ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 816916 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

六甲 田辺谷東尾根 笹深き道

日程 2016年02月21日(日) [日帰り]
メンバー Ham0501
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間43分
休憩
9分
合計
4時間52分
S芦屋川駅08:5109:53キャッスルウォール(基部)09:5410:53雨ヶ峠11:07本庄橋跡11:1211:49本庄山11:5012:07六甲山12:43一軒茶屋13:39有馬温泉 太閤の湯13:4113:43ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
笹が茂る急登の尾根を歩きます。ルートファインディングが必要ですが、踏み跡もあり裏道・横道としては入門コースといえます。危険箇所はなし。
その他周辺情報七曲がりコースに飽きた方にお奨めです。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 非常食 飲料 地図(地形図) GPS ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ
備考 登りに関してはストックは邪魔(枝に引っかかる)なだけです。

写真

田辺谷東尾根(別名:本庄尾根)への取り付きは本庄橋跡前の分岐を右に下らずに直進します。
2016年02月21日 11:07撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
田辺谷東尾根(別名:本庄尾根)への取り付きは本庄橋跡前の分岐を右に下らずに直進します。
1
気をつけてないと見過ごしてしまいますが、気をつけておれば左側にマーキングが見つかります。本庄橋跡まで行くと行き過ぎです。
2016年02月21日 11:08撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気をつけてないと見過ごしてしまいますが、気をつけておれば左側にマーキングが見つかります。本庄橋跡まで行くと行き過ぎです。
1
マーキング箇所。左手に踏み跡があります。
2016年02月21日 11:08撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マーキング箇所。左手に踏み跡があります。
1
道はマーキングだらけで間違えようがありません。
2016年02月21日 11:10撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道はマーキングだらけで間違えようがありません。
1
やがて笹道となります。この後はずーっと笹道です。
2016年02月21日 11:14撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて笹道となります。この後はずーっと笹道です。
1
始めの頃は広い尾根道の斜面を登る感じ。
2016年02月21日 11:17撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
始めの頃は広い尾根道の斜面を登る感じ。
1
道を上から見たところ。笹が覆い被さりますがしっかりした踏み跡があります。
2016年02月21日 11:19撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道を上から見たところ。笹が覆い被さりますがしっかりした踏み跡があります。
1
徐々に尾根道らしくなってきます。笹は腰の高さぐらい。埋もれるわけでもなくちょうど良い感じの高さです。
2016年02月21日 11:26撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徐々に尾根道らしくなってきます。笹は腰の高さぐらい。埋もれるわけでもなくちょうど良い感じの高さです。
2
だんだん尾根が明確になってきます。
2016年02月21日 11:39撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだん尾根が明確になってきます。
2
視界には常に○印の赤ペンキが目に入る。はっきり言ってやり過ぎ、過保護、自然破壊です。
2016年02月21日 11:40撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界には常に○印の赤ペンキが目に入る。はっきり言ってやり過ぎ、過保護、自然破壊です。
1
地図の856mのピーク。本庄山?
2016年02月21日 11:53撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地図の856mのピーク。本庄山?
1
少し下ります。
2016年02月21日 11:59撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し下ります。
本庄山から10分弱。突然ガードレールが現れてドライブウェーに出ます。
2016年02月21日 11:59撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本庄山から10分弱。突然ガードレールが現れてドライブウェーに出ます。
下りる際はこのマークが目印です。それにしても品のない落書き。
2016年02月21日 12:00撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りる際はこのマークが目印です。それにしても品のない落書き。
1
ドライブウエーを東に進むとカーブNo.102の看板
2016年02月21日 12:01撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドライブウエーを東に進むとカーブNo.102の看板
1
そして最高峰のアンテナが見えます。
2016年02月21日 12:02撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして最高峰のアンテナが見えます。
10分ほどで最高峰に到達。
2016年02月21日 12:08撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10分ほどで最高峰に到達。
1
昔・・・米軍の通信設備が山頂にあった頃は、一般人にとってはここが六甲山の山頂でした。
2016年02月21日 12:41撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昔・・・米軍の通信設備が山頂にあった頃は、一般人にとってはここが六甲山の山頂でした。
1
今日のご褒美は太閤の湯。1時間千円なり。金の湯で疲れを癒やしました。この日は沢山の人で混雑していました。
2016年02月21日 13:40撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日のご褒美は太閤の湯。1時間千円なり。金の湯で疲れを癒やしました。この日は沢山の人で混雑していました。

感想/記録

この日は高座谷ルートから繋ぎました。
田辺谷東尾根(人によっては本庄尾根)は六甲山らしい笹道が延々と続きます。おそらく表六甲では一番快適な笹道ではないでしょうか。
踏み跡もしっかりしていて、おまけに目障りなほど赤ペンキでマーキングされているので、迷う心配もない横道・裏道、初心者ルートと言えるでしょう。七曲がりルートに飽きた方には恰好のバリエーションルートと言えます。
ゴールはいつもながらの有馬温泉で疲れを癒やしました。

 道の状況 ☆☆☆(明瞭な踏み跡あり)
 個性   ☆☆ (笹が生い茂る静かなルート、見晴らしはなし)
 安全度  ☆☆☆(道さえ間違わなければ危険な場所なし)
訪問者数:252人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

急登
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ