ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 817711 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

御前山〜九鬼山

日程 2016年02月25日(木) [日帰り]
メンバー r417mr2
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間55分
休憩
51分
合計
5時間46分
Sスタート地点05:5107:07御前山(厄王山)07:2007:26八五郎岩07:2707:42沢井沢ノ頭07:56馬立山08:0508:14ナベノテラス08:1708:48礼金峠08:5709:20紺屋の休場09:56九鬼山10:0610:12富士見平10:1310:16久美山10:33弥生峠10:3411:19落合水路橋11:2111:34禾生駅11:3611:37ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
昨日の雪でうっすら雪化粧。そのせいで落ち葉+雪の箇所は非常に滑る。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 ゲイター 日よけ帽子 ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ ポール

写真

大月駅前のホテルから10分程で登山道入口に到着
2016年02月25日 06:06撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大月駅前のホテルから10分程で登山道入口に到着
舗装路を少し歩いてると小さな滝がある
2016年02月25日 06:14撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装路を少し歩いてると小さな滝がある
2
雪の中に赤い鳥居がやたら映える
2016年02月25日 06:16撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の中に赤い鳥居がやたら映える
2
木の橋。雪が着いて滑るので、慎重に渡る。
2016年02月25日 06:27撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の橋。雪が着いて滑るので、慎重に渡る。
2つめの鳥居
2016年02月25日 06:37撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2つめの鳥居
1
厄王山本殿
2016年02月25日 06:51撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
厄王山本殿
その先のロープ場。というか、この登山道、全般的に巻き道がやたら細いもんで、雪が付いていると滑って怪我・・・は勘弁なので慎重に進む
2016年02月25日 07:00撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その先のロープ場。というか、この登山道、全般的に巻き道がやたら細いもんで、雪が付いていると滑って怪我・・・は勘弁なので慎重に進む
御前山山頂。山頂は岩場で狭い。
2016年02月25日 07:13撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御前山山頂。山頂は岩場で狭い。
3
御前山山頂から、曇っていて富士山は見えず・・・頭だけちょこっと見えるのは方向的に九鬼山?
2016年02月25日 07:15撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御前山山頂から、曇っていて富士山は見えず・・・頭だけちょこっと見えるのは方向的に九鬼山?
1
沢井沢の頭 
2016年02月25日 07:43撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢井沢の頭 
馬立山山頂
2016年02月25日 08:03撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬立山山頂
どっちだよ!
2016年02月25日 08:14撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どっちだよ!
礼金峠 この手前で登山道が分からず、無理やり降りた。しかも、結構下りの斜度がきついし、落ち葉の上に雪が薄っすら付いてるもんで、無茶苦茶滑る。何回か尻もち着いた。
2016年02月25日 08:55撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
礼金峠 この手前で登山道が分からず、無理やり降りた。しかも、結構下りの斜度がきついし、落ち葉の上に雪が薄っすら付いてるもんで、無茶苦茶滑る。何回か尻もち着いた。
紺場休場。高川山が良く見える。ちなみに、礼金沢から一人登っていたようで、足跡があり、雪が無くなった足跡を頼りに滑らずに行けた。
2016年02月25日 09:20撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紺場休場。高川山が良く見える。ちなみに、礼金沢から一人登っていたようで、足跡があり、雪が無くなった足跡を頼りに滑らずに行けた。
2
九鬼山山頂。富士山は雲の中。というか、青いウェアで丸顔・・・まさに某猫型ロボット的な
2016年02月25日 09:59撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九鬼山山頂。富士山は雲の中。というか、青いウェアで丸顔・・・まさに某猫型ロボット的な
ゴルフ場も見える。
2016年02月25日 10:06撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴルフ場も見える。
杉山新道は傾斜も緩やかで歩き易い上に、先客の足跡があるので雪も消えていた。
2016年02月25日 10:15撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉山新道は傾斜も緩やかで歩き易い上に、先客の足跡があるので雪も消えていた。
禾生駅到着。都留市にも秀麗富嶽的なものがあるようだ。大月の秀麗富嶽十二景をコンプリートしたらここも挑戦してみたい。
2016年02月25日 11:36撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
禾生駅到着。都留市にも秀麗富嶽的なものがあるようだ。大月の秀麗富嶽十二景をコンプリートしたらここも挑戦してみたい。
禾生駅で電車待ち。
2016年02月25日 11:41撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
禾生駅で電車待ち。
撮影機材:

感想/記録

 前日の黒岳登山途中で降ってきた雪、大月でも夜に降っていたため、朝になったら雪景色になっていた。大月駅前のコンビニでおにぎりを買って登山口へ。御前山への登山道は雪の上の踏み跡が無かったので、本日初の登山者となった模様。ただ、薄っすら付いている雪で、落ち葉との名コンビで全力で滑らせようとしている。アイゼン等の対策が出来ない。慎重に進む必要があったため、コースタイムは遅めとなった。
 御前山は曇っていて景色が残念だったが駅から歩いて行けるので、岩殿山並に気軽に登れると思う。
 御前山〜九鬼山は、途中の札金峠までの下りで雪&落ち葉コンビに足元を何度もすくわれる。ダメ元で軽アイゼン履いてみたが全く意味が無いのですぐ外した。しばらく行くと、札金沢から登ってきた人の足跡があり、その上は雪が無くなっているので楽に登れた。
 九鬼山も富士山方面の雲が厚く見えなかったが、市街地や高川山方面は見られた。時折走ってくるリニアの音が聞こえる。
 先客の足跡が、杉山新道に行っていたので、これはラッキーと杉山新道で下山。(元々杉山新道で帰ろうと思ってたのでさらにラッキー)他のルートよりも距離が長いが傾斜が緩くて下り易かった。ほぼ市街地と同じくらいの標高になったら、完全に雪が溶けていた。
 登山口まで到着し、R139を禾生駅方面へ。歩道もあるので安心。途中のローソンでビールを2本買い、駅で電車待ち(30分)に飲んで帰った。
 しかも前日に引き続き、すれ違う登山客0の完封勝利!
訪問者数:613人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ