ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 816873 全員に公開 ハイキング甲信越

ヒョー越峠から熊伏山(1,654m) ピストン 中央構造線横断

日程 2016年02月21日(日) [日帰り]
メンバー JJ0JVL
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中央自動車道 飯田ICから兵越峠 約61km 約1時間40分
中央自動車道 飯田ICから兵越峠 約63km 約1時間50分
道の駅「遠山郷」(かぐらの湯) から兵越峠 約12.5km 約35分
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間57分
休憩
1時間14分
合計
7時間11分
S兵越峠07:0707:19国盗山07:34遠木山07:3508:00さわら小屋08:0108:13水場08:26林道終点08:32青崩峠08:3909:19反射板・三角点・青崩の頭09:2309:29(旧)青崩ノ頭09:57前熊伏山10:13熊伏山10:3410:49前熊伏山11:10(旧)青崩ノ頭11:15反射板・三角点・青崩の頭12:03青崩峠12:06林道終点12:0912:29水場12:3012:46さわら小屋12:5013:18遠木山13:4413:59国盗山14:0014:13兵越峠14:1814:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
青崩峠 から 前熊伏山 所々急勾配のヤセ尾根有り。崩壊地のためロープに沿って歩くこと。
その他周辺情報☆イチオシ☆ かぐらの湯(道の駅「遠山郷」)天然療養温泉 「源泉温度42.5度のナトリウム・カルシウム塩化物泉」●入浴料  大人/620円・小人/310円  ●定休日 毎週木曜日
http://www.tohyamago.com/kankou/kagura/
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

6:30 道の駅「遠山郷」 トイレ休憩 
兵越峠へは正面の谷を行きます。
2016年02月21日 06:30撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6:30 道の駅「遠山郷」 トイレ休憩 
兵越峠へは正面の谷を行きます。
2
7:05 兵越峠 車5台駐車可。他に駐車場有り。
トイレは冬季のため封鎖中
2016年02月21日 07:05撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:05 兵越峠 車5台駐車可。他に駐車場有り。
トイレは冬季のため封鎖中
6
7:10 兵越峠 発
階段を登る。
2016年02月21日 07:06撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:10 兵越峠 発
階段を登る。
2
7:16 急な偽木土留め階段を登ると「国盗山」。
2016年02月21日 07:16撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:16 急な偽木土留め階段を登ると「国盗山」。
7:18 国盗山(1,247m)着
2016年02月21日 07:18撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:18 国盗山(1,247m)着
2
所々巨石が有り。
2016年02月21日 07:30撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々巨石が有り。
4
7:33 遠木山(1,308m)着
2016年02月21日 07:33撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:33 遠木山(1,308m)着
4
遠木山ににある四阿(東屋)「きはだ小屋」  
2016年02月21日 07:34撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠木山ににある四阿(東屋)「きはだ小屋」  
1
動物除けの破れた金網、構造から相当古い。右の杉林が長野県、広葉樹の左が静岡県。
2016年02月21日 07:46撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
動物除けの破れた金網、構造から相当古い。右の杉林が長野県、広葉樹の左が静岡県。
赤いリボン等に沿って歩く。
2016年02月21日 07:50撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤いリボン等に沿って歩く。
ここより急な偽木土留め階段を下ります。
下に見えるのは「さわら小屋」
2016年02月21日 07:58撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここより急な偽木土留め階段を下ります。
下に見えるのは「さわら小屋」
7:59 四阿(東屋)「さわら小屋」着。
2016年02月21日 07:59撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:59 四阿(東屋)「さわら小屋」着。
2
偽木土留め階段が林道の終点まで続きます。
2016年02月21日 08:10撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
偽木土留め階段が林道の終点まで続きます。
長野県側の小嵐川に合流する沢。水場に使用可能。ただし煮沸すること。
2016年02月21日 08:12撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長野県側の小嵐川に合流する沢。水場に使用可能。ただし煮沸すること。
8:26 林道終点、兵越峠入口 着
ここから青崩峠まで約5分。
2016年02月21日 08:26撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:26 林道終点、兵越峠入口 着
ここから青崩峠まで約5分。
2
8:31 青崩峠着
青崩峠は信州と遠州を結ぶ秋葉(あきわ)街道の要所で石仏が並び、中央構造線の南北通じる谷を見ることができます。
2016年02月21日 08:39撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:31 青崩峠着
青崩峠は信州と遠州を結ぶ秋葉(あきわ)街道の要所で石仏が並び、中央構造線の南北通じる谷を見ることができます。
2
「青崩峠」の名は峠の北西側の青く見える大きな崖にちなんでおり、これは断層岩のマイロナイト(白亜紀)が崩れたものです。
熊伏山へはこの偽木階段を登って行きます。
2016年02月21日 08:39撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「青崩峠」の名は峠の北西側の青く見える大きな崖にちなんでおり、これは断層岩のマイロナイト(白亜紀)が崩れたものです。
熊伏山へはこの偽木階段を登って行きます。
3
8:43 青崩峠を少し登ると遠山谷と中央構造線がとおる地蔵峠が見渡せる場所があります。一番奥中央のV字が地蔵峠。
2016年02月21日 08:43撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:43 青崩峠を少し登ると遠山谷と中央構造線がとおる地蔵峠が見渡せる場所があります。一番奥中央のV字が地蔵峠。
2
滑りやすい急斜面のヤセ尾根を登ります。
途中トラロープの箇所有り。
2016年02月21日 08:58撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑りやすい急斜面のヤセ尾根を登ります。
途中トラロープの箇所有り。
滑りやすい急斜面を進む。
2016年02月21日 09:03撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑りやすい急斜面を進む。
1
崩壊地。地質は領家変成帯(ジュラ紀〜白亜紀)付加コンプレックス(砂質から泥質)。
2016年02月21日 09:11撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩壊地。地質は領家変成帯(ジュラ紀〜白亜紀)付加コンプレックス(砂質から泥質)。
1
9:18 国土交通省防災無線マイクロ波反射板の鉄塔着。
大きさは、反射板4m×5m。鉄塔の高さは15m。
2016年02月21日 09:18撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:18 国土交通省防災無線マイクロ波反射板の鉄塔着。
大きさは、反射板4m×5m。鉄塔の高さは15m。
近くに4等三角点有り。三遠南信青崩峠トンネル工事用に設置されたものか。
2016年02月21日 09:19撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近くに4等三角点有り。三遠南信青崩峠トンネル工事用に設置されたものか。
1
ここが「青崩の頭(かしら)」らしい。看板有り。
水窪観光協会のパンフもここを「青崩の頭(かしら)」と表示している。
2016年02月21日 09:21撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが「青崩の頭(かしら)」らしい。看板有り。
水窪観光協会のパンフもここを「青崩の頭(かしら)」と表示している。
1
青崩れの様子。頭(かしら)部分より覗く。
2016年02月21日 09:21撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青崩れの様子。頭(かしら)部分より覗く。
1
9:30 (旧)青崩ノ頭に到着
遠山郷が見えます。
2016年02月21日 09:30撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:30 (旧)青崩ノ頭に到着
遠山郷が見えます。
登山道は花崗岩に変わってきます。
2016年02月21日 09:38撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道は花崗岩に変わってきます。
9:56 前熊伏山着。観音山への分岐点でもある。
2016年02月21日 09:56撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:56 前熊伏山着。観音山への分岐点でもある。
1
10:14 熊伏山(1,653m)着。気温1℃。
日本三百名山。一等三角点有り。
青崩峠より約1.5時間かかりました。
2016年02月21日 10:14撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:14 熊伏山(1,653m)着。気温1℃。
日本三百名山。一等三角点有り。
青崩峠より約1.5時間かかりました。
4
「遠山山の会」落書き帳有り。
2016年02月21日 10:14撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「遠山山の会」落書き帳有り。
1
いつもの記念写真。
小○製薬「ナ○シ○ールG」を飲んでいるため、1週間で2堊蕕擦討い泙后パンツ、ベストがブカブカになりました。
2016年02月21日 10:18撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもの記念写真。
小○製薬「ナ○シ○ールG」を飲んでいるため、1週間で2堊蕕擦討い泙后パンツ、ベストがブカブカになりました。
2
「遠山山の会」落書き帳。
2016年02月21日 10:20撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「遠山山の会」落書き帳。
2
左より不動岳、鎌崩の頭、丸盆岳、黒法師岳。
2016年02月21日 10:23撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左より不動岳、鎌崩の頭、丸盆岳、黒法師岳。
3
中の尾根山〜黒沢山。
2016年02月21日 10:24撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中の尾根山〜黒沢山。
1
中の尾根山。
2016年02月21日 10:23撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中の尾根山。
3
名前は
2016年02月21日 10:41撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名前は
チャート状の岩片有り。
2016年02月21日 10:46撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チャート状の岩片有り。
前熊伏山を過ぎ、このような所を下ります。
2016年02月21日 10:52撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前熊伏山を過ぎ、このような所を下ります。
1
黒法師岳。
2016年02月21日 11:04撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒法師岳。
2
11:16 反射板の鉄塔に戻る。
2016年02月21日 11:16撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:16 反射板の鉄塔に戻る。
やはりここが「青崩の頭(かしら)」。看板有り。
日当たりも良く休憩に良い場所です。
2016年02月21日 11:18撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはりここが「青崩の頭(かしら)」。看板有り。
日当たりも良く休憩に良い場所です。
2
「青崩の頭(かしら)」より聖岳が見えます。
2016年02月21日 11:18撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「青崩の頭(かしら)」より聖岳が見えます。
こわごわ覗く崩壊地。
2016年02月21日 11:20撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こわごわ覗く崩壊地。
5
遠山郷。
白い山は奥より塩見岳、荒川岳、赤石岳か。
2016年02月21日 11:29撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠山郷。
白い山は奥より塩見岳、荒川岳、赤石岳か。
ここにもチャートの岩片。
2016年02月21日 11:39撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにもチャートの岩片。
2
12:03 青崩峠に戻る。
次回は国道152号線より登りたい。
2016年02月21日 12:03撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:03 青崩峠に戻る。
次回は国道152号線より登りたい。
2
12:08 林道終点、兵越峠入口
兵越峠へ戻るには急な偽木土留め階段を登ります。
2016年02月21日 12:08撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:08 林道終点、兵越峠入口
兵越峠へ戻るには急な偽木土留め階段を登ります。
1
途中から見た熊伏山。
2016年02月21日 12:34撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中から見た熊伏山。
12:50 四阿(東屋)「さわら小屋」着
2016年02月21日 12:50撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:50 四阿(東屋)「さわら小屋」着
1
13:17 四阿(東屋)「きはだ小屋」着
2016年02月21日 13:17撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:17 四阿(東屋)「きはだ小屋」着
3
ここで遅い昼食。
2016年02月21日 13:18撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで遅い昼食。
1
14:00 国盗山(1,247m)着
2016年02月21日 14:00撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:00 国盗山(1,247m)着
2
伊那山地のピラミダルな戸倉山が見えます。
2016年02月21日 14:00撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊那山地のピラミダルな戸倉山が見えます。
2
14:13 兵越峠駐車場に戻る。
2016年02月21日 14:13撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:13 兵越峠駐車場に戻る。
1
登山後は、
☆イチオシ☆ かぐらの湯(道の駅「遠山郷」)
2016年02月21日 14:53撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山後は、
☆イチオシ☆ かぐらの湯(道の駅「遠山郷」)
4
天然療養温泉 「源泉温度42.5度のナトリウム・カルシウム塩化物泉」
2016年02月21日 14:53撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天然療養温泉 「源泉温度42.5度のナトリウム・カルシウム塩化物泉」
2

感想/記録
by JJ0JVL

 今回は、積雪と広葉樹の葉がない条件の山行でした。新芽が吹き出す4月、紅葉の10月に再び行きたいと思うコースです。

前日の降雨により雪が溶け、曇の空模様と予測して、視界が悪くても楽しめる山を計画。今まで20万分の1地形図程度の精度しかなかった地質図が改訂され、2015年11月に長野県デジタル地質図(地形図5万分の1精度)が完成しました。この地質図をパソコンで見ながら中央構造線の長野県と静岡県の境である青崩峠と熊伏山に決定。外帯側の兵越峠より中央構造線が通る青崩峠を横断し内帯の熊伏山へのピストンでの山行を実施しました。
 このコースは、.魁璽垢長い。帰りの青崩峠よりさわら小屋までの急坂を約300m登る。条件から静岡県水窪町から登るコースに比べ登山者が少ないコースです。

 21日、雨上がりの朝、手紙も届かないので自宅を5時に出発。道の駅「遠山郷」(かぐらの湯)で明るくなるまで休憩し、国道152号線を此田(このた)より分岐し県道369号に入る。前日雨が多く、本日最初に通過する車であることからをゆっくり走る。案の定、落石、倒木、土石流跡が有りました。

 兵越峠の駐車場に車を止め出発。気温は暖かいが風がかなり強い気象条件。(兵越峠から青崩峠までの地名が未登録であった為主な地名を登録しておきました。)
 
 兵越峠も青崩峠と同様に断層暗部。登山道は良く整備されており、擬木土留め階段の急坂を登ると10分ほどで国盗山に到着。平らな道を歩き更に急坂を登ると15分ほどで四阿(東屋)「きはだ小屋」がある遠木山に到着する。ここからは水窪の山が展望できる。次の「さわら小屋」までは、進行方向右の長野県は杉の植林林、左の静岡県はナラなどの広葉樹の林を歩き、途中より足跡が消えるが赤リボンなどに沿って歩き、ピークを過ぎると25分ほどで「さわら小屋」が見えてくる。ここも四阿(東屋)である。ここより青崩峠林道終点までは擬木土留め階段の急坂を25分ほど下る。途中「水場」となるような沢があります。
 
 林道終点より5分で青崩峠に到着。青崩峠は信州と遠州を結ぶ秋葉(あきわ)街道の要所で石仏が並び、中央構造線の南北通じる谷を見ることができます。「青崩峠」の名は峠の北西側の青く見える大きな崖にちなんでおり、これは断層岩のマイロナイト(白亜紀)が崩れたものです。
 
 青崩峠から領家帯(内帯)を歩きます。ふるい地質図では領家変成帯(ジュラ紀〜白亜紀)と花崗岩(白亜紀)の表示でしたが新たにチャートの表示も加わりました。チャートの岩帯に注視して登ることとします。

 青崩峠より少し登ると、崩壊地の対策工事と中央構造線がとおる地蔵峠が見渡せる場所があります。所々急坂でやせ尾根を注意しトラロープのたどりながら登ると約40分で建設省(現国土交通省)設置の防災無線用マイクロ波反射板がある鉄塔が見えてきます。ここには新しい4等三角点設置されており、尾根には「青崩の頭(かしら)」の看板が置かれています。地形図、現地での地形、観光パンフ、他の記録写真から判断すると看板の標高とは違いますが、ここが本来の「青崩の頭(かしら)」だと思われます。今後位置の調整(修正)が必要です。
 鉄塔より観音山への分岐点でもある前熊伏山までにも所々急坂でやせ尾根を注意して登り、反射板がある鉄塔より約35分で到着。ここからの見晴らしは良くありません。
 前熊伏山から前熊伏山まではブナ、コメツガが混じる自然林の比較的平坦な登山道進み約20分で山頂に到着。山頂からの展望は東方面に南アルプスの南端部光岳から黒法師岳が確認できます。「遠山山の会」落書き帳もあり、記入し下山しました。登山者は小生のみ。

かぐらの湯(道の駅「遠山郷」)天然療養温泉で汗を流し帰宅する。 
訪問者数:307人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ