ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 815477 全員に公開 雪山ハイキング谷川・武尊

上州武尊山

日程 2016年02月17日(水) [日帰り]
メンバー anesan, その他メンバー1人
天候雪および強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
沼田ICから川場スキー場へ。路肩には積雪少々あったもの、路上には全く雪なし。
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間30分
休憩
30分
合計
3時間0分
S川場スキー場リフト山頂駅09:5010:40剣ヶ峰山10:4511:10折り返し地点11:3512:50川場スキー場リフト山頂駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
CTは感覚的な時間です。出発時間と到着時間だけがまあまああっている時間。
コース状況/
危険箇所等
緩んだ雪が締り、その上に新雪が少量積もっている状況。
雪庇は例年に比べると全然小さいそうですが、やはり注意が必要です。

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル(上下) メリノウールレギンス フリース ズボン 靴下 グローブ(3組) アウター手袋 ダウン ゲイター バラグラバ ネックウォーマー ニット帽 ザック アイゼン(12爪) スノーシュー ピッケル スノーショベル 昼ご飯 行動食 非常食 水筒(保温性) アルミシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 ゴーグル タオル ツェルト ストック カメラ

写真

関越道を走行中、唸るほどの絶景が見えてきました!赤城高原SAに入ってパチリ。武尊山の存在感すご!
2016年02月17日 06:48撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
関越道を走行中、唸るほどの絶景が見えてきました!赤城高原SAに入ってパチリ。武尊山の存在感すご!
4
谷川も真っ白になっている!テンションあがりますが、バックに控えている薄雲が気になります…。
2016年02月17日 06:48撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷川も真っ白になっている!テンションあがりますが、バックに控えている薄雲が気になります…。
5
予感的中(笑)ずっとこんな感じ。雪が少ないので、テーブルベンチを利用できちゃいます。
2016年02月17日 10:22撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予感的中(笑)ずっとこんな感じ。雪が少ないので、テーブルベンチを利用できちゃいます。
1
笹やシャクナゲも見えます。
2016年02月17日 10:22撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹やシャクナゲも見えます。
ほね骨を楽しみ…。
2016年02月17日 10:22撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほね骨を楽しみ…。
2
剣ヶ峰山山頂は狭いので、滑落注意。
2016年02月17日 10:43撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰山山頂は狭いので、滑落注意。
3
雪の造形は綺麗です。青空だったら映えるのになぁ。
2016年02月17日 10:50撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の造形は綺麗です。青空だったら映えるのになぁ。
1
かなりホワイトアウト。私達が下山中、上がってくる人が見えてきました。
2016年02月17日 12:17撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなりホワイトアウト。私達が下山中、上がってくる人が見えてきました。
1

感想/記録
by anesan

今シーズン2回目の上州武尊山。
1回目は1/31。
最初天候悪かったのですが、途中から快晴!でもカメラを忘れ、スマホは冬眠してしまい画像なし(涙)山頂まではタイムアウトで撤退。
今回は、高速道路では武尊も谷川もいい感じに見えていたのに…。
川場スキー場のリフトに乗っている時点で吹雪(笑)
剣ヶ峰山を越え、岩壁を下ったところで雪洞もどきを作ってランチし、引き返しました。
帰りの剣ヶ峰山は強風で、低姿勢でなければ体を持って行かれそうでした。
念のためザイル使用(川場スキー場のガイドさんと一緒です)

天気には恵まれなかったけれど、厳冬期登山を経験できて満足です。
強風で耐え忍びながらも笑顔になってしまう自分に『どMさ』を感じてしまいました(笑)
訪問者数:267人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する山の用語

撤退
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ