ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 814228 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走金剛山・岩湧山

金剛山 もみじ谷〜サネ尾(山頂は雪景色、霧氷あり)

日程 2016年02月17日(水) [日帰り]
メンバー abek3
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
水越峠公共駐車場、バス停横の駐車場(いずれも無料)があります。
本日はバス停横の駐車場に停めました。
平日なので空いてました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間51分
休憩
40分
合計
4時間31分
S水越峠バス停09:5710:02水越峠10:35もみじ谷入り口11:21第6堰堤11:34本流ルート分岐11:57山頂広場12:3712:54一の鳥居13:00サネ尾下山口13:48サネ尾入口13:53金剛の水14:21水越峠14:28水越峠バス停駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・アイゼン
登りは新雪なので使用せず。下りはアイゼン使用しました。サネ尾の最後の急登は、アイゼンに雪がついて団子状になるため気を使いました。

・もみじ谷
もみじ谷は途中の分岐が多いので、初めての方はテープの多い「もみじ谷本流」を歩かれるのが無難です。
第5堰堤上部で谷が大きく二つに分かれます。左が昭文社の登山地図に登山道として記載されているルート。右のV字谷が「もみじ谷本流」ルート。その後、第6堰堤上部で再び分岐が来ますが、右が本流ルートです。
道は沢を何度か渡渉しますが、いずれも水量わずかで石伝いに渡れます。ただ、滑り易いので注意は必要です。崖状の細い道もあり通行時は注意して下さい。

・サネ尾
サネ尾は一般登山道ではありません。
(昭文社の登山地図、国土地理院地図には登山道として記載なし)
道は細い尾根を辿るので判り難い所はありません。
最近歩かれる方が増え、踏み跡もしっかりしています。
特に危険な場所もありません。細い尾根の通行時は注意して下さい。
急坂ですので、雪がある時は滑ります。
その他周辺情報水越峠にはトイレ、登山ポストはありません。
水場は歩いて30分ほどの所に「金剛の水」があります。
トイレは水越トンネル傍の「さわんど」にあります。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

水越峠からスタート。薄っすらと新雪あり。
2016年02月17日 10:02撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水越峠からスタート。薄っすらと新雪あり。
大阪方面は、陽が当たっている所あり。
2016年02月17日 10:05撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大阪方面は、陽が当たっている所あり。
金剛山方面は雲が厚く、木々は雪を被っています。
2016年02月17日 10:05撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金剛山方面は雲が厚く、木々は雪を被っています。
1
カヤンボ橋。もみじ谷は直進。
2016年02月17日 10:33撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カヤンボ橋。もみじ谷は直進。
もみじ谷入口。数人の足跡あり。本日、谷で出会ったのは一人のみ。
2016年02月17日 10:35撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もみじ谷入口。数人の足跡あり。本日、谷で出会ったのは一人のみ。
狼谷、狼尾根の分岐点。もみじ谷は左に行きます。
2016年02月17日 10:51撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狼谷、狼尾根の分岐点。もみじ谷は左に行きます。
途中にあるツララが一杯の流れ。
2016年02月17日 11:04撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中にあるツララが一杯の流れ。
1
ツララの行列。
2016年02月17日 11:04撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツララの行列。
1
第5堰堤。
2016年02月17日 11:08撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第5堰堤。
1
第5堰堤上部の分岐点。右のV字谷へ行きます。
2016年02月17日 11:12撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第5堰堤上部の分岐点。右のV字谷へ行きます。
V字谷。曇り空なのが残念。
2016年02月17日 11:13撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
V字谷。曇り空なのが残念。
雪の第6堰堤。
2016年02月17日 11:21撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の第6堰堤。
2
先週よりは小さいが、一度融けたツララが再度成長中。
2016年02月17日 11:21撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先週よりは小さいが、一度融けたツララが再度成長中。
2
水量は多いです。
2016年02月17日 11:22撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水量は多いです。
1
融けているのか、成長中なのか微妙。
2016年02月17日 11:22撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
融けているのか、成長中なのか微妙。
2
滝壺のツブツブ氷。
2016年02月17日 11:22撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝壺のツブツブ氷。
水飛沫がいっぱい。
2016年02月17日 11:22撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水飛沫がいっぱい。
1
横から。
2016年02月17日 11:24撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横から。
横から、さらにアップ。
2016年02月17日 11:24撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横から、さらにアップ。
太いツララもありました。
2016年02月17日 11:24撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太いツララもありました。
2
第6堰堤上部の谷。雪景色。
2016年02月17日 11:29撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第6堰堤上部の谷。雪景色。
1
第6堰堤から進んだ先にある分岐点。右がメインルート。右に行きます。本日、左は登った形跡無し。
2016年02月17日 11:34撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第6堰堤から進んだ先にある分岐点。右がメインルート。右に行きます。本日、左は登った形跡無し。
1
尾根に取付きました。ドングリ坂も雪がいっぱい。
2016年02月17日 11:47撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に取付きました。ドングリ坂も雪がいっぱい。
2
転法輪寺。
2016年02月17日 11:57撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
転法輪寺。
カマクラは大きくなっていました。
2016年02月17日 11:58撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カマクラは大きくなっていました。
2
みるくちゃんに遭遇。寒い中、ご苦労様です。
2016年02月17日 11:58撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みるくちゃんに遭遇。寒い中、ご苦労様です。
6
12時のライブカメラ。右端でストック振っています。
2016年02月17日 12:00撮影 by ver.1DB101066.1, HRE Inc.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12時のライブカメラ。右端でストック振っています。
7
山頂標識。気温ー3℃。風があるので、少し寒い。青空がほんの少し。
2016年02月17日 12:03撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂標識。気温ー3℃。風があるので、少し寒い。青空がほんの少し。
4
下界は明るい。
2016年02月17日 12:03撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下界は明るい。
広場の上部は霧氷。
2016年02月17日 12:06撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広場の上部は霧氷。
2
カマクラ成長中。ごくろうさま。
2016年02月17日 12:28撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カマクラ成長中。ごくろうさま。
1
もう一度、転法輪寺。
2016年02月17日 12:36撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一度、転法輪寺。
2
葛木神社へ向かう参道。アイゼン付けましたが、特に滑る事はなし。
2016年02月17日 12:41撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葛木神社へ向かう参道。アイゼン付けましたが、特に滑る事はなし。
2
葛木神社。
2016年02月17日 12:44撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葛木神社。
1
石柱の横に「金剛山最高峰」の表記。三角点は神社の神域につき、立入禁止。
2016年02月17日 12:45撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石柱の横に「金剛山最高峰」の表記。三角点は神社の神域につき、立入禁止。
葛木神社裏から、葛城山。
2016年02月17日 12:48撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葛木神社裏から、葛城山。
1
葛城山アップ。あちらも山頂には積雪あり。
2016年02月17日 12:49撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葛城山アップ。あちらも山頂には積雪あり。
2
神社の参道。
2016年02月17日 12:51撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社の参道。
1
なんと、自転車で登って来たようです。
2016年02月17日 12:52撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんと、自転車で登って来たようです。
1
一の鳥居。下りはサネ尾から。
2016年02月17日 12:54撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の鳥居。下りはサネ尾から。
1
ダイトレ道の急な階段が始まる所。ここがサネ尾への分岐点。左へ入ります。
2016年02月17日 13:00撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダイトレ道の急な階段が始まる所。ここがサネ尾への分岐点。左へ入ります。
新雪の上に、昨日の足跡が一つ。本日は誰も通過していないようです。
2016年02月17日 13:00撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新雪の上に、昨日の足跡が一つ。本日は誰も通過していないようです。
1
こちらは、ウサギの足跡。
2016年02月17日 13:03撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは、ウサギの足跡。
1
三叉路を振り返って。左右に足跡なし。
2016年02月17日 13:07撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三叉路を振り返って。左右に足跡なし。
次の分岐も足跡なし。
2016年02月17日 13:09撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次の分岐も足跡なし。
途中で見える葛城山。
2016年02月17日 13:27撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で見える葛城山。
1
アップ。
2016年02月17日 13:27撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップ。
下りは急なので、注意しながら降ります。
2016年02月17日 13:30撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは急なので、注意しながら降ります。
1
雪が柔らかく湿っているので、アイゼン団子状態。斜面では、これが怖い。
2016年02月17日 13:44撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が柔らかく湿っているので、アイゼン団子状態。斜面では、これが怖い。
1
無事、サネ尾入口まで戻ってきました。
2016年02月17日 13:48撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事、サネ尾入口まで戻ってきました。
金剛の水場で、みるくちゃんに再会。
2016年02月17日 13:53撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金剛の水場で、みるくちゃんに再会。
1
大阪方面、風強し。
2016年02月17日 14:18撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大阪方面、風強し。
水越峠へ、無事下山。
2016年02月17日 14:20撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水越峠へ、無事下山。
1
撮影機材:

感想/記録
by abek3

 1週間ぶりの金剛山。先週あった第6堰堤の氷瀑も、土日の気温上昇と雨ですっかり融けたとヤマレコに記載あり。しかし、月・火の寒波で再び氷瀑成長の期待がもてる。
 本日、もみじ谷では一人と出会っただけ。しかし、先行する数人の足跡が新雪の上に残っていた。そして、期待の第6堰堤では少しだけ成長したツララ群が。氷瀑と呼べるほどではないが、それなりに見応えありました。これもいつまで残ってくれるでしょうか。
 山頂は積雪10cmほど。−3℃でも風があるので寒く感じた。木々は霧氷に包まれ、幻想的なのだが、もっと青空になってくれるとありがたい。
平日の割に登山者は多かった。
 下りのサネ尾はアイゼン付けて降りたが、雪が湿っていて団子になりやすい。急坂でアイゼンに団子がつくと、極めて危険。かなり慎重に足を運んで、事なきを得た。こんな雪質の時は、サネ尾のような急傾斜は避けた方が賢明。
 午前は曇り空で時たま青空が一部除く程度。しかし、下山後に車で奈良県側へ向かうと雨が降りだした。家に着く頃には吹雪になった。それも束の間、また青空が見えて来るという変わり易い天候だった。まだまだ、春は先、もう少し金剛山の雪を楽しみたい。
訪問者数:239人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/2/15
投稿数: 916
2016/2/17 20:29
 雪景色 キター
まだまだ金剛山の冬は楽しめてますね〜
寒くなったり暖かくなったり
来年はこんな景色が見に行けるといいなー
登録日: 2012/1/5
投稿数: 824
2016/2/17 20:54
 12時ライブカメラ
ご一緒してました
abek3の前列で向かって右から4人目のブルーです。
今日は本当に樹氷と霧氷がキレイでしたね〜
登録日: 2014/4/14
投稿数: 96
2016/2/17 21:00
 Re: 雪景色 キター
ueharuさん
今年は気温の変化が大きすぎて、雪景色も霧氷も安定しません。
来年の例会は、うまく当たると良いですね。
一緒に登りましょう。
登録日: 2014/4/14
投稿数: 96
2016/2/17 21:03
 Re: 12時ライブカメラ
m-kama さん
初めまして。いつも HE〜TOMOのレコ見ています。
グループ登山も楽しそうですね。
本当に今日は登った甲斐がありました。
また、金剛山でお会いできるのを楽しみにしています。 

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ