ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 815884 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

雷電山(青梅・成木あたりをグルッと)

日程 2016年02月21日(日) [日帰り]
メンバー thin_rider
天候小雨のち曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
成木八丁目交差点付近のスペースに停める
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間7分
休憩
32分
合計
5時間39分
Sスタート地点08:1608:59ノスザワ峠(ノスゾウ峠)09:28三方山(石神入山)09:32ノスザワ峠(ノスゾウ峠)09:41マスガタ山09:4209:51物見山09:5309:58名郷峠10:06辛垣山10:1110:28雷電山10:3510:52榎峠10:5611:51松ノ木峠11:5412:12ノボリオイゾネ381m峰12:16茗荷峠(稲詰峠)12:2112:35夕倉山12:3913:24ノボリオイゾネ319m峰13:2513:55ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険を感じる所は有りませんでした。
松ノ木トンネルから東進するコースは、あまりハッキリしたルートにはなっていないので尾根を間違えないように方向確認しながら、になりました。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ(1) ソフトシェル(1) ズボン(1) 靴下(1) グローブ(1) 雨具(1) 帽子(1) 靴(1) ザック(1) 昼食(1) 行動食(1) 非常食(1) 飲料(1) 地図(1) コンパス(1) ライト(1) 予備電池(1) GPS(1) 常備薬(1) 携帯TEL(1) 時計(1) タオル(1) ストック(1) カメラ(1) ロープ(1)

写真

成木八丁目交差点付近のスペースに停める
歩道からしか入れないので2輪限定
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
成木八丁目交差点付近のスペースに停める
歩道からしか入れないので2輪限定
梅が咲き始めた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梅が咲き始めた
1
栗平林道の入口
右に見えるのは登山ポストじゃなくて、住民の方の郵便ポスト
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗平林道の入口
右に見えるのは登山ポストじゃなくて、住民の方の郵便ポスト
1
栗平林道はかなり上まで街灯が有るなぁと思ったけど、この先に民家があった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗平林道はかなり上まで街灯が有るなぁと思ったけど、この先に民家があった
栗平林道の車止め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗平林道の車止め
小雨模様で山から水蒸気が舞い上がる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小雨模様で山から水蒸気が舞い上がる
栗平林道の行き止まり
ここから尾根に登って行く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗平林道の行き止まり
ここから尾根に登って行く
青梅線41鉄塔より
手前の暗い山、遠くの明るい山、青い空、暗い雲のコントラストが素晴らしい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青梅線41鉄塔より
手前の暗い山、遠くの明るい山、青い空、暗い雲のコントラストが素晴らしい
雷電山辺りは青梅丘陵ハイキングコースになってて、整備されてる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷電山辺りは青梅丘陵ハイキングコースになってて、整備されてる
「企業の森東芝府中」って看板のトコから雲が掛った男体山が見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「企業の森東芝府中」って看板のトコから雲が掛った男体山が見える
1
なかなか良い眺め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか良い眺め
JR古里線18鉄塔より
黄色っぽくなってるトコは花粉症の元かも
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
JR古里線18鉄塔より
黄色っぽくなってるトコは花粉症の元かも
辛垣城址っていうトコの一部なんでしょうか、大きな岩が並んでる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
辛垣城址っていうトコの一部なんでしょうか、大きな岩が並んでる
1
辛垣山(城址)の案内図
どこがどうなのか、よく判らなかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
辛垣山(城址)の案内図
どこがどうなのか、よく判らなかった
雷電山のお印
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷電山のお印
1
雷電山からの眺め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷電山からの眺め
道路にチョットだけ残雪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道路にチョットだけ残雪
モヒカン山(私が名付けました:笑)の右側面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モヒカン山(私が名付けました:笑)の右側面
1
モヒカン山の左側面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モヒカン山の左側面
1
電力線のメンテナンス道から登って行きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
電力線のメンテナンス道から登って行きます
薬きょうが落ちてた
この後、心配だからスズ付けた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬きょうが落ちてた
この後、心配だからスズ付けた
馬頭観音のある尾根に出た
後ろの解説に1698年建立って書いてた。古いんだねぇ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬頭観音のある尾根に出た
後ろの解説に1698年建立って書いてた。古いんだねぇ。
祠の跡らしい。
手前の「神」と向こうの鳥居マークだけが、辛うじて読めた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祠の跡らしい。
手前の「神」と向こうの鳥居マークだけが、辛うじて読めた
微笑むツバキにズキュンとやられた(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
微笑むツバキにズキュンとやられた(笑)
1
サルノコシカケ?大きなキノコがいっぱい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サルノコシカケ?大きなキノコがいっぱい
旧石炭採掘場跡らしい
辺りに車輪みたいな残骸があった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧石炭採掘場跡らしい
辺りに車輪みたいな残骸があった
茗荷峠のお印
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茗荷峠のお印
夕倉山のお印
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕倉山のお印
1
「七」しか読めない鉄塔の所より南側
電線が外されてたから使ってない鉄塔なんでしょう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「七」しか読めない鉄塔の所より南側
電線が外されてたから使ってない鉄塔なんでしょう
「七」鉄塔より北側
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「七」鉄塔より北側
崖の所に到達
ここから曲がって行く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崖の所に到達
ここから曲がって行く
崖の向こうは、こんなだった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崖の向こうは、こんなだった
1
可愛いくて連れて帰りたい
でも、とって良いのは写真だけ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
可愛いくて連れて帰りたい
でも、とって良いのは写真だけ
1
お寺の所で道路に出た
ここからは道路を戻る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お寺の所で道路に出た
ここからは道路を戻る

感想/記録

今日は雪が無いであろう超近場にしてみた・・・みた。。。
成木八丁目交差点の橋の脇スペースにバイクを停めて、栗平林道から入って雷電山へ向かって行くです。
栗平林道は脇をせせらぎが流れる良さげな舗装路でありました。ずいぶん上まで街灯が有るなぁ、って思ったけど、かなり上の方に民家が有ったんで納得。車止めを過ぎるとまもなく終点で、そこからは尾根に登って行ったのであった。
ここは、青梅丘陵ハイキングコースってなってて整備されたルートになってましたです。北東側の眺めが良い所が、所々に有って飽きさせません。
今日の最高所は雷電山、494mであります。おじぃちゃん、おばぁちゃんが沢山いて込み合ってたもんで写真だけ撮ったら下りに入ります。
道路をトコトコ歩いてたら、尾根に大きな木がトサカ状に残してあって山肌は植え替えたばかりに幼木になってる山が・・・山名は不明・・・勝手にモヒカン山って名前にして右と左から記念写真を残しておきました。
で、後半戦は松ノ木トンネルの手前から電力メンテ道を尾根に登って、ノボリオイゾネ319m峰まで尾根道を歩いてみましたです。
踏み跡少ないです。危険な感じは無いですが尾根の分岐するところでは方向確認していかないとダメな感じで、森の中感を感じるには大変宜しいかと。
展望が有る所はほとんど有りませんでして、最後のノボリイゾネ319m峰で削られた山の跡が(今も積み出しされていた)開けてましたです。

山の中感で癒されましたです。
まずまず・・・まずまず。。。
訪問者数:174人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

サル 登山ポスト
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ