ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 816021 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走中央アルプス

坊主岳 雪少なし急登りを楽しむ

日程 2016年02月21日(日) [日帰り]
メンバー okinawa123, その他メンバー2人
天候晴れ時々曇り 風 スタートは有りそうに思ったが、山頂はそれ程でも。 
気温 登山口 出発時1° 下山時10° 山頂3°
アクセス
利用交通機関
車・バイク
伊那ICより約30分 奈良井ダム湖が見えてくるとアイスバーンです、帰りもアイスバーンでした日陰です。
インターを出てコンビニ3件有
駐車場 登山口の入り口を曲がって、河原まで降りれました、キャパ5台 坂下にも雪は無し。
トイレ 無し
登山ポスト 坂下の駐車地に有り
2月でここに雪が無いのは初めてです。
帰りはR19で中津川ICへ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間45分
休憩
2時間6分
合計
5時間51分
Sイノコ沢登山口07:2908:22小坊主岳08:3210:21坊主岳11:4812:27小坊主岳12:5113:14イノコ沢登山口13:1913:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
イノコ沢登山口1092m 7:22
7:27 1100m 7:27
7:35 祠 7:36
7:44 1200m 7:44
8:00 尾根に出る 8:00
8:03 1300m 8:03
8:19 1400m 8:19
8:25 4等三角点 1439m 8:32
8:44 1500m 8:44
8:53 1550m 杭 8:53
9:03 1600m 9:03
9:09 休憩 9:14
9:24 1700m 9:24
9:37 1800m 9:37
9:40 1805m展望良 9:58
10:09 あと10分の岩通過 10:09
10:10 1900m 10:10
10:22 佛谷分岐 10:22
10:24 山頂1960m 11:48
11:52 1900m 11:52
11:59 1800m 11:59
12:05 1700m 12:05
12:11 1600m 12:11
12:13 1550杭 12:13
12:17 森の親分 12:17
12:19 1500m 12:19
12:26 1428m4等 つぼ足 12:51
12:54 1400m すれ違う 12:54
13:01 1300m 13:01
13:08 1200m 13:08
13:12 祠 13:12
13:14 1100m 13:14
13:16 イノコ沢登山口 13:16
13:17 橋 13:18
13:18 P地1074m

行程 5:56
登り 3:02
下り 1:30
コース状況/
危険箇所等
登山口−1200m−尾根
雪は無し
リボン有ますが、道が入り乱れ、歩き易い道を歩む。 
ダム湖を見えるか見えないか位を登って行くのが良、右のトラバースは藪漕ぎに成ります、急ですが尾根に乗るのを優先します
つぼ足で歩く
途中に祠が有ります、安全祈願です
出会った人 0
出会った動物 無し
危険箇所 ダートの急斜面

尾根−1300m−1400m−1500m急登り
雪は無し ツボ足
ルート明瞭
危険箇所 とにかく急登りです、焦らないで登ります
出会った人 0
出会った動物 無し

1500m−1600m
ルート明瞭
この間は傾斜が緩みます
4等三角点でしばし休憩
三角点を越えてから、積雪が出て来ます、まだら状態10cmレベルです
出会った人 0
出会った動物 無し

1600m−1700m-1800m
再び急登りです、積雪部の前後が氷の氷壁です
時折、脇の笹の斜面を登ります、ツボ足で頑張る
ルート明瞭
出会った人 0
出会った動物 無し
危険箇所 アイスバーンで滑らないように、細心の注意が必要

1800m-1900m
とにかく急登りです、樹林が濃い所を抜けます
アイゼンを付けるか迷いながら、アイスバーンを交わしながら登りました。ツボ足
出会った人 0
出会った動物 無し
危険箇所 ダート、アイスバーン、積雪が繰り返し現れます
佛谷の展望は良、中ア、御岳は雲の中

1900m−1945m−山頂
山頂までツボ足で登りました、初めてオール夏道で歩きました。
雪の少なさにびっくりです。
立派な標柱が有ります。祠もベンチも全て出ています。
出会った人 0
出会った動物 無し
危険箇所 毎年山頂直下のラッセルで苦労しますが、今回は氷壁に苦労しました
残り10分のペイントは初めて見ました。

山頂
一応に積雪は有りますが、少ないです。
佛谷の尾根、雪庇と稜線を毎年眺めますが、今回は皆無
霧氷も無し、仏谷と経ヶ岳は白い樹氷が見えていました
佛谷、経ヶ岳絶景です 八ヶ岳絶景です
木曽駒ケ岳 雲に隠れていますチラ見程度
御嶽山 雲に隠れて残念です
乗鞍岳 雲でNG
穂高連峰 雲でNG 鉢盛山が絶景
風も少し有ります、スノーショベルで風下にビバーグテラスを作って、マッタリします陽が射して温いです
春近しでしたね

下山はアイゼンとダブルストックで下りました、氷壁に爪を利かせて、下山します。
半分はダートをアイゼンで下っています
出会った人 2名
出会った動物 無し
危険箇所 4等三角点までアイゼン、ここからツボ足
しかし 此処から下も急下りです、葉っぱの下が泥濘で、よく滑ります。
スリップを何度も体験しながら、無事下山、尻餅一回
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 30Lザック レインウエア 防寒着(1) コンロ 2食 非常食 ヘッテン ストック デジカメ GPS 予備電池 タオル グローブ(4) ゴム手 ザックカバー ザブトン 12アイゼン ピッケル スノーシュー ネックウォーマー(2) マグカップ バラクバラ スノーショベル シェルト

写真

登山口の標識
2016年02月21日 07:25撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口の標識
ダム湖には何時ものように、氷が張ってる
2016年02月21日 07:26撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダム湖には何時ものように、氷が張ってる
2
さて急登りを楽しもう!
2016年02月21日 07:27撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて急登りを楽しもう!
祠 安全祈願
2016年02月21日 07:35撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祠 安全祈願
青空が出ています
2016年02月21日 07:36撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空が出ています
4
寒くなよね、今日は。
2016年02月21日 07:54撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寒くなよね、今日は。
上空は良い感じですが
2016年02月21日 07:54撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上空は良い感じですが
2
4等(小坊主岳)
2016年02月21日 08:25撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4等(小坊主岳)
陽が射すと温い
2016年02月21日 08:26撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陽が射すと温い
2
積雪が時々
2016年02月21日 08:38撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
積雪が時々
所々にアイスバーンが出て来ます
2016年02月21日 09:08撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々にアイスバーンが出て来ます
2
佛谷が見えて来ました
2016年02月21日 09:41撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
佛谷が見えて来ました
1
初めて見つけたペイント!
2016年02月21日 10:09撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めて見つけたペイント!
1
ツルツルを避けて、一歩一歩登ります
2016年02月21日 10:21撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツルツルを避けて、一歩一歩登ります
1
山頂間近、夏山みたい
2016年02月21日 10:22撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂間近、夏山みたい
1
山頂の祠 バックは御嶽山ですが、隠れています
2016年02月21日 10:24撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の祠 バックは御嶽山ですが、隠れています
3
黒沢山、佛谷、経ヶ岳
2016年02月21日 10:25撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒沢山、佛谷、経ヶ岳
5
中坊主岳方面
2016年02月21日 10:25撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中坊主岳方面
3
ビバーグテラスでマッタリ
2016年02月21日 10:40撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ビバーグテラスでマッタリ
4
八ヶ岳 絶景です
2016年02月21日 11:44撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳 絶景です
2
下山 アイゼンで下ります。
氷壁の下りを、安全第一に。
2016年02月21日 11:58撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山 アイゼンで下ります。
氷壁の下りを、安全第一に。
1550mの三角点
2016年02月21日 12:13撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1550mの三角点
ここのルートの親分です
2016年02月21日 12:17撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここのルートの親分です
1
4等三角点までアイゼンで下る
此処からツボ足に
しかし この先のダートが良く滑ります
2016年02月21日 12:27撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4等三角点までアイゼンで下る
此処からツボ足に
しかし この先のダートが良く滑ります
奈良井ダム湖が眺めれると程なく
2016年02月21日 13:16撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奈良井ダム湖が眺めれると程なく
登山口です
2016年02月21日 13:16撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口です
撮影機材:

感想/記録

毎年お邪魔します坊主岳。今回は山友2名と歩きました、初めて全夏道、ツボ足で登れました。
独特な展望と短距離急登りに、なぜか魅力を感じます。
この山で、様々な雪質を体験しています、今回は残雪のアイスバーンでした。
でも山頂は、気持ちよい眺め、雪もそこそこ有りテラスが作れました。
また来年もお邪魔します。
何時かは佛谷を狙ってみたいですが、私の力量では、しばらく無理ですね。

装備
30Lザック 
レインウエア ダウンジャケット グローブ3種 ゴム手袋 帽子 
コンロ 2食 非常食 ゴーグル 水1.2L 
ストック スノーシュー 12本アイゼン ピッケル スノーショベル
携帯電話 デジカメ ヘッテン 予備電池 GPS シェルト
座布団 ネックウォーマー バラクバラ
訪問者数:363人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ