ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 817042 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

雲取山(日帰り)

日程 2016年02月22日(月) [日帰り]
メンバー louris
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中央道 大月ICより約35km
国道411号の鴨澪橋を渡り、すぐに脇道に入ると、駐車場への狭い道へは右手前へ回り込まなければなりません。脇道へ入らず、その先のバス停及び公衆トイレを過ぎたところの脇道(ここも右手前となりますが、411が広いので回りやすい)を入ったほうがスムーズでした
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間40分
休憩
56分
合計
8時間36分
S丹波山村村営駐車場05:2505:29登山口06:291150m標識06:45堂所07:24七ツ石小屋07:3007:57七ツ石山08:08ブナ坂08:36奥多摩小屋09:26雲取山避難小屋09:29雲取山09:4510:05雲取山荘10:2310:47雲取山10:49雲取山避難小屋10:5311:24奥多摩小屋11:54ブナ坂12:22七ツ石小屋12:3413:03堂所13:161150m標識13:57登山口14:01丹波山村村営駐車場14:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
村営無料駐車場、月曜日朝4時40分前泊と思われる車3台、すぐにもう一台。
前半、堂所までは傾斜の緩やかな歩きやすい登山道(約4km)、雪は七ツ石山の下りから、その先は、土が凍結(帰りはグチャグチャ)、山頂から山荘への下りからアイゼン装着(氷部分多数)、七ツ石山の脇道(水場へ出るコース)も残雪あり(ノーアイゼンで歩けました)
その他周辺情報8キロ先の「道の駅 たばやま」めこいの湯(\600:3時間)に入りました
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

個人装備

個人装備品
数量
備考
時計 1
地図 1 地形図
コンパス 1
携帯ブランケット 1 アルミ箔
バンドエイド 5
ヘッドランプ 1
トーチ 1
予備電池 1
非常食 1
防寒防水具 1
アイゼン 1
ワカン 1
水筒 1 サーモス500ml
携帯電話 1
デジカメ 1
個人装備品
数量
備考
熊鈴 1
ライター 1
テッシュ 5 ポケットテッシュ
ガムテープ 1
予備靴ひも 1
ピッケル 1
ツェルト 1
1set
防寒手袋 1 予備1
インナー手袋 1 予備1
ザイル 10m
スリング 3
カラビナ 3
ゴーグル 1

写真

さあ出発!駐車場の入り口脇に標識があります。登山道入り口は林道をさらに登ります
2016年02月22日 05:25撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ出発!駐車場の入り口脇に標識があります。登山道入り口は林道をさらに登ります
登山口 熊鈴を忘れました(-_-;)
2016年02月22日 05:29撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口 熊鈴を忘れました(-_-;)
歩きやすいです
2016年02月22日 05:38撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きやすいです
ここまで1時間5分
2016年02月22日 06:29撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで1時間5分
1
堂所・・・1時間20分かかりました
2016年02月22日 06:45撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堂所・・・1時間20分かかりました
1
少し傾斜が増してきます
2016年02月22日 06:45撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し傾斜が増してきます
1
富士山が見えました
2016年02月22日 06:58撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山が見えました
2
アップしてみましょう
2016年02月22日 06:58撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップしてみましょう
3
七ツ石小屋が見えてきました
2016年02月22日 07:22撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ石小屋が見えてきました
1
トイレ使用可、水も大丈夫かな
2016年02月22日 07:26撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トイレ使用可、水も大丈夫かな
小屋から七ツ石山へ向かう途中に水場水もあります
2016年02月22日 07:37撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋から七ツ石山へ向かう途中に水場水もあります
1
七ツ石山頂上手前、雲取山が見えてきました
2016年02月22日 07:56撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ石山頂上手前、雲取山が見えてきました
3
七ツ石山山頂
2016年02月22日 07:56撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ石山山頂
5
中央、鹿がたくさんいました
2016年02月22日 07:57撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央、鹿がたくさんいました
1
七ツ石山からの下り、ノーアイゼンですので注意が必要です
2016年02月22日 07:58撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ石山からの下り、ノーアイゼンですので注意が必要です
1
慎重に下ります
2016年02月22日 08:01撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
慎重に下ります
ブナ坂も雪が少なくなってきています
2016年02月22日 08:09撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ坂も雪が少なくなってきています
富士山
2016年02月22日 08:25撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山
2
ヘリポートの「H」の文字もわかりますね
2016年02月22日 08:32撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘリポートの「H」の文字もわかりますね
2
奥多摩小屋・・・テント一張
2016年02月22日 08:35撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥多摩小屋・・・テント一張
1
富田新道分岐・・・アイゼンなしでも何とか大丈夫
2016年02月22日 08:54撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富田新道分岐・・・アイゼンなしでも何とか大丈夫
奥に南アルプス
2016年02月22日 09:06撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に南アルプス
1
奥に頂上避難小屋が見えてきました
2016年02月22日 09:11撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に頂上避難小屋が見えてきました
1
頂上へ・・・下りはアイゼン必要ですね
2016年02月22日 09:17撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上へ・・・下りはアイゼン必要ですね
1
避難小屋裏に・・・ここは頂上ではないみたいです、山梨県さん
2016年02月22日 09:27撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋裏に・・・ここは頂上ではないみたいです、山梨県さん
4
小屋の北側が頂上です
2016年02月22日 09:28撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋の北側が頂上です
左奥に南アルプス(東京)
2016年02月22日 09:30撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左奥に南アルプス(東京)
4
富士山も
2016年02月22日 09:33撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山も
6
山頂から山荘への下りはアイゼンをつけるよう表示がありました
2016年02月22日 09:45撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から山荘への下りはアイゼンをつけるよう表示がありました
1
ガチガチに凍ってます
2016年02月22日 09:48撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガチガチに凍ってます
埼玉県
2016年02月22日 09:49撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
埼玉県
山荘が見えてきました
2016年02月22日 10:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘が見えてきました
東巻き道・・・トレースが薄い
2016年02月22日 10:03撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東巻き道・・・トレースが薄い
小屋ではバッジ購入\500 5種類くらいありました。
テン場、水場は山荘の先?未確認です
トイレは冬期用使用可(無料?)
2016年02月22日 10:23撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋ではバッジ購入\500 5種類くらいありました。
テン場、水場は山荘の先?未確認です
トイレは冬期用使用可(無料?)
2
山頂まで戻ってきました
2016年02月22日 10:47撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂まで戻ってきました
1
避難小屋
2016年02月22日 10:49撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋
マイナス1.5度
2016年02月22日 10:50撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マイナス1.5度
1
昨夜は4名が泊まられたようです
2016年02月22日 10:51撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨夜は4名が泊まられたようです
1
さあ下りましょう。右奥の山頂が白くなってるのが七ツ石山
2016年02月22日 10:53撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ下りましょう。右奥の山頂が白くなってるのが七ツ石山
山頂下分岐・・・ここのトレースは明瞭です
2016年02月22日 11:02撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂下分岐・・・ここのトレースは明瞭です
1
奥多摩小屋まで戻ってきました
2016年02月22日 11:24撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥多摩小屋まで戻ってきました
1
道はグチュグチュです
2016年02月22日 11:44撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道はグチュグチュです
ブナ坂から巻き道へ
2016年02月22日 11:54撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ坂から巻き道へ
前半は雪なし
2016年02月22日 11:56撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前半は雪なし
後半は雪あり
2016年02月22日 11:59撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後半は雪あり
結構狭く急なところもあります
2016年02月22日 11:59撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構狭く急なところもあります
七ツ石小屋で休憩
2016年02月22日 12:22撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ石小屋で休憩
堂所からは歩きやすい・・・でも足が痛くなってきました
2016年02月22日 13:04撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堂所からは歩きやすい・・・でも足が痛くなってきました
林道が見えてきました
2016年02月22日 13:40撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道が見えてきました
登山口までもう少し
2016年02月22日 13:55撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口までもう少し
駐車場です・・・車も増えてます
2016年02月22日 14:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場です・・・車も増えてます
1
道の駅「たばやま」の対岸の温泉で汗を流し仮眠
2016年02月22日 14:46撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道の駅「たばやま」の対岸の温泉で汗を流し仮眠
2

感想/記録
by louris

またまた関東遠征・・・雲取山です
往復20kmを超えるロングコース・・・
七ツ石小屋でのテント泊も考えましたが、当初の予定では天気予報は月曜日のみ「A」マークでしたので、日帰りに不安を感じていましたが、体力も戻ってきましたので挑戦しました。レコでは多くの方が日帰りされているようですし、地形図を見ても平坦っぽい箇所が多そうなので大丈夫かなと・・・早めの出発が必須です

しかし前日、またまた寝る時間がなく、そなまま出発

途中、駒ヶ岳SAで1時間の仮眠zzz

Googleマップで入り口を確認していたのですが、かなり手前の深山橋を渡る前の「陣屋」の脇に入ってしまい、中は狭くて狭くてUターンに苦労

正規の鴨澪橋を渡って左折するも、林道への入り口がわからず、何度も行ったり来たり
結局、橋を渡って左折、そのまま411号に出てからUターンして、来た道を戻り
林道へ・・・ここが一番苦労しました

結局4時40分到着・・・5時から準備して5時半前にスタートできました

前半は、ほぼ平坦な歩きやすい遊歩道・・・というと言い過ぎww
かなりタイムを稼げます
日が昇るのも早くなりました。直ぐに明るくなります

堂所を過ぎると、やや傾斜が増し、やや時間がかかります
しかしまったく雪はありません。もう春も近いですね

曇りがちですが富士山もクッキリ

七ツ石山からは雪が出てきて、朝も早めなので凍結気味、アイゼンは着けていないので慎重に下ります。
風もやや強く、寒さを感じるようになりました。

奥多摩小屋まで登山口から3時間、山頂まで4時間と良いペースで登れました

雲が多いながらも、山頂からは富士山や南アルプスの展望を楽しめました

バッジを求めて雲取山荘へ(七ツ石小屋にも売っています)
こちらがわは北側になるため、凍結していました。注意書きに従い、
ここからアイゼン装着です

帰りは「巻き道」経由と思ったのですが、トレースが薄く止めました

再び登り返し、山頂から避難小屋の内部を除き、下山、ブナ坂手前でアイゼンを外し、七ツ石山の巻き道(水場へ出る方)経由、また七つ小屋で休憩して、後半、脚に痛み(左足小指豆、右足首と両ひざの若干の痛み)が出ましたが、14時ころ無事下山できました

帰りは411号を西へ、道の駅「たばやま」で温泉&仮眠、
この道、大菩薩嶺へ行くときに通った道に繋がっているんですね

17時に温泉を出発、甲州市経由一般道で笛吹川・富士川沿いを静岡まで出て、藤枝から新東名、新東名の新しく繋がった区間も通りました
伊勢湾岸道が事故渋滞だったので、名神に変更、しかしほぼ予定通りの翌0時40分、無事帰宅しました。

いつものごとくハードな山行となりました。毎週毎週関東へ400キロ以上走るのももったいない気もしますが、好天が続かないし、天候の回復を現地で待つのも時間がもったいない。まあ仕方ないのかな

さあ次は・・・大菩薩嶺のリベンジか、甲武信ケ岳もこの時期の日帰りは難しいかな・・・もう少し考えてみます

訪問者数:988人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ