ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 815912 全員に公開 ハイキング伊豆・愛鷹

愛鷹山 深山城跡を訪ねて

日程 2016年02月21日(日) [日帰り]
メンバー pixus
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
40分
休憩
0分
合計
40分
Sスタート地点14:5915:39ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
須山の黒岳のふもとに昔から祟りのあると恐れられた古寺があると聞いていたのでいずれ確認に行こうと思っていましたが、地元の案内の方と行くと裾野市指定文化遺産「深山城」であることがわかりました。
裾野市の説明板によると鎌倉時代に源実朝が暗殺された後にに源義経の同母兄 阿野全成が家督を主張して立て篭った城であることがわかりました。
コース状況/
危険箇所等
裾野市指定文化遺産
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

市の看板がありハイキングコース?
2016年02月21日 14:59撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
市の看板がありハイキングコース?
1
土塁が見られます。
2016年02月21日 15:00撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土塁が見られます。
城址の石積み
2016年02月21日 15:01撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
城址の石積み
佐野川の自然堀と空堀り等に挟まれています。
2016年02月21日 15:02撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
佐野川の自然堀と空堀り等に挟まれています。
晴天の時はエメラルドグリーンで美しいとの事です。
2016年02月21日 15:02撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴天の時はエメラルドグリーンで美しいとの事です。
各曲輪の位置がかなり離れており、城としてはかなり大きなものであったのではと思われます。
2016年02月21日 15:04撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
各曲輪の位置がかなり離れており、城としてはかなり大きなものであったのではと思われます。
城郭に後年尼寺が建てられたとの事ですが、どんな寺であったのでしょうかね?
尼寺にまつわる伝説は全国にもいろいろあります。
2016年02月21日 15:06撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
城郭に後年尼寺が建てられたとの事ですが、どんな寺であったのでしょうかね?
尼寺にまつわる伝説は全国にもいろいろあります。
これはビックリ、大渓谷
2016年02月21日 15:14撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これはビックリ、大渓谷
1
不思議な石積み。護岸に石が積んであるのは初めて見ました。堀としての補強なのか災害防止なのか?
説明には獣囲いと書いてありました。なんだろうか?
2016年02月21日 15:14撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不思議な石積み。護岸に石が積んであるのは初めて見ました。堀としての補強なのか災害防止なのか?
説明には獣囲いと書いてありました。なんだろうか?
2
旧家に伝わる戦国期の日本刀 本物です。
2016年02月21日 14:37撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧家に伝わる戦国期の日本刀 本物です。
撮影機材:

感想/記録
by pixus

驚いたことに城の城郭等はよく残っていて、当時を思い起こすことはできました。また石積みが残っていて貴重な文化遺産であると感じました。
江戸期に尼寺となっており、その塚から遺品が出土して、その中の副葬品を持ち帰った村人が次々と謎の死を遂げたと言い伝えられているようです。
その真偽はよくわかりませんが、付近の旧家に伝わる日本刀を見せていただくことができました。
訪問者数:278人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

渓谷
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ