ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 814857 全員に公開 雪山ハイキング大雪山

天望山(ヌプカの里から)敗退→岩石山一周

日程 2016年02月19日(金) [日帰り]
メンバー YaKa
天候曇り→吹雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
岩石山東側の笹斜面は雪崩の巣です。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

岩石山の麓を巻いて、前から気になっていた天望山の開けた斜面を見に来ました。
2016年02月19日 09:55撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩石山の麓を巻いて、前から気になっていた天望山の開けた斜面を見に来ました。
2
ところが岩石山の東斜面には全層雪崩の痕跡が4〜5箇所
2016年02月19日 09:55撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところが岩石山の東斜面には全層雪崩の痕跡が4〜5箇所
3
もうこれで心が折れて、とにかく最短で下山することだけを考えました。地熱が高いのか?風穴の影響か?笹がむき出しになっている場所がいくつかありました。2月にこの程度の積雪量でも全層って起こるんだ、と肝に銘じました。
2016年02月19日 10:01撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうこれで心が折れて、とにかく最短で下山することだけを考えました。地熱が高いのか?風穴の影響か?笹がむき出しになっている場所がいくつかありました。2月にこの程度の積雪量でも全層って起こるんだ、と肝に銘じました。
2
来た道は引き返したくない。地図とにらめっこして出した妙案は、岩石山ふもとを一周するルート。あそこがコル。
2016年02月19日 10:39撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来た道は引き返したくない。地図とにらめっこして出した妙案は、岩石山ふもとを一周するルート。あそこがコル。
1
コルからみた白雲山。この後吹雪いてきます。天気予報のうそつき。
2016年02月19日 10:46撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コルからみた白雲山。この後吹雪いてきます。天気予報のうそつき。
2
ここを登れば夏道に合流するはずだ。このエリアだけには極上のパウダーが溜まっていました。
2016年02月19日 10:52撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを登れば夏道に合流するはずだ。このエリアだけには極上のパウダーが溜まっていました。
岩石山を見上げる。
2016年02月19日 11:20撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩石山を見上げる。
1
天望山さようなら
2016年02月19日 11:20撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天望山さようなら
2
もうすぐ夏道、夏道、うれしいな。ここらへんは全く沈まないアイスバーン。スノーシューが楽ちん。でもたまに風穴落とし穴。
2016年02月19日 11:20撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ夏道、夏道、うれしいな。ここらへんは全く沈まないアイスバーン。スノーシューが楽ちん。でもたまに風穴落とし穴。
2
安心してください。落ちませんよ。岩石山手前の岩場も落とし穴あるかなと用心して通りましたが落ちませんでした。
2016年02月19日 11:33撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安心してください。落ちませんよ。岩石山手前の岩場も落とし穴あるかなと用心して通りましたが落ちませんでした。
1
白雲山山頂は雲の中、吹雪、左足かかとの水ぶくれ潰れた模様。駐車場に着いても吹き溜まり除雪の一仕事あるかもしれないのでさっさと下山。
2016年02月19日 11:35撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白雲山山頂は雲の中、吹雪、左足かかとの水ぶくれ潰れた模様。駐車場に着いても吹き溜まり除雪の一仕事あるかもしれないのでさっさと下山。
3

感想/記録
by YaKa

せっかくの平日休み。どこかに行きたい。でも近場にはパウダーが期待できる山は思い浮かばない。スキーで下るのも難儀しそうだ。こんな時はスノーシューで偵察に行こう。天望山の開けた斜面を上から見てみたい。

雪面はきっとテカテカガリガリでスノーシューはほとんど沈まないだろうという期待はヌプカの里を出てすぐに裏切られた。沈む沈むよく沈む。MSRにすれば良かったと後悔する。TSLは隙間が多すぎる。(でも本当はTSLのワカンモードが好き)

冬靴がないので夏靴に靴下2枚履きをした。早速左かかとが痛くなりだした。兼用靴の方がブーツ内での足の「遊び」は少ないようが気がする。次回からスノーシューも兼用靴にしよう。

岩石山東斜面に来て愕然とした。全層雪崩を起こした笹斜面が連続しているのだ。地熱が高いのかぽっこり笹斜面が丸見えになっている場所もあった。風穴の影響もあるのかもしれない。ここは通るべきではないと思った。

すっかり天望山は諦め、最短で下山するルートを考えた。岩石山をきれいにぐるっと回るルートが楽そうだった。「左かかとの水ぶくれがもう潰れそうです。ずぼずぼ沈まない雪面でありますように。」とJESUSにお願いした。代わりにナキウサギが答えてくれた。

コル前半は15センチほどの極上パウダーが積り、その下はガチガチだった。歩きやすかった。コル後半はもろ風の影響を受けて完璧なアイスバーン。これまた歩きやすかった。Thank you, Jesus! でもたまに風穴落とし穴。

夏道に合流した時は吹雪いており白雲山頂は雲の中。なんだ、コタンも見れないんじゃ登ってもしょうがない。左かかとも痛いし、もしかすると車が吹き溜まりで動けないかもしれない。下山を決めた。

岩石山下の岩場にも落とし穴があるかなと思って用心しながら通ったが、落とし穴はなかった。安心して登ってきてください!

下山後、日が差してきておだやかな天気になった。除雪が入ったようで吹き溜まりはなくなっていた。

ま、なかなか面白いハイキングであった。
訪問者数:238人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ