ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 814484 全員に公開 ハイキング奥武蔵

日帰り 堂平山

日程 2016年02月17日(水) [日帰り]
メンバー kiw, その他メンバー1人
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
50分
休憩
8分
合計
58分
S剣ケ峰の駐車場13:1013:37堂平山13:4514:08剣ケ峰の駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

頂上の手前で登山道に入る
山頂のドームが見えてきた
2016年02月17日 13:34撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上の手前で登山道に入る
山頂のドームが見えてきた
寒かったおかげで霜があまり
溶けて無かったのは幸い
普通の靴でもなんとか歩けた
2016年02月17日 13:37撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寒かったおかげで霜があまり
溶けて無かったのは幸い
普通の靴でもなんとか歩けた
5
堂平山頂
2016年02月17日 13:37撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堂平山頂
2
晴れていれば尾瀬の方まで
見えるらしい
2016年02月17日 13:39撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れていれば尾瀬の方まで
見えるらしい
1
粥仁田峠方面
2016年02月17日 13:41撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
粥仁田峠方面
川越方面
平野部は晴れているのが判る
2016年02月17日 13:41撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川越方面
平野部は晴れているのが判る
帰りは少し登山道を歩いてみた
こちらにも雪が残っている
転ばないでくれよー
2016年02月17日 13:56撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは少し登山道を歩いてみた
こちらにも雪が残っている
転ばないでくれよー
5
剣ケ峰の駐車場に戻って来た
無事で何より
2016年02月17日 14:07撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ケ峰の駐車場に戻って来た
無事で何より
1
パラグライダーの離陸場
2016年02月17日 14:08撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パラグライダーの離陸場
1
撮影機材:

感想/記録
by kiw

堂平山まで自動車で行けるものと思っていたので
母を連れてお手軽なドライブのつもりで普段着で出かけたのだが・・・

車道には残雪と凍結した路面が数か所ありしばしばスリップする。
スタックすると面倒なので、剣ケ峰(パラグライダーの離陸場)に
車を置いて往復約2kmほど歩くことになった。
なお、山頂手前のゲートも閉まっていた。

平野部は晴れていたが、山間部は終始曇っていて雪がぱらついていた。
往路は殆ど一般道を歩いたが、残雪と轍の凍結で逃げ場のない所が多かった。
復路は残雪が少なく傾斜の緩いところだけ登山道を歩いてみた。

所要時間約1時間、予定外だったものの丁度良い長さの散策ができた。

------------------------------------------------------------------------------

<余談>
「堂平山」を訪れるのは初めてだったが、近所なので以前から知ってはいた。
しかしこれまで四半世紀以上の間、頭の中では「どうひらやま」と言っていた。
これまで口にする機会が無かったと思うし、あったとしても指摘されることが
無かったのだろう。

出発の1時間ほど前、資料検索の際に「どうだいらさん」と読むのだと知った。
よくある事だが、やはり地名は難しいなぁと思う。
(それを知った今もPC入力の時は「どうひらやま」から変換してるけど。)


訪問者数:294人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ