ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 815485 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走札幌近郊

庚申草山 岩塔から好展望

日程 2016年02月20日(土) [日帰り]
メンバー outdoorsmant
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道230号定山渓トンネルの峠側出口直ぐの除雪スペース(大曲林道起点)
2台ほど駐車可の状態でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

登山口9:35→11:00庚申草山11:30→12:25
コース状況/
危険箇所等
危険個所は特になし
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

国道230号無意根大橋で今日のターゲットを捕捉。
山頂部が岩塔で天を突くような庚申草山(三等三角点)です。
2016年02月20日 09:26撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国道230号無意根大橋で今日のターゲットを捕捉。
山頂部が岩塔で天を突くような庚申草山(三等三角点)です。
3
定山渓トンネル峠側の出口が今日のスタート地点。
2016年02月20日 09:37撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
定山渓トンネル峠側の出口が今日のスタート地点。
2
積雪が少なければ大曲林道を辿る必要がありますが、ブッシュは完全に埋まっており、林道をショートカットしていきます。
(国道を見下ろす)
2016年02月20日 09:41撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
積雪が少なければ大曲林道を辿る必要がありますが、ブッシュは完全に埋まっており、林道をショートカットしていきます。
(国道を見下ろす)
一旦、林道に出ますが、また樹林内に潜り込みます。
2016年02月20日 09:49撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦、林道に出ますが、また樹林内に潜り込みます。
1
予想外の好天でとっても気持ちの良いスノーハイク日和になりました。
2016年02月20日 09:58撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予想外の好天でとっても気持ちの良いスノーハイク日和になりました。
2
疎林の斜面では背後に札幌岳が望まれました。
2016年02月20日 10:00撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
疎林の斜面では背後に札幌岳が望まれました。
1
再び林道に出て、この後は2kmほどの林道歩きになります。
この林道は旧国道で、当時は洞爺湖まで1日がかりだったそうです。
2016年02月20日 10:25撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び林道に出て、この後は2kmほどの林道歩きになります。
この林道は旧国道で、当時は洞爺湖まで1日がかりだったそうです。
1
旧国道を1kmほど進んでから右の支線に入ります。
2016年02月20日 10:35撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧国道を1kmほど進んでから右の支線に入ります。
樹林の奥に目指す山頂部が見えてきました。
2016年02月20日 11:55撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林の奥に目指す山頂部が見えてきました。
1
ところで今日のラッセルは脛中程度で雪も軽く、理想的?でした。
2016年02月20日 10:47撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところで今日のラッセルは脛中程度で雪も軽く、理想的?でした。
2
再び林道を離れると山頂めざし一直線に斜面を登っていきます。
2016年02月20日 10:55撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び林道を離れると山頂めざし一直線に斜面を登っていきます。
岩塔ピークのお出ましです。
2016年02月20日 11:00撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩塔ピークのお出ましです。
4
直登はできないので裏側を巻いていくと、生々しいスキートレースに合流しました。
2016年02月20日 11:02撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直登はできないので裏側を巻いていくと、生々しいスキートレースに合流しました。
3
岩塔上の庚申草山の最高点ピークに到着です。
2016年02月20日 11:08撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩塔上の庚申草山の最高点ピークに到着です。
7
山頂部からは北西を除く270度の眺望が楽しめます。
無意根ブラザース(左から喜茂別岳、並河岳、中岳、無意根岳)
2016年02月20日 11:07撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂部からは北西を除く270度の眺望が楽しめます。
無意根ブラザース(左から喜茂別岳、並河岳、中岳、無意根岳)
5
喜茂別岳の南西尾根の奥には羊蹄山が頭を出していました。
2016年02月20日 11:06撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
喜茂別岳の南西尾根の奥には羊蹄山が頭を出していました。
3
札幌岳(左)と狭薄山(右)
2016年02月20日 11:08撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
札幌岳(左)と狭薄山(右)
2
烏帽子岳(中央奥左)と眼下には無意根大橋。
2016年02月20日 11:09撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子岳(中央奥左)と眼下には無意根大橋。
3
中山峠方向に広がる樹海
2016年02月20日 11:08撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山峠方向に広がる樹海
1
三角点は最高ピークから北側110mにあります。
(ご丁寧に案内標識があります)
2016年02月20日 11:10撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点は最高ピークから北側110mにあります。
(ご丁寧に案内標識があります)
3
三角点では先のスキートレースの主、3名の方が休憩中でしばし、情報交換をさせていただきました。ありがとうございます。
2016年02月20日 11:16撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点では先のスキートレースの主、3名の方が休憩中でしばし、情報交換をさせていただきました。ありがとうございます。
4
三角点では最高ピークでは見えなかった北西側90度の眺望が楽しめ、余市岳から定天までが一望できます。
2016年02月20日 11:17撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点では最高ピークでは見えなかった北西側90度の眺望が楽しめ、余市岳から定天までが一望できます。
6
風もなくまったり30分ほど休憩し、スキーの方々とほぼ同時に帰路につきました。ちなみにスキーの方々は中山峠手前2km付近の駐車帯からアプローチされたようです。
2016年02月20日 11:34撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風もなくまったり30分ほど休憩し、スキーの方々とほぼ同時に帰路につきました。ちなみにスキーの方々は中山峠手前2km付近の駐車帯からアプローチされたようです。
4
帰路、林道分岐付近の中山小屋に寄ってみました。(内部は施錠)
2016年02月20日 11:59撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰路、林道分岐付近の中山小屋に寄ってみました。(内部は施錠)
4
シカの角が洒落てます。北海学園大学の管理です。
2016年02月20日 11:59撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シカの角が洒落てます。北海学園大学の管理です。
5

感想/記録

夕方から所用のため短時間で歩ける札幌近郊の山を選定しました。
予想外に天気が良さそうなので豊羽鉱山からの山も候補にあがりましたが、
未踏ピーク狙いで「庚申草山」としました。
この山は、地形図には標記がありませんが、三等三角点で点名:庚申草(こうしんそう)で通称で庚申草山と呼ばれ山頂標もあります。
夏も山頂付近まで延びている林道を利用した登頂記録が多数あり、無意根大橋からの天を突くような山頂意欲を掻き立てる山容や眺望の良さが人気の秘密かもしれません。
無意根山の純白の姿に、今日なら登頂可能だったとちょっと悔しい気持ちになりましたが、来週以降も好天に期待しましょう。
訪問者数:324人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/7/31
投稿数: 28
2016/2/23 11:59
 はじめまして、
去年のヤマレコ忘年会時に少しお話をさせて頂きましたが、覚えてらっしゃいますか?
シブイ所に出掛けてらっしゃいますね〜!中山小屋って知りませんでした、立派な小屋ですね!
登録日: 2014/1/14
投稿数: 52
2016/2/23 12:50
 Re: はじめまして、
こんにちは。ヤマレコ忘年会にて、もちろん覚えてますよ。砥石山のお話しをした記憶があります。その節はありがとうございました。
庚申草山、確かにシブいですが、自称ピークハンターですので、目にとまった山はマイナーピークも獲物にしています。笑
最近ヤマレコ始められたのですね。
今後のご活動、楽しみに拝見させて頂きます。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アプローチ 林道 三角点 直登
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ