ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 815406 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

冬の雨乞岳リベンジ ヴィレッジ白州手前の遊歩道から

日程 2016年02月20日(土) [日帰り]
メンバー yokke1984, その他メンバー4人
天候曇りのち雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
ヴィレッジ白州手前の車進入禁止ゲート前の待避所にマイカーを駐車しスタート。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間50分
休憩
11分
合計
6時間1分
Sスタート地点08:0711:36雨乞岳11:4712:46水場14:08ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
下のほうは地面が露出しているところも多く、雪質も締まっているため歩行はしやすい。ただし溶けた泥水が凍結し滑りやすいところもあり、アイゼンは必要。
その他周辺情報下山後、道の駅蔦木内の「つたの湯」を利用。(600円)
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 防寒着 雨具 ゲイター バラクラバ ザック ザックカバー アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 コンパス 計画書 ヘッドランプ ファーストエイドキット ロールペーパー 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト カメラ

写真

ヴィレッヂ白州手前にゲートがありマイカー進入できません。
2016年02月20日 07:12撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヴィレッヂ白州手前にゲートがありマイカー進入できません。
ヴィレッヂ白州まで行かずに、水源の森遊歩道から入山します。
2016年02月20日 07:17撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヴィレッヂ白州まで行かずに、水源の森遊歩道から入山します。
遊歩道と登山道の合流地点です。
2016年02月20日 07:50撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遊歩道と登山道の合流地点です。
雪解け水が凍結しており滑りやすい箇所がでてきます。
2016年02月20日 08:26撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪解け水が凍結しており滑りやすい箇所がでてきます。
甲斐駒が木の間から見えます。景色は昨年のほうがよかったです。
2016年02月20日 08:36撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒が木の間から見えます。景色は昨年のほうがよかったです。
日向山がよく見えます。
2016年02月20日 10:09撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日向山がよく見えます。
山頂。景色はゼロ。
2016年02月20日 10:37撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂。景色はゼロ。
2
暖冬で雪が少なく、ワカンは最後までアクセサリーのままでした。
2016年02月20日 10:39撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暖冬で雪が少なく、ワカンは最後までアクセサリーのままでした。
登り1800m地点あたりから雪が降りだし積もり、氷を雪が見えなくしてしまい危険だったためアイゼンを装着。
2016年02月20日 11:09撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り1800m地点あたりから雪が降りだし積もり、氷を雪が見えなくしてしまい危険だったためアイゼンを装着。
登りとは違う遊歩道を行きます。
2016年02月20日 12:31撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りとは違う遊歩道を行きます。

感想/記録

 昨年と同様大学山岳部OBのみなさんに同行させてもらった雨乞岳。前回は直前に降ったドカ雪で、ツボ足では腹まで潜ったため、ワカンを買ってリベンジ。靴もスリーシーズンで冷たい思いをしたため、ザンバランの冬靴を用意して挑みました。が、今回は同じ時期とは思えないほど雪がありませんでした。
 この日は天気予報が雨90%でしたが、晴れてはいないものの薄い曇りなのでそのまま山行開始。今年も車でヴィレッヂ白州前までは行けず、ゲート前の待避所に駐車して出発しました。今回はヴィレッヂ白州前登山口までは行かず、途中の遊歩道から登山道の尾根に上がります。遊歩道はよく整備され、歩幅の小さな階段がずっと続きます。雪は多少ありますが、締まっており歩きやすいです。登山道にあがって少し登ると、雪がとけて再凍結したアイスバーンが出始め、滑りやすくなります。アイスバーンは部分的で目視でわかるため、登りはアイゼンは使いませんでした。
 標高1800mポイントまで登ったところで雪がちらつきだし、下山まで雪が続きました。山頂近くも雪が締まっていて、ズボってもヒザぐらいまでだったので、最後までワカンは使用せず。当然山頂は視界なく、天候がこれ以上悪化する前に早めに降りました。下山時は雪が5cm程積もり、アイスバーンが見えなくなったためアイゼンを装着しました。
訪問者数:324人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイスバーン
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ