ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 817578 全員に公開 ハイキング金剛山・岩湧山

金剛山(妙見谷から寺谷コースへ行く予定が?)福寿草発見

日程 2016年02月24日(水) [日帰り]
メンバー hide_san
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間40分
休憩
50分
合計
6時間30分
Sスタート地点10:0010:20妙見滝11:50九合目(千早本道)12:30山頂広場13:00金剛山13:4013:50一の鳥居12:50大阪府最高地点13:0014:00金剛山ロープウェイ金剛山駅15:00千早ロープウェイバス停/金剛山ロープウェイ前バス停15:30馬場谷の延命水15:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
山頂付近は凍っておりますので、アイゼンが必要です。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

妙見谷から入山します。水量はやや多いといったところ。
下山は初めての寺谷コースをめざします。
2015年02月24日 10:23撮影 by FinePix F30 , FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
妙見谷から入山します。水量はやや多いといったところ。
下山は初めての寺谷コースをめざします。
2
山頂です。想像以上に雪が残っていました。
2015年02月24日 11:44撮影 by FinePix F30 , FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂です。想像以上に雪が残っていました。
6
氷点下マイナス2度。麓は5℃で温度差が大きい。
2015年02月24日 12:21撮影 by FinePix F30 , FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷点下マイナス2度。麓は5℃で温度差が大きい。
1
アイゼンを装着。しないと、ヒップそりで下る方が安全です。
2015年02月24日 12:38撮影 by FinePix F30 , FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイゼンを装着。しないと、ヒップそりで下る方が安全です。
3
何やら黄色いものが
2016年02月24日 13:16撮影 by SC-01E, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何やら黄色いものが
2
結構群生していました。
もうすぐ、見ごたえがあるようになりようです。
2016年02月24日 13:16撮影 by SC-01E, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構群生していました。
もうすぐ、見ごたえがあるようになりようです。
4
福寿草!金剛山にもあるんですね。
2015年02月24日 13:12撮影 by FinePix F30 , FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
福寿草!金剛山にもあるんですね。
4
寺谷コースで下山したかったんですが、どうも間違った尾根道で下山することに。
2015年02月24日 13:42撮影 by FinePix F30 , FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寺谷コースで下山したかったんですが、どうも間違った尾根道で下山することに。
2
シルバーコース分岐点。水汲み場です。これは地図にはない。
2015年02月24日 14:13撮影 by FinePix F30 , FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シルバーコース分岐点。水汲み場です。これは地図にはない。
1
シルバーコースの入り口に到着。
2015年02月24日 14:20撮影 by FinePix F30 , FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シルバーコースの入り口に到着。
3
この道は何コースでしょうか、きになります。次回に
2015年02月24日 14:25撮影 by FinePix F30 , FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この道は何コースでしょうか、きになります。次回に
4
この道も何コースでしょうか、きになります。次回に
2015年02月24日 14:28撮影 by FinePix F30 , FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この道も何コースでしょうか、きになります。次回に
4

感想/記録

今日は、気になっていた寺谷コースを目指して、まずは妙見滝から入山し、その後寺谷コースを下山する予定で出発。結果的に寺谷コースの入り口を間違え違う尾根道で下山してしまいました。(実は2回目の挑戦なんですが)次回はきっちり下調べして、再挑戦しようと思います。
なお、思わぬ寒波で、頂上付近は凍結しているため、アイゼンは必要でした。
また、ロープウエイ付近に福寿草が咲いておりなかなか見ごたえがありました。
訪問者数:320人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/1/5
投稿数: 825
2016/2/25 16:15
 初めまして〜
こんにちは〜hide sanさん。
お写真の癸隠靴寺谷の取り付きでございます
本当ならここへ下りられるはずだったんですね〜
で、ラストのお写真は文殊尾根ルートです。
(霧氷がとてもキレイなルートですよ)
次回こそは、ですね〜
登録日: 2014/5/5
投稿数: 139
2016/2/25 17:15
 Re: 初めまして〜
m-kama さん
ありがとうございます。どちらかがそうだろうと思っていましたが、山頂からは判りにくいので、次回ご指摘の階段から上がって行きます。金剛山も奥深いですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

アイゼン
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ