ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 817714 全員に公開 山滑走白馬・鹿島槍・五竜

八方押出、ガラガラ沢:白馬乗鞍岳、Fujimori-Wさんと4回目のコラボ中止で転戦

日程 2016年02月25日(木) [日帰り]
メンバー bumpkin
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
栂池:ゴンドラ中間点近くの駐車場に
八方:第5駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間45分
休憩
12分
合計
2時間57分
Sスタート地点11:1011:33八方池山荘11:4312:02石神井ケルン12:0313:34白馬八方温泉 おびなたの湯 13:3514:07ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
<註>()内は予定、BC外、標高、準備時間
( 7:48(7:50) 自宅 )
( 9:02-09 ゴンドラ中間点近くの駐車場 )
( 9:15-30 栂池ゴンドラ前駐車場 )
( 9:17-55(9:30-40) ゴンドラ下 登山届 Fujimori-Wさんと会う )
( 10:15-18(9:55-10:05) 栂の森駅(1,580m) 
  中止決定。Fujimori-Wさんと別れる )
( 10:30-34 ゴンドラ中間点近くの駐車場 )
八方に転戦
( 10:46-49 八方第5駐車場 )
( 11:18 名木山第3トリプル下 )
11:33-45 八方池山荘(1,835m) 登山届 シール登行開始
12:10-19(9") ドロップポイント(2,005m)
登り:25" 延標高差:170m 速度:408m/h
13:04 渡渉(985mP)
13:30 二股(830mP)
14:07-12 八方第5駐車場(745m)
下り:1'48" 延標高差:1,310m 速度:728m/h
BC:2'22" 延標高差:1,480m 速度:625m/h 距離:9.2km
以下は予定で中止
( 12:10-20 天狗原祠(2,204m) )
( 13:10-20 白馬乗鞍岳(2,450m) )
( 登り:3'05" 延標高差:878m 速度:285m/h )
( 13:30-40 天狗原(2,400m) )
( 14:00 カフェテリア栂の森(1,565m) )
( 14:20-14:30 ゴンドラ下(820m) )
( 下り:1'00" 延標高差:1,630m 速度:1,630m/h )
( BC:4'15" 延標高差:2,508m 速度:590m/h )
( 15:12(15:50) 自宅 )
Door to Door:7'24"(8'00")
コース状況/
危険箇所等
栂池ゴンドラ下の登山ポストに投函したが、
BCの変更で改めて八方池山荘の登山ポストに投函した

個人装備

個人装備品
数量
備考
長袖インナー スマートウール
ミッドウエア マムート
ハードシェル(紺) マムート
タイツ(加圧)(厚手) CWX
アウター(下)(黒) OR
靴下(ロング)(厚手) 1対 スマートウール
グローブ(2重)(黒) 1対 ブラックダイヤモンド
予備手袋 1対 マウンテンハードウェア
防寒着(ダウン)(赤) マムート
ネックウォーマー(黒) スクリーマー
バラクラバ(グレーブルー)(厚手) マウンテンハードウェア
ブーツ 1対 ガーモント
ザック(27L)(エアーバック付) BCA
ビーコン ピープス
スコップ ブラックダイヤモンド
ゾンデ ブラックダイヤモンド
地図(地形図) 各種
コンパス Suunto
計画書 2通 1通提出用
個人装備品
数量
備考
ヘッドランプ ブラックダイヤモンド
予備電池 各種
GPS ガーミン
筆記用具 赤ボールペン
ファーストエイドキット ドイター
針金 1巻
ガムテープ 1巻
保険証
携帯 au
サングラス レイバン
タオル
ツェルト(橙) ヘリテイジ
ストック(2段伸縮) 1対 ブラックダイヤモンド
カメラ ペンタックス
ビンディング 1対 デアミール
スキー板 1対 ソロモン
シール 1対 ブラックダイヤモンド
ヘルメット(スキー用) スワン
ゴーグル ウベックス

写真

雪、ガスの悪天候のため中止。ゴンドラ栂の森駅でFujimori-Wさんと別れる
2016年02月25日 10:15撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪、ガスの悪天候のため中止。ゴンドラ栂の森駅でFujimori-Wさんと別れる
八方に転戦:八方のスキー場は晴れているがその上は?@八方第5駐車場
2016年02月25日 10:44撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方に転戦:八方のスキー場は晴れているがその上は?@八方第5駐車場
なぬ!乗鞍岳は晴れている。強引に行けばよかった。昨晩の雪で最高だったはず@八木山第3トリプル上
2016年02月25日 11:12撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なぬ!乗鞍岳は晴れている。強引に行けばよかった。昨晩の雪で最高だったはず@八木山第3トリプル上
1
鹿島槍、五竜が見える@リーゼンクワッド降車手前。
その後、両山を見ることはなかった
2016年02月25日 11:19撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿島槍、五竜が見える@リーゼンクワッド降車手前。
その後、両山を見ることはなかった
2
数名ハイクアップしている
2016年02月25日 11:43撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
数名ハイクアップしている
どういうわけか白馬乗鞍岳は晴れている
2016年02月25日 12:03撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どういうわけか白馬乗鞍岳は晴れている
辛うじて高妻が見える
2016年02月25日 12:03撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
辛うじて高妻が見える
不帰ノ嶮も何とか見える
2016年02月25日 12:09撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不帰ノ嶮も何とか見える
八方山の先からドロップイン:予想通り雪質、新雪(10cm前後)が気持ちよい
2016年02月25日 12:19撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方山の先からドロップイン:予想通り雪質、新雪(10cm前後)が気持ちよい
出発が遅かったので誰もいない。トラブルがあったらと常に頭に浮かび、慎重かつ適度に止まり写真タイム
2016年02月25日 12:20撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発が遅かったので誰もいない。トラブルがあったらと常に頭に浮かび、慎重かつ適度に止まり写真タイム
1
天気が悪く、雪面は真っ白で見えにくいが何とか滑れる
2016年02月25日 12:21撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気が悪く、雪面は真っ白で見えにくいが何とか滑れる
トラックが5本近くあるが、良く見えないためそれを気にしては滑れない
2016年02月25日 12:22撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラックが5本近くあるが、良く見えないためそれを気にしては滑れない
晴れていれば気にならないが、誰もいない沢底に向かうのは正直言って余り気持ちよくない
2016年02月25日 12:22撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れていれば気にならないが、誰もいない沢底に向かうのは正直言って余り気持ちよくない
まだまだ下る
2016年02月25日 12:25撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ下る
1
まだ半分程か
2016年02月25日 12:26撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ半分程か
1
谷筋が狭くなってくる
2016年02月25日 12:28撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷筋が狭くなってくる
まだ、振り返ってトラックを確認する余裕はある
2016年02月25日 12:28撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ、振り返ってトラックを確認する余裕はある
ガラガラ沢との合流点が近い
2016年02月25日 12:31撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガラガラ沢との合流点が近い
ガラガラ沢と合流するとデブリの上に新雪。早く下りたいが、下にデブリがあるため慎重に滑らざるを得ない
2016年02月25日 12:38撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガラガラ沢と合流するとデブリの上に新雪。早く下りたいが、下にデブリがあるため慎重に滑らざるを得ない
渡渉ポイントも探しながら下流に。写真中央は広く浅そうなのでそこから渡る。1度、足を滑らしたが、足は濡れずに済んだ
2016年02月25日 13:05撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉ポイントも探しながら下流に。写真中央は広く浅そうなのでそこから渡る。1度、足を滑らしたが、足は濡れずに済んだ
渡渉後の写真:トライアングル・・まだ滑っていない。滑ってみたい。
2016年02月25日 13:10撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉後の写真:トライアングル・・まだ滑っていない。滑ってみたい。
晴れてきた。八方山からギャラリーバーン(勝手に命名)を滑りこの沢を滑る。昨年滑ったが今年も滑りたいが雪がすくない。
デブリも見える。左の沢は昨年雪崩があった沢か。ここにもデブリ。
2016年02月25日 13:17撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れてきた。八方山からギャラリーバーン(勝手に命名)を滑りこの沢を滑る。昨年滑ったが今年も滑りたいが雪がすくない。
デブリも見える。左の沢は昨年雪崩があった沢か。ここにもデブリ。
3
不帰の嶮が見えてきた@二股
2016年02月25日 13:32撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不帰の嶮が見えてきた@二股
1
撮影機材:

感想/記録

今日程予定が変わったことはない。
1昨日までは、八方でゲレスキか山スキーかと考えていた。天気がよさそうなので八方池から無名沢のBCを頭に描いていた。昨日、Fujimori-Wさんから連絡があり、白馬乗鞍岳に行くことに。
しかし、意外と天気が悪い。雪がちらつき、上部はガスは深い。
Fujimori-Wさんはカメラマンでもあり天気が悪いとテンションが下がるようだ。私も今シーズン、ガスで痛い目に遭っている。お互いの意見が一致して中止に。
しかし、来る時八方はもしかしたらと転戦を決意。駄目ならゲレスキで帰ろうと。
何処に駐車するかと考えたが、八方押出-二股を考えると第5駐車場に停める。(今、考えると、スキーとザックをゴンドラ下にデポして、車は二股に駐車するのがよかったか・・なぜなら最後スキーとザックを担いで第5駐車場まで歩くことになった。(前は道路をスキーで下ったが))
丁度、インフォメーションセンターからシャトルバスがでるのでそれを利用。
名木山第3トリプル上で何と白馬乗鞍岳が光っているではないか。栂池は雲の中だが。そういえば以前、自然園でガスだったが天狗原に向かう途中で雲海の上に出たことを思い出す。
リーゼンから八方池山荘に向かう。BCが変更になったので八方池山荘で改めて登山届を出す。
12時近くで流石にこれからBCをする人はいない。
八方山まで3名の外人が先行していたがおとなしく山荘に下るようだ。
BCでこのような遅くに出発するのは常識外であるが、昨日までの雪の状態、昨日の降雪、冷え込みを考えると雪崩はまず問題ないと判断した。
八方池山荘からのハイクアップで雪質に期待が高まる。
八方山先でドロップインの準備。これから先は誰もいない一人旅。
今日は余り雪崩は気にならない。怪我等のトラブルになったら・・新雪の下はしっかりしているのでできるだけ下ることを考える。(Fujimori-Wさんはスノーシューを持ってくる・・正しい判断)
昨晩予想以上に降雪があったようだ。10-15cmの新雪、下がしっかりしているので実に滑りやすい。
何時もは、尾根筋を滑るが、今日は沢筋を滑り、尾根筋で止まり写真タイム。
久しぶりのスキー、山スキーで疲れる。
ガラガラ沢の合流点あたりからデブリに注意。デブリの上に新雪が積もり神経を使う。
トレースが意外と早くトラバースが始まる。それに倣うが斜面がカリカリで疲れるとともに暑くなり、汗が出てくる。
下に下ろうとキックターンをすると転び2,3m落ちる。奥穂からの滑降でキックターンで転ぶとアウトだなと思い、ジャンプターンで滑った時を思い出す。
今回程このトラバースが疲れたことは初めてだ。
何とか渡渉ポイントを見つけ、後は林道を時々ボーゲンを入れながら慎重に下る。
初めて二股から八方駐車場まで歩いたが長い。
今シーズン初めて二股まで下ったが、やはりいいコースだ。
無名沢も行きたいし、八方山からの?沢も行きたいなぁ。
訪問者数:509人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ