがある。
ここが沢ルートの入り口の様だ。全く踏み跡もなく沢が倒木で荒れているように感じで急遽、沢コースから尾根コースに変更する。

このコースはテープも踏み跡もない藪の急坂の尾根道だ。地図、コンパス、高度計を駆使しながら比較的に広いP870そして幾つかの小さな枝尾根を選びながら狭いP756に到着する。ここからは視界が開け、北西方向には飯盛山が前方には送電線が見える。PM13時ごろ送電線の鉄塔下に到着する。
ここからの尾根道は北山杉の樹林帯に覆われている。真っ直ぐ伸びる北山杉は美しい。
しかし沢に近づくと北山杉の大伐採地が拡がり茶色の山肌が露出し荒廃している。山の斜面は至る所で崩れ無残だ。最初に想定していた沢コースの合流点に着くと、沢は想像以上に倒木等で荒れ果てコースを変更して良かったと思った。
今日の山行は雪山とルートファインディングで、一つでも達成でき大変楽しく心満たされる山歩きとなった。
道迷いをなくす現在地の確認の基本は地図とコンパスと状況認識だ。今日はその上に高度計やGPSも使用する。更に初めてマップポインターを使用し緯度経度の現在地を確認することもできた。
様々な方法があるが不必要なものはない。それぞれの状況において使えればよい。そして何度もそれを繰り返すことが大事だと思う。
訪問者数:502人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ