ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 816077 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

天狗塚(長峰山)〔ハチノス谷西尾根〜杣谷道〕【六甲摩耶、兵庫県】

日程 2016年02月21日(日) [日帰り]
メンバー otoh
天候晴れ、一時的に小雪等
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車
●今回の移動
自宅 = 灘丸山公園〜ハチノス谷西尾根〜長峰山〜杣谷峠〜灘丸山公園 = 自宅

●登山口へのアクセス
○灘丸山公園)
・阪急六甲駅から北上すると「六甲登山口」交差点。ここで西へ進路を取ると、通称「山麓線」。これを歩き続け、六甲川、護国神社、杣谷川と越えていく。杣谷川を超えて50mほどにある信号交差点を右折すると、一方通行逆向き。これを登り続ける。複雑な四つ角の左側上方に灘丸山公園がある。ちなみに、更にその道を上り最後杣谷川を渡るように道なり右へと曲がる手前に、山への入口がある
・駐車場はあるが、公園利用以外では駐車してはいけないとあるので、その辺りを踏まえた利用が望ましかろう。公園から7、8分の距離にコインパーキングがある
・バス利用も可能。神戸市営バス102系統(JR六甲道〜JR灘〜阪急王子公園〜摩耶ケーブル下)に乗ると、阪急王子公園駅から約26分、JR灘駅北口から22分。本数は少なく、8時〜17時台に約40〜50分間隔


経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち43%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間56分
休憩
33分
合計
3時間29分
Sスタート地点12:2612:40杣谷堰堤12:4312:51ハチノス第二堰堤12:5313:13ハチノス大滝13:43長峰山(天狗塚)14:0914:35杣谷峠14:59寒滝15:0015:35杣谷堰堤15:3615:55ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
●コースタイム
灘丸山公園 1230 ― 長峰登山口(A) 1236 ― 杣谷堰堤 1240 ― 杣谷・山寺道分岐(B) 1245
― ハチノス谷西尾根入口 1248 ― 最初の鉄塔 1254 ― 次の鉄塔 1259 ― 三番目の鉄塔 1323
― 尾根移り 1329 ― 山頂部尾根との合流点1341 ― 天狗塚 1342/昼食/1409
― 少年の家分岐 1421 ― 少年の家・山羊戸渡分岐 1424 ― 少年の家正門 1429 ― 杣谷峠1435
― 摩耶第四堰堤 1450 ― 摩耶第三堰堤 1459 ― 摩耶第二堰堤1511 ― 摩耶砂防ダム 1526
― (B) 1531 ― (A) 1541/1546 ― 灘丸山公園下 1555

●行動時間  3:25

コース状況/
危険箇所等
●コース状況
○ハチノス谷西尾根
・下部の入口は杣谷道の途中にある。山寺尾根を分けてから約3分、杣谷道の標柱に手書きで入口が示されている。上部の入口は長峰山(天狗塚)から東へ約50m行ったところ。尾根道の標柱に分岐らしき標示があり、よくみると“ハチノス谷西尾根”とマジックで書いてある
・途中に道迷いはまずないが、尾根の移り変わり点では踏み跡が複数あるためテープなどをよく確かめながら進みたい

その他周辺情報●買う、食べる
・阪急六甲近傍等には、多数のコンビニやスーパーがある。護国神社前付近にもコンビニやコープ篠原がある

●日帰り温泉
・市内の日帰り温泉が利用しやすい

過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

灘丸山公園の東側を上る舗装路が右の橋へと屈曲する辺り、杣谷道や山寺尾根への入口がある【灘丸山公園〜杣谷・ハチノス西尾根分岐】
2016年02月21日 12:36撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
灘丸山公園の東側を上る舗装路が右の橋へと屈曲する辺り、杣谷道や山寺尾根への入口がある【灘丸山公園〜杣谷・ハチノス西尾根分岐】
1
山道に入ってすぐに「杣谷堰堤」。同堰堤は文化財指定されている。長い防災の歴史を感じる【灘丸山公園〜杣谷・ハチノス西尾根分岐】
2016年02月21日 12:39撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山道に入ってすぐに「杣谷堰堤」。同堰堤は文化財指定されている。長い防災の歴史を感じる【灘丸山公園〜杣谷・ハチノス西尾根分岐】
今日行く一帯。ハチノス西尾根は記載がない。ついでにいうと「ハチース」か「ハチノス」か。第一堰堤と第二で違えてある【灘丸山公園〜杣谷・ハチノス西尾根分岐】
2016年02月21日 12:39撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日行く一帯。ハチノス西尾根は記載がない。ついでにいうと「ハチース」か「ハチノス」か。第一堰堤と第二で違えてある【灘丸山公園〜杣谷・ハチノス西尾根分岐】
摩耶東谷へと繋がる流れを渡る【灘丸山公園〜杣谷・ハチノス西尾根分岐】
2016年02月21日 12:42撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩耶東谷へと繋がる流れを渡る【灘丸山公園〜杣谷・ハチノス西尾根分岐】
1
山寺尾根(=左手の進路)を分ける。先日まで、索道下通行者防護の仮設があったが、撤去されたようだ【灘丸山公園〜杣谷・ハチノス西尾根分岐】
2016年02月21日 12:45撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山寺尾根(=左手の進路)を分ける。先日まで、索道下通行者防護の仮設があったが、撤去されたようだ【灘丸山公園〜杣谷・ハチノス西尾根分岐】
1
杣谷を渡る。この間、迂回路。【灘丸山公園〜杣谷・ハチノス西尾根分岐】
2016年02月21日 12:46撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杣谷を渡る。この間、迂回路。【灘丸山公園〜杣谷・ハチノス西尾根分岐】
迂回路の上部復位点。塞ぎ方がかなり頑強【灘丸山公園〜杣谷・ハチノス西尾根分岐】
2016年02月21日 12:48撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迂回路の上部復位点。塞ぎ方がかなり頑強【灘丸山公園〜杣谷・ハチノス西尾根分岐】
1
その僅か先にてコース標示の立つ「分岐点」。コース標示の側面をよく見ると…【杣谷・ハチノス西尾根分岐にて】
2016年02月21日 12:48撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その僅か先にてコース標示の立つ「分岐点」。コース標示の側面をよく見ると…【杣谷・ハチノス西尾根分岐にて】
「ハチノス西尾根」のマジック書きが【杣谷・ハチノス西尾根分岐にて】
2016年02月21日 12:48撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「ハチノス西尾根」のマジック書きが【杣谷・ハチノス西尾根分岐にて】
1
まずはこんな斜面の登りから【杣谷・ハチノス西尾根分岐〜天狗塚(長峰山)】
2016年02月21日 12:48撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずはこんな斜面の登りから【杣谷・ハチノス西尾根分岐〜天狗塚(長峰山)】
1
尾根に到達すると、ちょっとだけ見晴らしがある。まだまだ霊園の占有率の高い眺め【杣谷・ハチノス西尾根分岐〜天狗塚(長峰山)】
2016年02月21日 12:52撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に到達すると、ちょっとだけ見晴らしがある。まだまだ霊園の占有率の高い眺め【杣谷・ハチノス西尾根分岐〜天狗塚(長峰山)】
2
お隣の「ハチノス谷東尾根」を見る。鉄塔が4本。そのうち一つから伸びるケーブルだけは、西尾根は飛び越して行く【杣谷・ハチノス西尾根分岐〜天狗塚(長峰山)】
2016年02月21日 12:52撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お隣の「ハチノス谷東尾根」を見る。鉄塔が4本。そのうち一つから伸びるケーブルだけは、西尾根は飛び越して行く【杣谷・ハチノス西尾根分岐〜天狗塚(長峰山)】
1
最初の鉄塔【杣谷・ハチノス西尾根分岐〜天狗塚(長峰山)】
2016年02月21日 12:54撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の鉄塔【杣谷・ハチノス西尾根分岐〜天狗塚(長峰山)】
時々露岩の登りとなる【杣谷・ハチノス西尾根分岐〜天狗塚(長峰山)】
2016年02月21日 12:54撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時々露岩の登りとなる【杣谷・ハチノス西尾根分岐〜天狗塚(長峰山)】
2
二番目の鉄塔【杣谷・ハチノス西尾根分岐〜天狗塚(長峰山)】
2016年02月21日 12:59撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二番目の鉄塔【杣谷・ハチノス西尾根分岐〜天狗塚(長峰山)】
ここからは少し見晴らしが利くが、一番目の鉄塔が邪魔をする【杣谷・ハチノス西尾根分岐〜天狗塚(長峰山)】
2016年02月21日 13:04撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは少し見晴らしが利くが、一番目の鉄塔が邪魔をする【杣谷・ハチノス西尾根分岐〜天狗塚(長峰山)】
コースを塞ぐ倒木。左手の根元側で乗り越える【杣谷・ハチノス西尾根分岐〜天狗塚(長峰山)】
2016年02月21日 13:12撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コースを塞ぐ倒木。左手の根元側で乗り越える【杣谷・ハチノス西尾根分岐〜天狗塚(長峰山)】
1
ここにも岩が集まる【杣谷・ハチノス西尾根分岐〜天狗塚(長峰山)】
2016年02月21日 13:15撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにも岩が集まる【杣谷・ハチノス西尾根分岐〜天狗塚(長峰山)】
薄い大きな板も【杣谷・ハチノス西尾根分岐〜天狗塚(長峰山)】
2016年02月21日 13:22撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄い大きな板も【杣谷・ハチノス西尾根分岐〜天狗塚(長峰山)】
2
そしてその上には第三番目の鉄塔【杣谷・ハチノス西尾根分岐〜天狗塚(長峰山)】
2016年02月21日 13:23撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてその上には第三番目の鉄塔【杣谷・ハチノス西尾根分岐〜天狗塚(長峰山)】
ここでも、狭い隙間から下界を見ることができる。王子公園近辺が見える【杣谷・ハチノス西尾根分岐〜天狗塚(長峰山)】
2016年02月21日 13:24撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでも、狭い隙間から下界を見ることができる。王子公園近辺が見える【杣谷・ハチノス西尾根分岐〜天狗塚(長峰山)】
1
コースの尾根移り付近。まっすぐにも踏み跡がありそう。この木のテープ等を見ながら、左へとコースを変える【杣谷・ハチノス西尾根分岐〜天狗塚(長峰山)】
2016年02月21日 13:29撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コースの尾根移り付近。まっすぐにも踏み跡がありそう。この木のテープ等を見ながら、左へとコースを変える【杣谷・ハチノス西尾根分岐〜天狗塚(長峰山)】
ハチノス谷西尾根道の、山頂側の入口。山頂部道の標示が見える【杣谷・ハチノス西尾根分岐〜天狗塚(長峰山)】
2016年02月21日 13:41撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハチノス谷西尾根道の、山頂側の入口。山頂部道の標示が見える【杣谷・ハチノス西尾根分岐〜天狗塚(長峰山)】
1
天狗塚に到着【天狗塚(長峰山)にて】
2016年02月21日 13:42撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗塚に到着【天狗塚(長峰山)にて】
2
神戸市街地方面を見る。沖合はポートアイランド【天狗塚(長峰山)にて】
2016年02月21日 13:43撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神戸市街地方面を見る。沖合はポートアイランド【天狗塚(長峰山)にて】
2
六甲山山頂方面【天狗塚(長峰山)にて】
2016年02月21日 13:43撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六甲山山頂方面【天狗塚(長峰山)にて】
1
大阪市方面【天狗塚(長峰山)にて】
2016年02月21日 13:44撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大阪市方面【天狗塚(長峰山)にて】
天狗塚から、西へと下降【天狗塚(長峰山)〜杣谷峠】
2016年02月21日 14:09撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗塚から、西へと下降【天狗塚(長峰山)〜杣谷峠】
1
ここを右手に進んで少年の家を抜ける【天狗塚(長峰山)〜杣谷峠】
2016年02月21日 14:21撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを右手に進んで少年の家を抜ける【天狗塚(長峰山)〜杣谷峠】
1
この分岐を右に進むと山羊戸渡。一月に登ってきた道。今日は左へ【天狗塚(長峰山)〜杣谷峠】
2016年02月21日 14:24撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この分岐を右に進むと山羊戸渡。一月に登ってきた道。今日は左へ【天狗塚(長峰山)〜杣谷峠】
1
少年の家を抜けさせて頂いた。写真中央奥の辺りに到着して、中を通ってここへと来た【天狗塚(長峰山)〜杣谷峠】
2016年02月21日 14:29撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少年の家を抜けさせて頂いた。写真中央奥の辺りに到着して、中を通ってここへと来た【天狗塚(長峰山)〜杣谷峠】
1
【天狗塚(長峰山)〜杣谷峠】
2016年02月21日 14:29撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【天狗塚(長峰山)〜杣谷峠】
【天狗塚(長峰山)〜杣谷峠】
2016年02月21日 14:34撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【天狗塚(長峰山)〜杣谷峠】
1
杣谷のトイレ裏にて振り返って撮影【杣谷峠にて】
2016年02月21日 14:35撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杣谷のトイレ裏にて振り返って撮影【杣谷峠にて】
1
【杣谷峠〜灘丸山公園】
2016年02月21日 14:35撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【杣谷峠〜灘丸山公園】
1
この峠を越えて、いよいよ下降【杣谷峠〜灘丸山公園】
2016年02月21日 14:36撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この峠を越えて、いよいよ下降【杣谷峠〜灘丸山公園】
1
上流部ほど整備されている杣谷道【杣谷峠〜灘丸山公園】
2016年02月21日 14:38撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上流部ほど整備されている杣谷道【杣谷峠〜灘丸山公園】
1
日本庭園の中のような趣【杣谷峠〜灘丸山公園】
2016年02月21日 14:42撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本庭園の中のような趣【杣谷峠〜灘丸山公園】
1
徳川道の貫禄【杣谷峠〜灘丸山公園】
2016年02月21日 14:43撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳川道の貫禄【杣谷峠〜灘丸山公園】
2
散った椿が並ぶ【杣谷峠〜灘丸山公園】
2016年02月21日 14:48撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
散った椿が並ぶ【杣谷峠〜灘丸山公園】
【杣谷峠〜灘丸山公園】
2016年02月21日 14:53撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【杣谷峠〜灘丸山公園】
1
【杣谷峠〜灘丸山公園】
2016年02月21日 14:57撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【杣谷峠〜灘丸山公園】
堰堤の苔にも貫禄がある【杣谷峠〜灘丸山公園】
2016年02月21日 15:03撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤の苔にも貫禄がある【杣谷峠〜灘丸山公園】
堰堤も見上げると美しさも感じる【杣谷峠〜灘丸山公園】
2016年02月21日 15:14撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤も見上げると美しさも感じる【杣谷峠〜灘丸山公園】
【杣谷峠〜灘丸山公園】
2016年02月21日 15:15撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【杣谷峠〜灘丸山公園】
1
大阪方面を見る【杣谷峠〜灘丸山公園】
2016年02月21日 15:22撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大阪方面を見る【杣谷峠〜灘丸山公園】
1
摩耶堰堤【杣谷峠〜灘丸山公園】
2016年02月21日 15:26撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩耶堰堤【杣谷峠〜灘丸山公園】
1
行きに分岐したコース標示に帰ってきた【杣谷峠〜灘丸山公園】
2016年02月21日 15:31撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行きに分岐したコース標示に帰ってきた【杣谷峠〜灘丸山公園】
山側にもマジック書きがみえる【杣谷峠〜灘丸山公園】
2016年02月21日 15:31撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山側にもマジック書きがみえる【杣谷峠〜灘丸山公園】
1
登山道入口付近から長峰山方面を振り返る。写真の中では、一番左側が今日の西尾根【杣谷峠〜灘丸山公園】
2016年02月21日 15:46撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道入口付近から長峰山方面を振り返る。写真の中では、一番左側が今日の西尾根【杣谷峠〜灘丸山公園】
1
公園まで帰ってきた。西宮、大阪方面を見る【灘丸山公園にて】
2016年02月21日 15:51撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
公園まで帰ってきた。西宮、大阪方面を見る【灘丸山公園にて】
1
灘浜方面【灘丸山公園にて】
2016年02月21日 15:51撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
灘浜方面【灘丸山公園にて】
1
三宮方面【灘丸山公園にて】
2016年02月21日 15:52撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三宮方面【灘丸山公園にて】
1
撮影機材:

感想/記録
by otoh

 心技体の整わない中、山へ。
 公園で運動して様子を見たが、大丈夫そうなので、長峰山くらいまでは行ってみようと考えて登る。主立ったルートであと残っている「ハチノス谷西尾根」へ。
 かねてより知る「分岐点」から斜面に取り付く。しばらく斜面を進んで尾根らしき所へ。ここは、下部の見通しが利くようになっている。
 そこからはわかりやすい踏み跡に沿って進むと、東尾根と同様に鉄塔が目印となって登っていく。なんとなく、東尾根よりは一定斜度の上りが続くように感じる。なお、東尾根には4基の鉄塔があるが、こちらには3基しかない。一本は、こちらの尾根を飛び越している。
 斜度が一定である代わりに、あまり見晴らしがよくなる瞬間もない。3度目の鉄塔の先で、一旦尾根を離れるかのように、隣の尾根へと移り変わる以外には、差して特徴的なシーンもないままに山頂部尾根へと到着。そこから天狗塚はすぐ。
 あっという間の登りであった。
 帰りは、更に欲を出してシェール槍にでも足を伸ばそうかとも思ったが、あいにくにも小雪混じりの空模様。
 心技体の悪いときには無理は禁物と、天の声にも言われているように感じて、まっすぐ杣谷を下降することにした。
 公園に置いておいた自転車に乗る頃には今度は小雨が降り始め。
 まぁ、無理矢理登山は、たいていいいことがない。

訪問者数:249人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

道迷い 一本 倒木 堰堤 下界
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ