ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 816095 全員に公開 雪山ハイキング妙高・戸隠・雨飾

斑尾山 スノーシューで雪山デビュー

日程 2016年02月21日(日) [日帰り]
メンバー SK-II
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
まだらおの湯に駐車。下山後入湯。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間30分
休憩
1時間40分
合計
8時間10分
Sまだらおの湯08:3010:00トレッキングコース外れ11:30斑尾りょう線12:10斑尾山12:2012:30大明神岳13:0012:20斑尾山13:2013:40斑尾りょう線14:30トレッキングコース16:00まだらおの湯G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所は時になし。
その他周辺情報まだらおの湯450円
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

まだらおの湯。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだらおの湯。
1
すぐ横の公園、マレットゴルフコースからスタート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐ横の公園、マレットゴルフコースからスタート。
1
公園に踏み入れた時点で、足が膝まで埋まったので早速新品のスノーシューを準備。ATLASのアスペクト24。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
公園に踏み入れた時点で、足が膝まで埋まったので早速新品のスノーシューを準備。ATLASのアスペクト24。
2
装着! スノーバスケットも新品。モンベル。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
装着! スノーバスケットも新品。モンベル。
1
トレースなし。先行者はいないようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレースなし。先行者はいないようです。
3
木々には積雪なし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々には積雪なし。
トレッキングコースの分岐には標示があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレッキングコースの分岐には標示があります。
2
日が射したので自分の影をパシャリ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が射したので自分の影をパシャリ。
ここでトレッキングコース終了。この先は標示なし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでトレッキングコース終了。この先は標示なし。
2
若干道なき道っぽくなるので、コンパスと地形図を見て林中の斜面を登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
若干道なき道っぽくなるので、コンパスと地形図を見て林中の斜面を登る。
リフトの頂上。今は運営していないスキー場のトップのようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リフトの頂上。今は運営していないスキー場のトップのようです。
稜線に到着。木立の中ですがときおり強風が雪を巻き上げます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に到着。木立の中ですがときおり強風が雪を巻き上げます。
稜線分岐。シズマってなんでしょう?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線分岐。シズマってなんでしょう?
1
山頂までもう少し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂までもう少し。
右手を見ると斑尾北方の山並み。その向こうが斑尾高原スキー場。モーター音が聞こえます・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手を見ると斑尾北方の山並み。その向こうが斑尾高原スキー場。モーター音が聞こえます・・・。
山頂っぽくない山頂到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂っぽくない山頂到着。
1
山頂標識。斑尾山頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂標識。斑尾山頂。
3
分岐標示。斑尾山頂!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐標示。斑尾山頂!
1
西方の大明神岳へ向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西方の大明神岳へ向かいます。
大明神岳。アンテナ。振り返ると・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大明神岳。アンテナ。振り返ると・・・。
眼下に野尻湖!正面が黒姫山、左側が飯綱山。雲が絶えず流れてきて山を隠します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下に野尻湖!正面が黒姫山、左側が飯綱山。雲が絶えず流れてきて山を隠します。
6
お昼タイム。コンビニパンとサーモスに入れて熱々のココア。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お昼タイム。コンビニパンとサーモスに入れて熱々のココア。
1
斑尾山頂に登り返す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斑尾山頂に登り返す。
往路を下山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
往路を下山。
斑尾高原スキー場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斑尾高原スキー場。
自分のトレースをたどる。結局誰にも会いませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自分のトレースをたどる。結局誰にも会いませんでした。
2
足が重い・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足が重い・・・。
1
トレッキングコースまで戻ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレッキングコースまで戻ってきました。
あと少し・・・、だけどもなかなか足が進まない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと少し・・・、だけどもなかなか足が進まない。
1
公園に到着!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
公園に到着!
やっと帰ってきたー!いざ温泉へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと帰ってきたー!いざ温泉へ。
1

感想/記録
by SK-II

長野県北部、北信五岳の一つ斑尾山に登りました。
今回は雪山へ入門するために揃えた道具の一つ、スノーシューの試し履きが目的です。
天気予報とヤマレコをチェックし、比較的天気の良さそうで雪のある手頃な山を選びました。

朝の時点で雪が舞っていましたが、行けるところまで行こうの精神で出発。
しばらくして雪もほぼ止み、稜線ではときおり強風が吹くものの、わりとよさげな天気に収まりました。

【まだらおの湯〜トレッキングコース外れ】
ゆるやかな道で進路もわかりやすいです。分岐には標識もあるため、迷うことはありませんでした。

【トレッキングコース外れ〜斑尾山頂】
標識はなくなり、道もよくわかりません。が、地形がわかりやすいため、地形図とコンパスを使って方向を定めて、迷うことなく進めました。
ときどき急登もありましたが、登りも下りもスノーシューでOKでした。

【大明神岳】
斑尾山頂から西に300mの、ここが斑尾山で唯一展望のいい場所です。
西に展望が開け、野尻湖、黒姫山、戸隠山、飯綱山が見えます。
今日は北の妙高方面から絶えず雲が流れてきていたため、山は見えたり見えなかったりでした。

【初めてのスノーシュー】
色々悩んだ末、ATLASの上位モデル、アスペクト24を購入。
ATLASはヒールリフトが固いことが難点ですが、お店で試し履きし、自分は割りとスムーズに上げ下げできたため購入しました。

歩き始めは重さを感じず、快調にどんどん歩けました。急斜面ではヒールリフトが大活躍。
しかし、普段と歩き方が違うためか、重さがじわじわ効いてきたのか、しだいに足取りが重く・・・。最後の方は数歩進んで休憩を繰り返し、下山に非常に時間がかかってしまいました。

結論としては、スノーシューには大満足。体力と筋力をつけることが課題!というところでした。
訪問者数:416人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ