ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 817757 全員に公開 ハイキング東海

筈ヶ岳(寧比曽岳の往復のつもりが…)

日程 2016年02月25日(木) [日帰り]
メンバー luneaciel, その他メンバー1人
天候快晴 風あり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
足助の百年草前から大多賀峠の駐車場へ
この日の午前10時頃は道路凍結もありませんでした
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間10分
休憩
39分
合計
4時間49分
S大多賀峠11:0712:01寧比曽岳12:2013:19筈ヶ岳13:2614:38寧比曽岳14:48富士見峠14:5215:01寧比曽岳15:1015:56大多賀峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
当日の寧比曽岳山頂の気温は正午でー4度。
雪は無く、霜柱が下山時も融けることなく山全体にありました。
コースは東海自然歩道で標識あり特に危険なところはありませんが、
植林帯も歩くのでわかりにくいところもあります。
筈ヶ岳方面は林道と数ヵ所交差する。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

寧比曽岳山頂から
南アルプス
左端が北岳
2016年02月25日 12:04撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寧比曽岳山頂から
南アルプス
左端が北岳
3
一際目立つのは聖岳
兎岳、赤石岳、荒川岳
2016年02月25日 12:13撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一際目立つのは聖岳
兎岳、赤石岳、荒川岳
4
御嶽山と右背後は
乗鞍岳
2016年02月25日 12:07撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽山と右背後は
乗鞍岳
4
左の恵那山と右の大川入山は雪がない
白いのは中央アルプス
2016年02月25日 12:10撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の恵那山と右の大川入山は雪がない
白いのは中央アルプス
3
雪のない恵那山
2016年02月25日 12:11撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪のない恵那山
2
別山と白山
2016年02月25日 12:11撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別山と白山
3
能郷白山
2016年02月25日 12:12撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
能郷白山
1
判りにくいけど
たぶん三河湾
2016年02月25日 12:15撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
判りにくいけど
たぶん三河湾
1
筈ヶ岳山頂985m
(今回は途中道程は撮らず)
2016年02月25日 13:20撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
筈ヶ岳山頂985m
(今回は途中道程は撮らず)
1
撮影機材:

感想/記録

 今日は大多賀峠から約1時間で登れる寧比曽岳。
白い霜柱がぎっしりある登山道をガシガシ歩く。今年はこの時期に山頂まで雪がない。
眺めの良い山頂からは、南アルプスや御嶽山などが白く綺麗に見えていて、近くに感じる。

 さて、早々と下山して段戸湖の結氷状況でも見に行こうと思っていたら、
「筈ヶ岳まで行きませんか?」とソロの女性に声をかけられました。
ツアーでご一緒したことのあるB さんでした。
他に同行できそうな人も今日はなさそうで、私も未到達であったので御一諸することにしました。
 Bさんは筈ヶ岳の事前学習ばっちり。私はスマホのGPSのみ。
寧比曽岳を下って行き、自然林から植林帯になり林道と交差する。
アップダウンを繰り返し、崖の様な直登を登り右折れて登り切ったら筈ヶ岳山頂。
眺望はないが、今日Bさんに会わなかったらここまで来ることはなかったかもしれない。
金蔵連峠、北線、南線の標識はどのようなルートなのかしら?

 いつもとはちょっと違う山の一日になりました。
Bさんありがとう。又どこかの山でお会いしましょう。
訪問者数:236人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 GPS 霜柱 直登
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ