ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 817823 全員に公開 山滑走甲信越

かぐら 三角・中尾根滑走

日程 2016年02月25日(木) [日帰り]
メンバー happachobi
天候小雪のち晴れ  気温-10℃
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間5分
休憩
55分
合計
5時間0分
S五ロマトップ10:1010:50中尾根11:50三角ピーク12:1513:10中尾根北斜面194313:2014:10中尾根北斜面190714:2014:50中尾根南斜面15:0015:10五ロマコースG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
五ロマトップから中尾根はGPSエラーのため直線です。

写真

五ロマ始動とともにゲート付近は多くの人で賑わっていた。すでに何組か登っている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五ロマ始動とともにゲート付近は多くの人で賑わっていた。すでに何組か登っている。
ラッセルは脛くらい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラッセルは脛くらい。
今日はトレースいっぱいありと思ったら、なぜか私の進路にはトレースない…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はトレースいっぱいありと思ったら、なぜか私の進路にはトレースない…。
中尾根を越える。いい具合に積雪あって、シール滑走も問題なし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中尾根を越える。いい具合に積雪あって、シール滑走も問題なし。
三角の斜面が見えてきたが、トップはガスの中…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角の斜面が見えてきたが、トップはガスの中…。
あの木の奥あたりを滑ろうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの木の奥あたりを滑ろうか。
急登。半分くらいのところで下を振り返る。クトーなしで登れる。シールのグリップもいい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登。半分くらいのところで下を振り返る。クトーなしで登れる。シールのグリップもいい。
三角ピーク到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角ピーク到着。
滑走斜面の視界はいまひとつ。木が見えるおかげで、斜度感覚はある程度つかめそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑走斜面の視界はいまひとつ。木が見えるおかげで、斜度感覚はある程度つかめそう。
滑走終了。出だしで斜面のウネリに前後のバランスを崩しかけたが、中間からはいい感じで滑れた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑走終了。出だしで斜面のウネリに前後のバランスを崩しかけたが、中間からはいい感じで滑れた。
清八沢は見える範囲では埋まってそうだが…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清八沢は見える範囲では埋まってそうだが…。
三角の雪の状態が良かったので、三角へ登り返すか迷ったが、視界が不安定なので中尾根へ戻る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角の雪の状態が良かったので、三角へ登り返すか迷ったが、視界が不安定なので中尾根へ戻る。
稜線までトラバース気味に上がっていく。人の多い休日にこの斜面をトラバースしてたら怒られそう⁉でも、今日は誰もいない。独り占め。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線までトラバース気味に上がっていく。人の多い休日にこの斜面をトラバースしてたら怒られそう⁉でも、今日は誰もいない。独り占め。
時折、薄日が差すようになる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時折、薄日が差すようになる。
風もなく、気温も低い。そして、中尾根からこちらへ来ているのはわたしひとり。薄日の静かな雪山は最高だね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風もなく、気温も低い。そして、中尾根からこちらへ来ているのはわたしひとり。薄日の静かな雪山は最高だね。
稜線で自分のトレースに合流する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線で自分のトレースに合流する。
北斜面に到着。やっぱり相当の人が滑っている。向こう側にまわってみよう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北斜面に到着。やっぱり相当の人が滑っている。向こう側にまわってみよう。
このあたりからでいいかな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりからでいいかな。
樹林帯から登り返す。三角が見えてきたぞ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯から登り返す。三角が見えてきたぞ。
だいぶ晴れてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ晴れてきた。
いや〜晴れた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いや〜晴れた。
1
何度見みてもいい(笑)登り返しを考えて、右に行ってしまったが、もう少し左に滑っていれば、もっと良かったな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度見みてもいい(笑)登り返しを考えて、右に行ってしまったが、もう少し左に滑っていれば、もっと良かったな。
あの辺は見てるといつも滑りたくなるけど、条件が難しそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの辺は見てるといつも滑りたくなるけど、条件が難しそう。
霧ノ塔方面。ピークは三角の後ろかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧ノ塔方面。ピークは三角の後ろかな?
北斜面二本目はここから。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北斜面二本目はここから。
今度は中尾根上に出て南斜面へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度は中尾根上に出て南斜面へ。
雪はまだ良さそうだが、下の方は五ロマから回ってきたトレースでガタガタだな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪はまだ良さそうだが、下の方は五ロマから回ってきたトレースでガタガタだな。
本日ラスト4本目。この辺から行きましょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日ラスト4本目。この辺から行きましょう。
五ロマから延びるとても深く硬いトラバースラインがあって、あやうく吹っ飛ぶところだった(-_-;)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五ロマから延びるとても深く硬いトラバースラインがあって、あやうく吹っ飛ぶところだった(-_-;)

感想/記録

 前日から降雪あったがゲレンデは底付きあり。今年は本当に予報ほど降らないの繰り返し。五ロマは一本滑ってからゲートへ。
 多くのツアーやパーティーで賑わうゲート付近。すでに何組か出発している。トレースは神楽ヶ峰と中尾根直登ルートのよう。今日は素直に中尾根ピークを経由するつもりだったので、すぐにラッセル開始。
 中尾根に行けばトレースあるかと思ったが、トレースなし。中尾根を越えるとラッセルはやや深くなり、膝下くらい。結局、この日は一日フルラッセル。
 北斜面を先に一本やってから三角へ行くか迷ったが、体力あるうちにと思い予定通り三角を目指す。三角の急登へ取り付くとピークはガスで見えない。ガスっていると三角は滑りにくい。が、今年は雪が少ないので、木がいつもより多く、いい目標になりそうだ。滑走ラインを考えながら登る。
 稜線上の雪庇は少なく、比較的平坦だ。雪は柔らかいので、クトーも必要ない。シールのみで登っていける。なるべく滑走斜面を登りのトレースで汚したくないので、稜線上で細かくジグをきる。後続は来なそうだし、ひとりなら関係ないのだが、なんとなく。
 ピーク到着後滑走準備。若干のガスの中、ドロップ。案の定、出だしの斜面のウネリでバランスを崩しかけた。中間からは視界も良くなり、ばっちり決まる。三角は南向きで、すぐに雪は重くなるが、今日は今まででベストなくらいいい雪だった。
 当然、もう一本行きたくなるが、やはりガスが掛かり気味。迷ったが、中尾根に戻ることとにする。稜線直下の斜面も人が多い時なら、滑走ラインになるはず。贅沢にもトラバースして登りトレースを付けてしまう。
 北斜面はすでに多数のシュプール。ラインを選べばまだ行けそう。沢状地形を回り込んで滑走。距離は短かったが、オーバーヘッドもあり。樹林帯の急登を登り返して二本目。登り返していると、青空が見え始め、視界も晴れてきた。三角斜面がばっちり見渡せる。自分のラインを見つめながら登る。ああ、晴れるならもう一本三角行きたかったな。
 北斜面二本目を落とした後、今度は中尾根上に登り返して南斜面でフィニッシュ。今日、四本目!陽が出たのは遅かったので、雪はまだいい。シュプールだらけなのは覚悟したが、深いトラバースラインに吹っ飛びそうになる。リフトからあそこをトラバースするのは勘弁してほしいな…。
 もしかしたら、シーズン最後のパウダーか⁉例年なら3月でも期待できるが、今年はどうなんだろう。
訪問者数:388人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 急登 雪庇 一本 直登 リフト
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ