ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 815071 全員に公開 雪山ハイキング甲信越

日帰百名山8 美ヶ原(三城牧場〜)

日程 2016年02月19日(金) [日帰り]
メンバー karasawa246
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間17分
休憩
46分
合計
3時間3分
Sスタート地点13:0013:19広小場13:2314:15烏帽子岩14:1614:39美ヶ原15:2015:58三城いこいの広場16:03ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
稜線はワカン、スノーシューがあった方が踏み抜かなくて快適です。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

スタート
2016年02月19日 13:00撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタート
春の陽気
2016年02月19日 13:08撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
春の陽気
あと少し
2016年02月19日 13:49撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと少し
稜線
2016年02月19日 14:02撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線
1
八ヶ岳、富士山、南アルプス
2016年02月19日 14:36撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳、富士山、南アルプス
3
登頂
2016年02月19日 14:39撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登頂
3
後ろ立山、妙高戸隠連山
2016年02月19日 15:16撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後ろ立山、妙高戸隠連山
2
四阿山、浅間山
2016年02月19日 15:16撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四阿山、浅間山
2
左に御嶽、乗鞍、右に常念
2016年02月19日 15:21撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に御嶽、乗鞍、右に常念
1
ゴール
2016年02月19日 16:03撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴール
撮影機材:

感想/記録

今朝は、焼岳を目指しましたが、ホワイトアウトの為撤退してしまい、松本のカモシカスポーツで物色中、美ヶ原に吸い寄せられて、昼食後に、冬季通行止めの美ヶ原王ヶ頭で仕切り直しです。お店の人の紹介で、はじめての登山口からのアクセスです。
長野県のほぼ中央に位置し、県下最大級の国定公園(39,857ha)の一部を成しています。
標高2034mの頂をもつ美ヶ原最高峰「王ヶ頭」を筆頭に、山上は平坦な台地状で、松本市、上田市、長和町にまたがり、王ヶ鼻(2,008m)、茶臼山(2,006m)、牛伏山(1,990m)、鹿伏山(1,977m)、武石峰(1,973m)のピークを含めて標高2000m付近に広がる一帯を「美ヶ原高原」と呼んでいます。
山上は「美ヶ原牧場」と呼ばれる牛の放牧地となっており、短距離から遠距離までバラエティに富んだ高原トッレッキングができるコースも整備されています。
山頂には長野県の各テレビ・ラジオの送信所のほか、防災行政無線などの中継所など、多数のアンテナ群が建てられています。
美ヶ原高原という呼称は、先に記載したいくつかのピークを含む台地のことを総称しています。記録では江戸中期、「信府統記」に「美ヶ原」の記述が見られ、大正時代ごろから「美ヶ原」と広く呼ばれはじめたと思われます。
この一帯はフォッサマグナ(中央地溝帯)の西端にあたり、古代の火山活動によって生まれたとされています。
縄文前期には比較的温暖な気候だったため、縄文人の生活圏だったと言われており、平安〜鎌倉時代においては朝廷専用の牧場である「勅旨牧(てしまき)」であったとの伝承があります。このころから美ヶ原高原は牧場として使われてきたようです。
江戸期には王ヶ鼻から望む御岳山を拝む御岳信仰の講社に人々が集まるようになり、王ヶ鼻神社と呼ばれるようになりました。
今のような牧場として使われはじめたのは明治後期です。大正時代には小泉秀雄氏による植物研究が進められ、学術的価値の高さからも保護活動が始まりました。
昭和初期に山本俊一氏によって山小屋・登山道が整備され、戦後、ビーナスラインの開通により訪れる人の数がぐっと多くなりました。
山頂アンテナ群が整備されたのもこのころで、昭和32年に電電公社〈現NTT〉とNHKのアンテナが建ち、王ヶ頭まで国鉄バスが乗り入れました。
三城牧場から百曲がり、アルプス展望、ダテ河原周回です。
この時期はなかなか来ることができませんが、ホテルの宿泊者は、送迎してくれるそうです。360度の大パノラマで大歓声の眺望でした。
稜線はワカン、スノーシューがあった方が踏み抜かなくて快適です。
前回の山行もごらんください。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-815073.html

訪問者数:494人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ