ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 816460 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

【正月】白峰三山縦走 〜北岳・間ノ岳・農鳥岳〜

日程 2016年01月02日(土) 〜 2016年01月04日(月)
メンバー bananana7, その他メンバー4人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
奈良田インアウト 昨年は夜叉神より鷲ノ住山を越えて入山したが、縦走の可能性を考慮して奈良田を起点に動いた。あるき沢の登山口まで2時間ほどの林道歩きがあり退屈ではあるが、山を越えるのに比べれば疲労は少ないかも。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間30分
休憩
0分
合計
7時間30分
S奈良田駐車場06:3006:30奈良田ゲート08:30アルキ沢橋BS12:30池山御池小屋14:00砂払
2日目
山行
9時間30分
休憩
0分
合計
9時間30分
砂払05:0006:30ボーコン沢ノ頭08:00八本歯のコル08:30吊尾根分岐09:00北岳09:30吊尾根分岐10:00北岳山荘11:30中白根山13:00間ノ岳14:30農鳥小屋
3日目
山行
8時間0分
休憩
0分
合計
8時間0分
農鳥小屋05:3006:30西農鳥岳08:00農鳥岳09:00大門沢分岐11:00大門沢小屋13:00奈良田ゲート13:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
昨年の年末年始に比べかなり雪は少なかった。天気は3日とも快晴だったが、稜線の風はきつく耐風姿勢をとっても体を持っていかれそうな時もあった。8本歯のコル難なく通過。核心部は西農鳥岳直下のトラバースだったか?幕営は初日砂払、2日目農鳥小屋の冬季小屋。2日目の方が寒く夜中目が覚めてからしばらく寝付けなかった。両日とも17-18時頃就寝、3時起床。
その他周辺情報下山後奈良田の里温泉に。二度目の利用。食事もここでとった。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 ザック アイゼン ピッケル 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) ガスカートリッジ 食器 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス ナイフ テントマット シェラフ ヘルメット
共同装備 スコップ コンロ コッヘル ライター GPS テント

写真

奈良田に車を停め、トンネルの門を乗り越えて登山口を目指す。6時半頃の出発。下山してきた先行パーティより1800mまで雪無しとの情報。砂払いまでアイゼン無しで歩く。14時着、幕営。
2016年01月02日 08:10撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奈良田に車を停め、トンネルの門を乗り越えて登山口を目指す。6時半頃の出発。下山してきた先行パーティより1800mまで雪無しとの情報。砂払いまでアイゼン無しで歩く。14時着、幕営。
翌朝5時出発で第一峰北岳を目指す。快晴。稜線はやはり風がある。
2016年01月03日 06:50撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝5時出発で第一峰北岳を目指す。快晴。稜線はやはり風がある。
途中朝陽がのぼりとても幻想的だった。
2016年01月03日 07:06撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中朝陽がのぼりとても幻想的だった。
左手に見える間ノ岳方面の稜線。
2016年01月03日 07:42撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手に見える間ノ岳方面の稜線。
北岳登頂 快晴 風がきつくすぐに立ち去る。
今日は農鳥小屋まで。
2016年01月03日 09:03撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳登頂 快晴 風がきつくすぐに立ち去る。
今日は農鳥小屋まで。
山頂から進行方向。
この日は北岳ピストンのお二方以外誰も出会わなかった。
4日から仕事始まりの人が多いのだろう。
2016年01月03日 09:04撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から進行方向。
この日は北岳ピストンのお二方以外誰も出会わなかった。
4日から仕事始まりの人が多いのだろう。
素晴らしい景色。富士山を臨む。
2016年01月03日 09:05撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素晴らしい景色。富士山を臨む。
1
北岳山荘にてお湯を沸かして休憩。ドリンクを補充してさらに進む。
2016年01月03日 09:48撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳山荘にてお湯を沸かして休憩。ドリンクを補充してさらに進む。
11時半。中白峰山というのを初めて知った…
2016年01月03日 11:33撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11時半。中白峰山というのを初めて知った…
13時。間ノ岳山頂。
2016年01月03日 13:02撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13時。間ノ岳山頂。
2
農鳥小屋には14時半頃到着、冬季小屋泊。寒くて何度も目が覚めた。翌朝5時半出発。途中朝陽がのぼり、富士山のシルエットが浮かぶ。
2016年01月04日 05:58撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
農鳥小屋には14時半頃到着、冬季小屋泊。寒くて何度も目が覚めた。翌朝5時半出発。途中朝陽がのぼり、富士山のシルエットが浮かぶ。
1
西農鳥に向かう。風はきつく耐風姿勢をとっても体をもっていかれそうになることも。
2016年01月04日 06:20撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西農鳥に向かう。風はきつく耐風姿勢をとっても体をもっていかれそうになることも。
1
西農鳥直下。このトラバースが今回の行程で核心?
2016年01月04日 06:43撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西農鳥直下。このトラバースが今回の行程で核心?
7時頃。陽が昇ってくる。
2016年01月04日 07:01撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7時頃。陽が昇ってくる。
塩見岳はインパクトある山頂なのだなー
いつか登りたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩見岳はインパクトある山頂なのだなー
いつか登りたい。
7時45分頃。農鳥岳山頂。
2016年01月04日 08:06撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7時45分頃。農鳥岳山頂。
越えてきた稜線を振り返ると感慨深い。
農鳥岳でようやく風のない場所に腰をおろした。
2016年01月04日 07:48撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越えてきた稜線を振り返ると感慨深い。
農鳥岳でようやく風のない場所に腰をおろした。
1
この後写真なし。
途中大門沢小屋にてアイゼンを外し以降スピード下山。
奈良田駐車場に13時半頃到着。
お風呂、食事を済ませ、帰阪。
風は強かったが晴天に恵まれ、始終美しい富士山を見ながらの白峰三山縦走となった。
念願の”天空の稜線”歩き無事終了。
2016年01月04日 07:49撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この後写真なし。
途中大門沢小屋にてアイゼンを外し以降スピード下山。
奈良田駐車場に13時半頃到着。
お風呂、食事を済ませ、帰阪。
風は強かったが晴天に恵まれ、始終美しい富士山を見ながらの白峰三山縦走となった。
念願の”天空の稜線”歩き無事終了。
1
撮影機材:

感想/記録

昨年2014-2015念の年末に年越しで目指した北岳は、悪天候により八本歯のコル手前にて撤退。全員がリベンジで臨んだ山行だったが、天気、メンバーのコンディション共に良く白峰三山縦走へと変更した。風は強かったが、晴天に恵まれ最高の山行となった。
訪問者数:434人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ