ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 815919 全員に公開 ハイキング東海

ワカン不要の御池岳

日程 2016年02月21日(日) [日帰り]
メンバー dedeppo5, その他メンバー1人
天候西風に乗った小雪が舞い降りたり、青空が覗いたりの曇天
アクセス
利用交通機関
R306は冬期閉鎖中で、三重県側ゲートが登山口となります。
R306は勿論、コグルミ谷右岸尾根から真ノ谷出合迄は殆ど雪は消失。
真ノ谷出合から御池岳間はアイゼン使用。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

車道には、この様に、残雪は皆無。車道への落石も小石程度。冬期閉鎖の早期解除が予測されます。
2016年02月21日 06:42撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道には、この様に、残雪は皆無。車道への落石も小石程度。冬期閉鎖の早期解除が予測されます。
4
県境尾根もこの程度。今朝、チラチラ、小雪も舞ったので土の部分も若干白く見えます。
2016年02月21日 08:39撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県境尾根もこの程度。今朝、チラチラ、小雪も舞ったので土の部分も若干白く見えます。
1
朝、早立ちしたので余裕もあり、昨年道迷いしたら処から更に奥へ。大樹を見つけては、暫し、眺める。
2016年02月21日 09:13撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝、早立ちしたので余裕もあり、昨年道迷いしたら処から更に奥へ。大樹を見つけては、暫し、眺める。
4
雪は少ないとは言え、谷筋は、残雪もそそれなりで、ここでアイゼンを着けました。
2016年02月21日 09:53撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪は少ないとは言え、谷筋は、残雪もそそれなりで、ここでアイゼンを着けました。
2
ここを含め、テーブルランドはアイゼン不要。
2016年02月21日 10:57撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを含め、テーブルランドはアイゼン不要。
6
奥ノ平のシンボルは、西風が強いので、この時間でも辛うじて、痩せた霧氷が残ってました。
2016年02月21日 11:11撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥ノ平のシンボルは、西風が強いので、この時間でも辛うじて、痩せた霧氷が残ってました。
3
今冬もボタンブチにお参りし
2016年02月21日 11:20撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今冬もボタンブチにお参りし
8
昨年からは予想もされない、雪の無いテーブルランドを後にします。
2016年02月21日 11:21撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨年からは予想もされない、雪の無いテーブルランドを後にします。
4
雪の無い今日の登山は、余りに寂しいので、帰路は、真ノ谷分岐まで、谷筋の夏道を降りて来ました。
2016年02月21日 11:44撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の無い今日の登山は、余りに寂しいので、帰路は、真ノ谷分岐まで、谷筋の夏道を降りて来ました。
5
撮影機材:

感想/記録

冬の御池岳登山ルートとして、三重県側は、コグルミ谷右岸尾根がメジャー化しつつあるが、登山道としての整備は全くして居ない。

特に、登山口から1/4程は常緑樹に阻まれ、地形把握が非常に難しい。この、低木常緑林でも、積雪時は明らかに、先行者のトレースを辿れるが、無雪期の常緑林は藪となることから、この右岸尾根も例外ではなく、下りは非常に難易度が高くなる。

この事を理解した上で入山することを希望する。
訪問者数:444人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/2/15
投稿数: 252
2016/2/21 23:08
 去年と全然違いますね
こんばんは、dedeppo5さん。
写真見せて頂いて、去年と雪の量が全然違いますね。
右岸尾根は雪が無いと、登山道では無くて藪なのですか、
全然知りませんでした。
来週でも天気が良ければ、御池も候補としていたのですが、
これだけ雪が少ないと考えてしまいます。
やはり雪が少ないようだと、コグルミ谷からの方が、
良いのかも知れませんね。
参考になりました、ありがとうございました。
登録日: 2013/12/29
投稿数: 258
2016/2/22 9:44
 Re: 去年と全然違いますね
コグルミ谷の利用は未だ早いかなー?
この谷は、北に伸びてる谷なので、まだ雪が残ってると思われます。この時期、登山道の雪は、下が空洞になって居て、踏み抜きが多く苦労しますよ。

それよりは、ご経験のある右岸尾根が歩き易いです。
尾根ですから、登る分には高みを目指せば全く問題無いので、下りで、標高730mから、地形を確認しながら下山して下さい。(参考ですが:来た道を戻る藪漕ぎ計画の時には、私は、帰路の目印として、要所ようしょに、白い紙テープを結んで入ります。特に、場所・地形を確認し難い平地やブロード斜面の藪では丁寧にね。巻いたテープは、帰りには回収しますが、回収忘れでテープが残っても、雨かぜで風化してくれと願いつつ:ゴメン、藪こぎします)

右岸尾根でも、目の高さの常緑帯では、木の立ち上がり部分の、透けてる幹の部分に巻いておくと、視認は易いです(最悪はGPSの出番となりますが)
登録日: 2012/9/8
投稿数: 323
2016/2/22 21:23
 ありがとうございます
dedeppo5さんとの山行を天気の加減で入れ違い仙に入れてしまったとH氏が悔やんでおられました。
どうか彼をお許しください。
また鈴鹿上高地辺りでご一緒しましょう。
楽しみにしています。
登録日: 2013/12/29
投稿数: 258
2016/2/22 22:15
 Re: ありがとうございます
あの登り下りの専用ハシゴ。登った事が無いんです。
山ガール同様、どうぞ、山ジーもお誘い下さいね。
登録日: 2012/9/8
投稿数: 323
2016/2/23 8:34
 Re[2]: ありがとうございます
こちらこそ、よろしくお願いしますね!
登録日: 2013/11/19
投稿数: 76
2016/2/23 22:11
 山の情報を、ありがとうございました。
こんばんは、dedeppo5さん。
お二人が駐車地を出発する 6時頃に自分とお話をしてますよね。
どこから? 地元、名古屋、雪の状況、ワカン持ってきます? とか
その話を聞いて自分たちはワカンを持っていかない事にしました。

下山してからレコを見て、お話をしたのが dedeppo5さんだと分かりました。
自分は以前に dedeppo5さんの冬の藤原レコで P1128 の存在を知り単独で、
それと前出のgorira さんとも一緒に目指したこともあります。
少しだけしまったです。赤い車だと気がついたのですが、、、
dedeppo5さんと分かっていればお礼を言いたかったです。

鈴鹿の下りの後半で、自分はよく痛い目にあっているので
白い紙テープを真似してみます。紙だと確かに気が楽ですね
又、いつか鈴鹿でお会いした時は 面白いコースをおしえてくだい。
登録日: 2013/12/29
投稿数: 258
2016/2/24 14:43
 Re: 山の情報を、ありがとうございました。
朝、ゲートでお話しした方は、お若いので我々は直ぐに抜かれるよと、相方と話しながら登ってましたが、一向に追って来ず、コグルミ谷か鞍掛に向かったと思ってました。

真ノ谷からテーブルランドへ直登なさったんですね。
健脚のお三方ですから可能なので、羨ましい限りです。
どうも、お疲れさまでした。

今年は積雪も少なく、雪崩の心配は考慮しなくても良いので、あの日は、私も少しだけ真ノ谷を覗き度く、谷まで降りて見ましたが、雪の登りを増やしただけで、本当に疲れました。

私は体力も無いので、イノシシみたいに、藪をウロチョロしてますから、面白い処など知りませんが、山で、オレンジのヘルメットを被った爺さんは私ですから、どうぞ、元気づけて下さいね。
わざわざ、お寄り下さり、有り難うございます。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン 右岸 道迷い 霧氷 落石
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ