ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 814242 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走比良山系

武奈ヶ岳 吹雪の中、雪と氷のモノトーンの世界

日程 2016年02月17日(水) [日帰り]
メンバー kyotojoe
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
イン谷口
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間24分
休憩
1時間1分
合計
7時間25分
Sスタート地点08:3408:43大山口08:4809:30カモシカ台09:3110:15神璽谷道下降点10:17前山10:24北比良峠10:2611:00八雲ヶ原11:0211:38レスキューポイント八雲311:4912:03パノラマコース分岐12:09コヤマノ岳12:1612:25パノラマコース分岐12:33コヤマノ分岐12:3412:48武奈ヶ岳13:0013:17コヤマノ分岐13:24パノラマコース分岐13:3113:32コヤマノ岳13:4114:44金糞峠14:4815:28青ガレ15:51大山口15:59ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険な箇所はないように思います。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 ザック 輪カンジキ アイゼン 昼ご飯 飲料 水筒(保温性) コンパス ヘッドランプ 筆記用具 ガイド地図(ブック) 保険証 携帯 時計 タオル ストック

写真

今日もイン谷口から。
朝一はまずまずの天気でしたが・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日もイン谷口から。
朝一はまずまずの天気でしたが・・・
2
大山口手前で振り返ると琵琶湖がキラリ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山口手前で振り返ると琵琶湖がキラリ
2
今日はここを右に。
ダケ道より北比良峠経由で。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はここを右に。
ダケ道より北比良峠経由で。
気持ちいい、登山日和に思えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちいい、登山日和に思えました。
1
川を渡ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川を渡ります。
1
この辺りは雪も少ない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りは雪も少ない
1
登山道に入ると雪もボチボチ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道に入ると雪もボチボチ
ダケ道ってこんなに明るかったっけ?
あっ、木の葉がないしか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダケ道ってこんなに明るかったっけ?
あっ、木の葉がないしか。
1
この辺りから雪はドッサリです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りから雪はドッサリです。
琵琶湖が綺麗に見えてました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
琵琶湖が綺麗に見えてました。
2
雪の多くなったダケ道をもくもく登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の多くなったダケ道をもくもく登ります。
神爾谷への分岐。
怖っ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神爾谷への分岐。
怖っ!
1
次郎坊山かな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次郎坊山かな?
2
ここらへん、通過するの少し怖かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここらへん、通過するの少し怖かった。
1
北比良峠に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北比良峠に到着
5
恐ろしい暴風
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恐ろしい暴風
3
この後、武奈ヶ岳は見えなくなりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この後、武奈ヶ岳は見えなくなりました。
2
北比良峠に到着した時、
既に天候は悪化。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北比良峠に到着した時、
既に天候は悪化。
1
暴風と吹雪きの北比良峠。
凄まじいね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暴風と吹雪きの北比良峠。
凄まじいね。
3
しかし雪の北比良峠に来れたので良し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし雪の北比良峠に来れたので良し。
3
寒いけど、少しだけ堪能
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寒いけど、少しだけ堪能
1
それにしても凄い風・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それにしても凄い風・・・
2
北比良峠を後にして先へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北比良峠を後にして先へ。
1
この辺りまで来ると雪は深い。
踏み抜けば膝上位かな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りまで来ると雪は深い。
踏み抜けば膝上位かな。
1
ここで装着。
初ワカン!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで装着。
初ワカン!
3
ワカンがこんなに快適な道具だったとは・・・。
サクサク歩けていい感じです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワカンがこんなに快適な道具だったとは・・・。
サクサク歩けていい感じです。
2
今日の武奈ヶ岳はパウダースノー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の武奈ヶ岳はパウダースノー
1
八雲ヶ原に到着。
もちろん、吹雪です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八雲ヶ原に到着。
もちろん、吹雪です。
2
静寂と言うより、閉ざされた極寒地
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
静寂と言うより、閉ざされた極寒地
1
それにしても、随分久しぶりの八雲ヶ原。
誰もいません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それにしても、随分久しぶりの八雲ヶ原。
誰もいません。
1
池、凍っとる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池、凍っとる。
3
池は凍って雪に埋もれてます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池は凍って雪に埋もれてます。
北比良峠と共に雪景色が見れて良かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北比良峠と共に雪景色が見れて良かった。
それにしても寒い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それにしても寒い
1
スキー場跡からコヤマノ岳を目指します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー場跡からコヤマノ岳を目指します。
雪は多く、吹雪で気持ちが折れそう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪は多く、吹雪で気持ちが折れそう
1
でもせっかくここまで来たしな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でもせっかくここまで来たしな
確実に足を進めるしかない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
確実に足を進めるしかない
斜面を登り切ったところで樹林帯へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜面を登り切ったところで樹林帯へ
3
先週、コヤマノ岳からトレースを追って下り、引き返した崖の様な尾根へ出て来た。
あれは合ってたんだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先週、コヤマノ岳からトレースを追って下り、引き返した崖の様な尾根へ出て来た。
あれは合ってたんだ。
1
少し雪がやみ、空が明るくなりかけてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し雪がやみ、空が明るくなりかけてきた。
1
雪凄い。
先週はここで少し彷徨ったな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪凄い。
先週はここで少し彷徨ったな。
2
振り返ると北比良峠と、うっすら琵琶湖が。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると北比良峠と、うっすら琵琶湖が。
2
たったこれだけの距離、夏なら楽勝なのに、結構過酷やったな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たったこれだけの距離、夏なら楽勝なのに、結構過酷やったな。
1
コヤマノ分岐へ出た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コヤマノ分岐へ出た。
先にコヤマノ岳に行ってみたが、やはり眺望なし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先にコヤマノ岳に行ってみたが、やはり眺望なし。
1
綺麗だが、背景モノトーン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗だが、背景モノトーン
2
コヤマノ岳が吹き抜ける風が凄い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コヤマノ岳が吹き抜ける風が凄い。
5
粉雪のため、トレースもすぐに消える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
粉雪のため、トレースもすぐに消える。
2
また吹雪いてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また吹雪いてきた。
2
せっかくだし、もうひと踏ん張りして武奈ヶ岳へ登り返そう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
せっかくだし、もうひと踏ん張りして武奈ヶ岳へ登り返そう。
4
猛吹雪だけど美しい景色の中進む。
降ったりやんだりの繰り返し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猛吹雪だけど美しい景色の中進む。
降ったりやんだりの繰り返し。
3
ここからは武奈ヶ岳への登り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは武奈ヶ岳への登り
山頂目指して最後の急斜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂目指して最後の急斜
しかし空はこの通り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし空はこの通り
視界の悪い中、見える景色は極寒
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界の悪い中、見える景色は極寒
1
まずは山頂へ到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは山頂へ到着。
14
お地蔵さまも、かなり埋まってるな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お地蔵さまも、かなり埋まってるな。
4
西南稜から小団体さんが登頂してきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西南稜から小団体さんが登頂してきた。
1
このコンディションなのに山頂には10人はいたな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このコンディションなのに山頂には10人はいたな。
2
あまりにも過酷な環境なので、下山します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あまりにも過酷な環境なので、下山します。
2
さよなら武奈ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さよなら武奈ヶ岳
3
西南稜方面もこの通りですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西南稜方面もこの通りですね
2
コヤマノ岳へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コヤマノ岳へ
1
山頂付近、雪庇もついてるが、ホワイトアウト状態でよく見えませんね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂付近、雪庇もついてるが、ホワイトアウト状態でよく見えませんね
1
さあ、雪と氷の世界から下山開始。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、雪と氷の世界から下山開始。
4
最後に山頂振り返る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後に山頂振り返る
知らない山だったら気持ちブルーだったやろな・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
知らない山だったら気持ちブルーだったやろな・・・
1
急斜を振り返る。下りるのは早いね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜を振り返る。下りるのは早いね。
夏道を上から見下ろす
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏道を上から見下ろす
2
やっぱり、かなり積もってるな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっぱり、かなり積もってるな
再び、コヤマノへ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び、コヤマノへ
またこの景色の中を通り抜けます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またこの景色の中を通り抜けます。
2
晴れてたら絶景なのにね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れてたら絶景なのにね
1
モノトーンの世界もいいが、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モノトーンの世界もいいが、
2
長居すると少しブルーになりますね(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長居すると少しブルーになりますね(笑)
1
もう十分楽しんだので、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう十分楽しんだので、
1
早く下山しようと思います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早く下山しようと思います。
1
今度はコヤマノ岳からの下りの急斜面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度はコヤマノ岳からの下りの急斜面
沢のとこまで下りてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢のとこまで下りてきました。
八雲ヶ原との分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八雲ヶ原との分岐
もうここまで来たのね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうここまで来たのね
本当に深い雪だね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本当に深い雪だね
1
金糞峠に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金糞峠に到着
登山あるある・・・
何と金糞峠に到着したら晴れ間・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山あるある・・・
何と金糞峠に到着したら晴れ間・・・
2
帰りは青ガレ、正面谷で。
まあ、最後くらい雪なしで歩かせて
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは青ガレ、正面谷で。
まあ、最後くらい雪なしで歩かせて
1
もう景色が見えなくなった(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう景色が見えなくなった(笑)
ま、琵琶湖と反対の山側は曇天(雪)だしな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ま、琵琶湖と反対の山側は曇天(雪)だしな
ワカン外して下りるぞ〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワカン外して下りるぞ〜
また吹雪いてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また吹雪いてきた
青ガレは雪の世界
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青ガレは雪の世界
2
でも少し下りると雪はかなり減ってきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも少し下りると雪はかなり減ってきた
逆に深い雪とワカンに慣れた足は、よく滑る!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
逆に深い雪とワカンに慣れた足は、よく滑る!
吹雪き止んだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吹雪き止んだ
再び琵琶湖が
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び琵琶湖が
綺麗に見えてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗に見えてきた
2
何か腹立つなぁ(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何か腹立つなぁ(笑)
なかなか綺麗やないか!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか綺麗やないか!
晴れ間は行きと帰りだけか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れ間は行きと帰りだけか
そろそろ青ガレ終着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そろそろ青ガレ終着
あっという間の青ガレ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あっという間の青ガレ
谷を沢沿いに
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷を沢沿いに
大山口に到着。
雪はなし(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山口に到着。
雪はなし(笑)
1
こうも違うかね?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こうも違うかね?
1
まあ、何はともあれ、今日も無事に下山できました。
お疲れ様でした♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まあ、何はともあれ、今日も無事に下山できました。
お疲れ様でした♪
3

感想/記録

天気予報を見ると鈴鹿方面は良さそうだったので、御池岳に行こうかと思ってましたが、朝一出遅れたため、行き先変更。
前日、比良に雪が積もったのは知っていたので、武奈ヶ岳に。

イン谷口に着くと、駐車場あたりはあまり雪はありませんでしたが、山は真っ白。
用意を済ませ、大山口へ。
本日は、先週行けなかった北比良峠と八雲ヶ原へ。

大山口から沢を渡り、登山道へ。
出発時点では、晴れ間も覗くまあまあの天気。
予報は曇り時々雨か雪。

標高600m位まで登ると、雪は深々と積もっており、雪山へ来たな、という感じ。
ダケ道は昨年夏に下山に通ったけど、こんなに見通し良かったっけ?
木に葉がないからかな?
時折日が差し、琵琶湖も見える。
気持ちいいスタートです。

ザクザクと新雪を歩いて登ると、神爾谷との分岐に到着。
道が細くて夏でも高度感のある場所ですが、雪で道が更に狭く、緊張感が走り、少し慎重になりました。

ここを抜けると、北比良峠に到着。
北比良峠は比良の中でも好きな場所です。
武奈ヶ岳は少しだけ見えましたが、瞬時に雪とガスにまかれて消えました。
勿論、琵琶湖は見えず。
この辺りから強い吹雪に見舞われます。
北比良峠は、とにかく凄い風。
粉雪が風で吹き飛ばされ、凄まじい光景。

寒〜っい!
飛ばされる程ではありませんが、吹きつける風と雪でどうしょうもなし。

さあ、先を急ごう、と思った矢先に八雲ヶ原方面からスノーシュー履いた男性が。
この先も雪が深そうだな。
進んで行くと、やはり雪はどっさり。
トレースはありますが、所々膝くらいまでの踏み抜きあり。

ここで新兵器の投入!
ワカン買ったので持ってきたのだ♪

早速装着し、吹き付ける吹雪の中、八雲ヶ原へ向けて雪山ハイクの再開。
いやぁ〜、気持ちいいですね!
ワ・カ・ン・!
確かにズボッと行くこともありますが、ツボ足と比べたら快適です。
前回、前々回としんどいかったから、助かります♪
そしてあっという間に「八雲ヶ原」へ到着。

ここもなかなかの吹雪・・・
視界ゼロ・・・
池も凍ってるし・・・

でもこれはこれでなかなかの景色!
そしてこのままの流れでスキー場跡を通り抜けます。
ここで更に吹雪が強くなってくるのですが、どこへ行っても雪を避けられないのでこのままゲレンデ跡の急斜面を登ります。
しかしなかなかの風と雪。

でも、そう言えば腹が減ってきた。
吹雪きの急斜面で少し小降りになったタイミングで腹ごしらえ♪
さっさと食って再開です。
すると、またまた吹雪は激しくなってきた。
トレース辿るが結構沈み、雪は吹き付けるが登り切った。
しかしコヤマノ岳へ通じる道はまだ先。

上から人が下りて来られたので確認し、そのまま辿らせて頂き、コヤマノへ。
すると・・・先週引き返したトレースの場所へ出た。
反対からだとあまりにも急な崖みたいな道だったので躊躇して引き返したが、道は合ってたということです。
ま、何はともあれここもクリア。

振り返ると雪が止み、北比良峠が見えた。
そして一瞬だけ琵琶湖も見えた。
が束の間、又吹雪に・・・
そのままコヤマノ岳に登り返し、その後武奈ヶ岳を目指しました。
先週、あれだけ綺麗に見えた武奈ヶ岳は、これだけ近くなのにまったく見えず。
ただひたすら雪の壁のような斜面を登ります。
左手には夏道。
辺り一面、真っ白に霧で煙った雪と氷の世界・・・

先週から2回目なので、山頂は何だか近く感じた。
しかし山頂の稜線はほぼホワイトアウト状態。
視界はほとんどなし。
しかし登山者が続々!
年配の団体さんばかりだが、皆さんお元気ですね!
どこまで雪に沈むか、遊んでおられたり、またあの暴風の吹雪の中、ランチされたり・・・(笑)

まあ、長居しても仕方ないので、雰囲気を堪能して下山開始。
山頂から下る際に見える雪と氷の世界を焼き付けてコヤマノ岳へ。
そろそろ帰宅、下山のタイムリミットも迫ってる、っていうか、予定より遅れてる。
しかし慌てても仕方ないし、下山にかかる時間も距離感もわかってるので、淡々と下山。
ひたすら金糞峠を目指して下りました。
あっという間に八雲ヶ原への分岐へ辿り着き、そしてそのまま金糞峠に。

何とここで登山あるある・・・
正面谷を見下ろすと晴れ間と琵琶湖が見える!
と思ったらまた即吹雪きに。
ワカンを外し、青ガレを下りました。
すると青ガレ終盤、今度は本当に晴れてきた。
琵琶湖と空が青くて綺麗(笑)
青ガレを通り抜け、沢沿いの谷には雪はありましたが、大山口まで来るともう雪はありませんでした。

今日はこんなコンディションでしたが、多くの登山者がおられました。
流石、人気の武奈ヶ岳ですね!
ほぼ1日中吹雪きという、なかなかの激しいコンディションで、少しは冬山の厳しい環境も経験出来(初心者が雪山を舐めんなよ!という山からの洗礼でしょうかね・・・)、ワカン使用での雪山ハイクも経験出来、結果的には中身の濃い楽しい1日でした。


何はともあれ、無事安全な山行が出来、良かったです。
お付き合い頂きましてありがとうございます♪

しかし・・・寒かった〜〜〜!
訪問者数:495人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ