ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 814498 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走近畿

三室山1358m峰 笹藪の新雪で手強い雪山に変貌(兵庫県宍粟市)

日程 2016年02月17日(水) [日帰り]
メンバー yamaya(CL), mo-san(SL), その他メンバー8人
天候小雪 時々 弱吹雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
●乗用車
・千種町から県道72号線を北上して、三室高原入口まで入りますが、
 道路の積雪はありません。
Ⓟ駐車場
・三室高原入口に数台の駐車スペースがありますが、簡易トイレは
 冬季閉鎖中になっています。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.5〜1.6(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち50%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

◆所要時間 6時間10分 ●歩行距離 8.2Km ▲総上昇量 907m

 10:20 三室高原入口 Ⓟ
 11:00 三室山登山口
 13:30 三室山(みむろやま)「供三室山 △1358.04m 」 
     〜(ルート踏査+昼食)14:30
 15:55 三室山登山口
 16:30 三室高原入口 Ⓟ
コース状況/
危険箇所等
◆山行概要≪核心部≫
・昨夜来の雪が表層に積り、不安定になって良く滑り、山腹の間伐材放置で
 ルートが不明瞭になって迷いやすく、いつもより危険な状態になっています。
|鷦崔呂ら三室高原内を通過し、配水池跡の登山口でスノーシュー
 &ワカンを装着し、間伐材で不明慮になった尾根の急登に耐える。
難関の鎖場は凍結して積雪も多く危険な状態ながら全員無事に通過。
山頂直下は時折吹雪いていたが、別次元の霧氷の世界に迎えられる。
げ嫉海蓮∋劃困ら西の大通峠に向かって県境尾根の雪原を下りかけたが、
 湿雪が笹藪に被って進むのに時間が掛かかるので、山頂へ登り返して
 往路を下ることにする。
ゴ躙韻丙疹譴蓮⊂緝瑤ら山腹を捲いて岩場の通過を回避する。
Ρ路の消えかけたトレースを辿り、沢コースの登山道に乗って無事に
 三室高原の駐車地に戻る。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

ルート詳細図(クリック→元サイズ→拡大)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルート詳細図(クリック→元サイズ→拡大)
2
小雪の舞う三室高原入口で入山支度
2016年02月17日 22:17撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小雪の舞う三室高原入口で入山支度
高原内の標柱に従って進む
2016年02月17日 10:51撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高原内の標柱に従って進む
40分で貯水場跡の登山口に着く
2016年02月17日 11:08撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
40分で貯水場跡の登山口に着く
1
尾根へ向かう
2016年02月17日 22:16撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根へ向かう
1
大岩を巻く
2016年02月17日 22:16撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩を巻く
2
難関の鎖場で、順番待ちの停滞
2016年02月17日 22:19撮影 by TG-615 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
難関の鎖場で、順番待ちの停滞
7
樹氷の世界に入り込む
2016年02月17日 22:15撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹氷の世界に入り込む
8
周囲の展望は、ガスに阻まれる
2016年02月17日 22:15撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
周囲の展望は、ガスに阻まれる
4
山頂へ笹藪を抜けます
2016年02月17日 22:19撮影 by TG-615 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂へ笹藪を抜けます
4
山頂へのプロムナード
2016年02月17日 13:37撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂へのプロムナード
5
雪が吹き飛ばされた山頂に、二等三角点標石が頭を出していました「胸絢嫉晦1358.04m」
2016年02月17日 13:38撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が吹き飛ばされた山頂に、二等三角点標石が頭を出していました「胸絢嫉晦1358.04m」
9
手強い急登に耐えて山頂に到達した面々
2016年02月17日 13:42撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手強い急登に耐えて山頂に到達した面々
7
つかの間の霧氷の芸術
2016年02月17日 22:12撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つかの間の霧氷の芸術
6
大通峠へ向かうが、笹に積もった新雪で膝上まで沈む
2016年02月17日 22:21撮影 by TG-615 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大通峠へ向かうが、笹に積もった新雪で膝上まで沈む
5
峠ルートの積雪が少なく、歩き難い藪漕ぎを強いられて周回を断念
2016年02月17日 22:21撮影 by TG-615 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峠ルートの積雪が少なく、歩き難い藪漕ぎを強いられて周回を断念
4
時折吹雪く山頂を再び辞して下山を開始
2016年02月17日 14:15撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時折吹雪く山頂を再び辞して下山を開始
3
表層の凍結でよく滑ります♪
2016年02月17日 22:12撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表層の凍結でよく滑ります♪
3
源流指標
2016年02月17日 22:12撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
源流指標
2
谷コースへ下ります
2016年02月17日 22:12撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷コースへ下ります
2
徒渉もあります♪
2016年02月17日 22:10撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徒渉もあります♪
3
沢に沿って三室高原へ降りていきます
2016年02月17日 22:10撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢に沿って三室高原へ降りていきます
3

感想/記録
by yamaya

【感想・コメント】
・昨夜来の降雪(40儖幣紂砲隼格△隆嵌穏爐梁論僂妊襦璽箸極めて
 不明瞭になり、表層も不安定で非常に滑り易く、滑落の危険がある
 ハイレベルな雪山に変貌しています。
・山頂では、霧に包まれた幻想的な霧氷の世界が待っており、思わず
 歓声が上がりました。

訪問者数:528人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ