ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 814417 全員に公開 雪山ハイキング甲信越

八海山途中敗退(八海山スキー場からの往復:ロープウェイ使用)【日帰り】

日程 2016年02月13日(土) [日帰り]
メンバー begreen
天候晴れのちくもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
行き:レンタカーで八海山スキー場まで
帰り:行きの逆

八海山スキー場では、往復ゴンドラを使用。
モンベルカードの提示で300円引きとなりました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

10:00着:遥拝堂避難小屋(ロープウェイを降りてすぐです)
10:20発:遥拝堂避難小屋
12:00着:女人堂・浅草岳(20分休憩)
13:45着:遥拝堂避難小屋
時間は大体です。
コース状況/
危険箇所等
池の峰までは、地図上で迷いマークがあるので、
念のためコンパスをぶら下げながら行きましたが、天気がよかったので大丈夫でした。
比較的平らになっているので、視界不良の場合には確かにちょっと危険かもしれません。
(一部の木々にピンクのテープはついていますが、近くに行かないと見えません。)

雪の状態ですが、結構柔らかく積雪量もそれなりにあるため、
スキー、スノーシュー、ワカンなどの浮き道具は必須です。ハイキングポールもあると便利です。
先行者も一部ありましたが、数日前のものだったようなのと、
一部雪庇の真上を通っていたものがあったので結局は巻いたりして、
一部ラッセルで進みます。
(この日の気温が相当高かったので、大げさなくらい雪庇を避けました)

池の峰から女人堂までは、最後の急斜面が心配でしたが、
そこはそれほど怖くなく、むしろ雪庇と雪崩の方が怖いと思いました。

写真

ロープウェイで上がった先にはバイオトイレ。個室の中が清潔で暖かかったです。
2016年02月13日 09:59撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイで上がった先にはバイオトイレ。個室の中が清潔で暖かかったです。
3
天気もまぁまぁいい感じです。出だしのトレースはばっちりあります!
2016年02月13日 10:23撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気もまぁまぁいい感じです。出だしのトレースはばっちりあります!
2
久しぶりに一人の時間にこもって妄想、いやいや間違えた、瞑想。
2016年02月13日 10:30撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久しぶりに一人の時間にこもって妄想、いやいや間違えた、瞑想。
2
あらー、先客! 肉球かわいい(^^)
2016年02月13日 11:09撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あらー、先客! 肉球かわいい(^^)
3
もしかしてもしかして、越後駒ケ岳?!冬化粧をするといっそうべっぴんさんです〜。
2016年02月13日 11:17撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もしかしてもしかして、越後駒ケ岳?!冬化粧をするといっそうべっぴんさんです〜。
5
行けるかなぁ。この時点では行く気満々!
2016年02月13日 11:21撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行けるかなぁ。この時点では行く気満々!
5
女人小屋の頭が見えてきました。この先が雪庇と雪崩に怯えまくりです。
2016年02月13日 11:21撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女人小屋の頭が見えてきました。この先が雪庇と雪崩に怯えまくりです。
4
数日前のトレース?これってやばい・・・もちろん右に大きく巻きました。
2016年02月13日 11:23撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
数日前のトレース?これってやばい・・・もちろん右に大きく巻きました。
3
どうしても雪庇を避けたかったので、斜面に行ったら、雪崩地帯?
2016年02月13日 11:33撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どうしても雪庇を避けたかったので、斜面に行ったら、雪崩地帯?
3
気温が高いし、、、ここも先行者のトレースを避けて右に巻きます。
2016年02月13日 11:51撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気温が高いし、、、ここも先行者のトレースを避けて右に巻きます。
5
女人小屋からの先の道です。私はここで引き返します(涙)
2016年02月13日 12:02撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女人小屋からの先の道です。私はここで引き返します(涙)
4
景色、きれいだなぁ〜。しばし見とれてしまっていました。
2016年02月13日 12:02撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景色、きれいだなぁ〜。しばし見とれてしまっていました。
4
:女人小屋は半分以上が雪に埋もれて中に入れません。
2016年02月13日 12:19撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
:女人小屋は半分以上が雪に埋もれて中に入れません。
2
来た道を戻ります。やっぱり雪崩が怖い・・・
2016年02月13日 12:21撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来た道を戻ります。やっぱり雪崩が怖い・・・
3
四合半まで来たら、友人達がスノーベアを作っていました。
2016年02月13日 13:14撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四合半まで来たら、友人達がスノーベアを作っていました。
3
完成度の高さに驚愕!
2016年02月13日 13:15撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
完成度の高さに驚愕!
5
最後の20分は、友人達と共に下山。
2016年02月13日 13:40撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の20分は、友人達と共に下山。
4

感想/記録

八海山、来たかったです。本当に。
ただ、東京からだとちょっと遠い・・・
でも思わぬことに、ハイキング仲間が八海山に行くとか。
調べてみると、ロープウェイ側からなら冬でも登っている人がいて、
行けないこともないことが分かりました。
まさかのうれしい発見に、即、参加の連絡です。

ロープウェイに乗っている間も、少しドキドキ。
楽しみと心配が半分半分です。

今回は日帰りできる距離でもあるので、
それほど急がなくてもいいかなと思っていました。
メンバーも「ゆっくり楽しむ」という姿勢の人たちばかり。

ただ、、、この日の天気が以上に高い。。。
そして夜は大荒れだとか。
万が一のことを考えるとそうそうゆっくりもしてられません。

ですがメンバー達はロープウェイから降りてもゆっくりのんびり。
二人で展望台に行って景色を眺めに行ってしまったり、
全然準備をはじめず小屋の中でくつろぎはじめたり。
めちゃくちゃ自由じゃないですか(笑)
みんな全然山に登る気がない!!!

じっと待っていると、不安だけが大きくなるので、
誰かが動きださないとと思い、自分が先に出て
10分歩いたところでみんなを待ちます。
そこでさらに30分待ちますが、全然来る様子がない。
この時点で雪質がかなりゆるいので、みんなにメッセージを送り、
先に行ってOKの返事をもらい、一人で出発。
予想外の出来事にちょっと面食らいましたが、
久しぶりにこういうのもいいのかななんて考えます。

そして、時間も時間だし、予報の荒天が早く来てしまったら嫌なので、
道間違いなどして戻るとかは絶対に無いようにしようと、
今回ばかりは慎重に進みます。

結果順調、順調!
久しぶりのソロハイク、これぞ登山!とか調子に乗っていました。
ところが、池の峰を過ぎた頃から、本格化。
見ると目の前には雪庇。それほど大きく成長しているわけではないけど、
暖かいので、張り出している部分が落ちる可能性あり。

そしてその先にある浅草岳(女人小屋)直下には雪崩地帯
と思われるような傾斜が。
自分の見立てでは、起きたとしても、超大規模ではないかもしれないものの、
発生の可能性はある、という感じでしょうか。
それとも雪崩講習とかの影響で、必要以上に怖がってしまっているのかな。
女人小屋までは目と鼻の先。
行くかどうかでしばらく悩みますが、
とりあえず、雪崩がおきないように、そっと静かに通ります。
斜面が急になっても、ガシガシ登らずにそっとそっと。変な格好でも気にしない。
ひたすら静かに登ることに徹します。
そうしてようやく女人小屋に到着。

ここから先、山頂までは1時間。
ラッセルの雪も深くなく、これまでのペースを考えれば40分に短縮できるかも。
時間的にはまだ間に合う!行きたい!
でも目の前には雪庇と雪崩の箇所がたくさん残っています。
行きたい気持ちと、不安の気持ち。どちらも同じくらい高い。
ここに来て優柔不断が全面的に出てしまいました。自分じゃ決められない。
こんなとき、登山仲間だったらどう言うかな。どんな判断をするかな。
人の判断に委ねたいのですが、今は一人。
行くか行かないか、自分で決めるしかありません(涙)
「迷ったら、やめた方がいい」一度誰かにそう教わったことがあったので、
諦める方向でいたのですが、なかなか戻る決心がつかず、
しばらく女人小屋前に突っ立っていました。

20分、きれいな景色を眺めながら自分を説得し続け、
ようやく下山の決心がつきました。
そしてまたあの雪崩地帯(と思われるところ)を通ります。
下りでは、更に雪が緩むことを考え、できるだけちゃっちゃと通りたいので、
念のためピッケルとアイゼンを装着。時間をかけずにそっと降ります。
どんなに慎重に行っても、一歩踏み出すたびに、足元の雪の塊がずり落ちるので、
帰りはもっと雪崩の恐怖に向き合う羽目に。
短い距離とは言え、怖いものは怖い。。。
雪崩講習で見た嫌なイメージのみが頭に張り付いて離れません。
来たことをちょっと後悔しつつも、とりあえず一歩ずつ、一歩ずつ。

そして(自分にとっての)核心部を切り抜け、あとは平らな道を戻ります。
すると、四合半あたりで、友人達と雪だるまが待っていました!!
帰り道では張り切っていた分、山頂にいけなくて落胆していたのですが、
雪だるまとみんなの顔を見たら、
行けなかった事よりも無事に帰ってこれたことの方が、よっぽどいい!
そんな思いが湧き出た山旅となりました。

おしまい
訪問者数:287人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ