ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 816811 全員に公開 ハイキング伊豆・愛鷹

金冠山〜達磨山〜大曲茶屋

日程 2016年02月21日(日) [日帰り]
メンバー meg77, その他メンバー1人
天候晴れ、一時強風
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き
6:55 東京 - 7:53 三島 こだま633
8:20 三島 - 8:55 修善寺 伊豆箱根鉄道
9:15 修善寺駅 - 9:42 だるま山高原レストハウス 東海バス 戸田行き

帰り
15:14 大曲茶屋 - 15:27 湯の国会館 東海バス
16:50 湯の国会館 - 17:07 修善寺駅 東海バス
17:23 修善寺 - 17:59 三島 伊豆箱根鉄道
18:17 三島 - 20:40頃 地元 上野東京ライン
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間54分
休憩
1時間14分
合計
5時間8分
Sだるま山高原レストハウス09:5710:28戸田峠10:3210:41金冠山10:4410:52戸田峠10:5411:17小達磨山11:26達磨山北駐車スペース11:40達磨山11:4912:01達磨山登山口(西伊豆スカイライン)12:18古稀山12:37伽藍山12:46土肥駐車場13:3714:18船原峠14:2315:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所特になし。多分海からの風で、強風になりがちなので帽子等飛ばされないように注意。
その他周辺情報大曲茶屋から修善寺駅行きのバスを途中下車して、湯の国会館に立ち寄りました。\850
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

だるま山高原レストハウスからの富士山。先月も来ましたが相変わらず迫力です。
2016年02月21日 09:47撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だるま山高原レストハウスからの富士山。先月も来ましたが相変わらず迫力です。
5
戸田峠までの道間違って車道を来てしまいました。正しい道に一回戻って金冠山へ
2016年02月21日 10:31撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸田峠までの道間違って車道を来てしまいました。正しい道に一回戻って金冠山へ
海が見えますねー。風が強い
2016年02月21日 10:33撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
海が見えますねー。風が強い
1
金冠山に到着
2016年02月21日 10:43撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金冠山に到着
2
こういった見晴らしです。
2016年02月21日 10:43撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こういった見晴らしです。
1
景色いいですが、風強い。
2016年02月21日 10:43撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景色いいですが、風強い。
2
戸田峠に戻ってきました。先ほどより色々な方々で賑わっています。
2016年02月21日 10:53撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸田峠に戻ってきました。先ほどより色々な方々で賑わっています。
1
戸田峠から登山道に入ります。
2016年02月21日 10:54撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸田峠から登山道に入ります。
終始海が見えて景色は最高。でも風強い。
2016年02月21日 10:57撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
終始海が見えて景色は最高。でも風強い。
たまに樹林帯に入ると風よけになります。
2016年02月21日 11:00撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たまに樹林帯に入ると風よけになります。
景色いいですねー。海をみながら登れるとは贅沢です。
2016年02月21日 11:05撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景色いいですねー。海をみながら登れるとは贅沢です。
1
こういった開けた道。目の前は恐らく小達磨山
2016年02月21日 11:06撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こういった開けた道。目の前は恐らく小達磨山
1
振り返ると富士山。
2016年02月21日 11:10撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると富士山。
3
南アルプス方面も見えます。
2016年02月21日 11:14撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプス方面も見えます。
小達磨山。
2016年02月21日 11:17撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小達磨山。
あれが達磨山ですね。
2016年02月21日 11:22撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれが達磨山ですね。
1
うわー登りきつい。
2016年02月21日 11:27撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うわー登りきつい。
1
休憩がてら振り返って富士山
2016年02月21日 11:30撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩がてら振り返って富士山
海と南アルプス?
2016年02月21日 11:40撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
海と南アルプス?
3
達磨山着きましたー。あーつらかった。
2016年02月21日 11:44撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
達磨山着きましたー。あーつらかった。
3
富士山、雲がかかってきました。
2016年02月21日 11:44撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山、雲がかかってきました。
2
達磨山から下りてきて、古稀山
2016年02月21日 12:13撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
達磨山から下りてきて、古稀山
また富士山。
2016年02月21日 12:14撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また富士山。
少し雰囲気が変わってきました。
2016年02月21日 12:21撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し雰囲気が変わってきました。
1
伽藍山
2016年02月21日 12:35撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伽藍山
1
土肥駐車場というところまで下りてきて、草ぼうぼうですが、机と椅子があるのでお昼にします。
2016年02月21日 12:46撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土肥駐車場というところまで下りてきて、草ぼうぼうですが、机と椅子があるのでお昼にします。
味噌ラーメン。鍋キューブのとんこつ味噌味に、もやし、コーン坦々風肉味噌を入れて、麺はマルちゃん正麺の麺だけ。麺は友人だけが食べます。
2016年02月21日 13:00撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
味噌ラーメン。鍋キューブのとんこつ味噌味に、もやし、コーン坦々風肉味噌を入れて、麺はマルちゃん正麺の麺だけ。麺は友人だけが食べます。
麺が無くなった後にごはんを入れてゆで卵のせました。肉味噌とごはんのコラボがとても美味。
2016年02月21日 13:07撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
麺が無くなった後にごはんを入れてゆで卵のせました。肉味噌とごはんのコラボがとても美味。
1
下りは殆ど車道。たまにカーブのところに申し訳程度の登山道?があります。
2016年02月21日 13:48撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは殆ど車道。たまにカーブのところに申し訳程度の登山道?があります。
船原峠。
2016年02月21日 14:21撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船原峠。
大曲茶屋までの車道が長いです。予定していたバスの10分前にバス停に到着。結構ギリギリでしたね。
2016年02月21日 14:56撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大曲茶屋までの車道が長いです。予定していたバスの10分前にバス停に到着。結構ギリギリでしたね。
バスを途中下車して立ち寄り温泉施設の湯の国会館で入浴しました。その休憩所で打ち上げ。
2016年02月21日 16:26撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスを途中下車して立ち寄り温泉施設の湯の国会館で入浴しました。その休憩所で打ち上げ。
2

感想/記録
by meg77

憧れの達磨山へやって来ました。
今日は余り山には行かない(何回かは行ったことのある)友人と一緒です。

だるま山高原レストハウスにて富士山の迫力に感動しスタート!!と意気込みましたが、いきなり道を間違えて車道を歩くことに。
友人はそれで疲れたようなので、私だけ戻って金冠山に行き、友人には先に行って達磨山で待っていてもらうことにしました。

金冠山はすぐに行って来れました。山頂の景色は良いですが、風が非常に強い。すぐ下山して戸田峠に戻り、友人が待っている達磨山方面へ急ぎます。
達磨山への道は終始海が見えて気持ちがよいです。道が芝生みたいで歩きやすい。たまに昨日の雨のせいかグチャグチャしているところもあります。

風はずっと強かったのですが、達磨山登山口の直前に一瞬道路に出るところがものすごく強風でした。怖いくらいの。
そして達磨山までの登りがとてもきつい。風がモロに当たって心が折れます。が友人が山頂で待っているので、急がねば。でも辛くて急げない・・・
そんなこんなでやっと山頂に着き友人と合流。「そんなに待ってないよー」と言ってもらいましたが、埼玉県人の友人をこんな遠くまで連れてきたあげく、勝手に単独行動をするとはヒドイ奴ですね。

達磨山を下りた辺りから風が弱くなってきました。標高が下がったからか、ただ弱まったのかはわかりません。ただ、段々と道路を歩く割合が多くなり、お昼のクックをしたいのですが、場所が見つかりません。
やっと戸田駐車場というところで荒れた机とベンチを見つけ、味噌ラーメン、ごはんを作りました。前日の夜酔っ払いながらも作った肉味噌(豚挽、ネギ、ニンニク、ショウガ、豆板醤、甜麺醤、練りごま)が大成功で非常に美味でした。

最後は殆ど車道歩き。峠を攻めるタイプの方々がたまにいて怖いですが、まぁここしか道がないのでしょうがないですね。

やっと着いたバス停で先行していた女性のグループの方にはっさくのむいたやつをいただきましたが、これがとても美味で疲れた体にしみて、感動しました。。次回は私も真似して持っていけば人気者になること間違いなしですね。殆ど単独行ですけど・・・

バスを途中下車して温泉に立ち寄り、修善寺で生わさびを買いたかったですが、高いのでやめて、ちょうどいい時間に三島から最寄り駅までの直通の上野東京ラインがあったので、グリーン車で宴会しながら帰りました。いつもは一人なのでただの打ち上げですが、二人だと宴会!!とても楽しく帰れました。

憧れの達磨山、最初から最後までとても楽しかったです。いつもは単独か家族と一緒で友人と行くという経験が殆どないので、、、やっぱりいいですね。
訪問者数:215人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

高原
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ