ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 815733 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走蔵王・面白山・船形山

甑岳(敗退)

日程 2016年02月21日(日) [日帰り]
メンバー TONO
天候曇り/雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
■東沢バラ公園の駐車場を利用。
■駐車場は雪に覆われていますが、除雪されている場所もあります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間1分
休憩
52分
合計
4時間53分
Sスタート地点09:2609:36幕井貯水池09:4110:24幕井登山口10:2811:04馬立沼11:1011:51幕井コース分岐(稜線)11:5212:05標高773m地点12:1312:23幕井コース分岐(稜線)12:3312:54馬立沼13:1013:34幕井登山口14:06幕井貯水池14:0814:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■幕井コースで稜線に上がって、すぐに現れる急斜面は雪の状態により要注意。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

バラ公園駐車場の一番東側に駐車。
2016年02月21日 09:27撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バラ公園駐車場の一番東側に駐車。
出発した時点では青空も覗いていた。
2016年02月21日 09:32撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発した時点では青空も覗いていた。
岩神コースの分岐を右に見送り直進して幕井コースに向かう。
2016年02月21日 09:38撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩神コースの分岐を右に見送り直進して幕井コースに向かう。
1
悪雪に足を取られて歩きにくいのでワカンを着けた。
2016年02月21日 09:50撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
悪雪に足を取られて歩きにくいのでワカンを着けた。
2
1時間ほど林道を歩く。
2016年02月21日 09:50撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1時間ほど林道を歩く。
整備された林道が終わり道幅が狭まる。
2016年02月21日 10:13撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
整備された林道が終わり道幅が狭まる。
沢にかかる橋は完全に出ている。やはり雪が異常に少ない。
2016年02月21日 10:25撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢にかかる橋は完全に出ている。やはり雪が異常に少ない。
3
植林帯を登る。トレースは不明瞭だが、テープが所々にあってルートはわかりやすい。
2016年02月21日 10:59撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植林帯を登る。トレースは不明瞭だが、テープが所々にあってルートはわかりやすい。
馬立沼の分岐。ここで小休憩。
2016年02月21日 11:05撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬立沼の分岐。ここで小休憩。
1
ここから急登。夏道は九十九折だが、ショートカットしつつ高度を上げる。
2016年02月21日 11:22撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから急登。夏道は九十九折だが、ショートカットしつつ高度を上げる。
2
開けた所に飛び出した。ガスがかかり先があまり見通せない。トレースらしきものはなく、テープも見失ったので、GPSで場所を確認しながら進む。
2016年02月21日 11:38撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開けた所に飛び出した。ガスがかかり先があまり見通せない。トレースらしきものはなく、テープも見失ったので、GPSで場所を確認しながら進む。
1
この急斜面を一登りすれば稜線に出る。
2016年02月21日 11:44撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この急斜面を一登りすれば稜線に出る。
1
幕井コースの分岐点に立つ標柱。ここから稜線歩きだ。
2016年02月21日 11:51撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幕井コースの分岐点に立つ標柱。ここから稜線歩きだ。
1
稜線に出ると風が強い。前方に急な斜面が見える。このコースの核心部と思っていたところだ。
2016年02月21日 11:52撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出ると風が強い。前方に急な斜面が見える。このコースの核心部と思っていたところだ。
3
夏道はここを巻いているが、雪はグズグズな感じだし、けっこな斜度なのでトラバースするのは厭らしい。
2016年02月21日 11:54撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏道はここを巻いているが、雪はグズグズな感じだし、けっこな斜度なのでトラバースするのは厭らしい。
ストックをピッケルに持ち替え斜面を直登することに。ワカンを雪面に蹴り込みピッケルを軸にガシガシ登る。
2016年02月21日 11:57撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ストックをピッケルに持ち替え斜面を直登することに。ワカンを雪面に蹴り込みピッケルを軸にガシガシ登る。
2
急な斜面を登り切り、ここから稜線漫歩と思っていたが、横殴りの雪になってきた。これ以上は無理せず撤収することに。
2016年02月21日 12:05撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急な斜面を登り切り、ここから稜線漫歩と思っていたが、横殴りの雪になってきた。これ以上は無理せず撤収することに。
3
登りはワカンでいけたが、下りは念のためアイゼンを装着。
2016年02月21日 12:13撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りはワカンでいけたが、下りは念のためアイゼンを装着。
2
雪が団子になるのでアイゼンの雪を叩き落としながら下る。急な所は通過して一安心。
2016年02月21日 12:18撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が団子になるのでアイゼンの雪を叩き落としながら下る。急な所は通過して一安心。
1
雪庇の向こうに下界が見えた。下は晴れているようだが、頭上には鉛色の雪雲が。
2016年02月21日 12:30撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪庇の向こうに下界が見えた。下は晴れているようだが、頭上には鉛色の雪雲が。
2
アイゼンを外して再びワカンを装着。稜線を離れ下山します。
2016年02月21日 12:33撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイゼンを外して再びワカンを装着。稜線を離れ下山します。
2
ガスがかかり視界不良。
2016年02月21日 12:37撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスがかかり視界不良。
自分のトレースを追ってどんどん下ります。
2016年02月21日 12:41撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自分のトレースを追ってどんどん下ります。
ここまで下りると陽が差していた。
2016年02月21日 12:54撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで下りると陽が差していた。
3
分岐からすぐなので馬立沼を見に行く。なんてことはない沼です。
2016年02月21日 13:05撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐からすぐなので馬立沼を見に行く。なんてことはない沼です。
1
植林帯を下る。右に沢を確認、左に急斜面を見て下って行く。やがて左の深い沢を避けて浅くなった右の沢を渡る。
2016年02月21日 13:14撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植林帯を下る。右に沢を確認、左に急斜面を見て下って行く。やがて左の深い沢を避けて浅くなった右の沢を渡る。
1
しばらく行くと橋が見えてきた。
2016年02月21日 13:35撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく行くと橋が見えてきた。
1
林道を行く。途中でワカンを外したが、足を取られ歩き難い。やはりこういう時はスノーシューだよな。
2016年02月21日 13:46撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を行く。途中でワカンを外したが、足を取られ歩き難い。やはりこういう時はスノーシューだよな。
幕井貯水池を見て行く。
2016年02月21日 14:08撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幕井貯水池を見て行く。
2
今年はもう冬も終わりかな・・・1ヶ月くらい早い感じ。早や山は残雪期の趣きでした。
2016年02月21日 14:09撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年はもう冬も終わりかな・・・1ヶ月くらい早い感じ。早や山は残雪期の趣きでした。
3
駐車場に到着。山頂に行ってないのに結構疲れた。
2016年02月21日 14:19撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場に到着。山頂に行ってないのに結構疲れた。

感想/記録
by TONO

 この日は西から天気は下り坂。山に行くなら午前中勝負と思っていたが、起きたらすでに7時半過ぎ。時間的に山頂までは届かないと思いつつ、厳冬期に狙っていた甑岳へと向かった。それにしても途中の温度計はなんと8℃!もはや厳冬期じゃないし。こうなると雪は落ち着いているだろうと思いつつ、駐車場からザックにワカンとアイゼンを括り付けて歩き始めた。グズグズの雪に足を取られ早々にワカンを着けるが、スノーシューの方が歩き易かったかな。林道終点の幕井コース入口にかかる橋は完全に出ていて雪の少なさを実感。植林帯を上がり開けると稜線までは一登り。稜線に立つ分岐の標柱を確認し進む。すぐに急な斜面が前方に現れる。地形図を見るとこのコースでここが一番傾斜がきつい箇所だ。夏は巻いて行くが、トラバースは厭らしいので直登することに。ピッケルに持ち替えワカンを蹴り込んでガシガシ登る。登り切ると斜度は緩んだが、横殴りの雪に行手を阻まれる。時間は12時過ぎ。出発があと2時間早ければ山頂を踏めたかも・・・とちょっと残念でしたが、また天気の良い時の再チャレンジを誓い、ここで撤収を決めた。まだ2月中旬だというのにスッカリ残雪期の山を感じた山行でした。(TONO)

訪問者数:178人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ