ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 818008 全員に公開 雪山ハイキング比良山系

蓬莱山(いきなり転倒 出血 テンション↓)

日程 2016年02月25日(木) [日帰り]
メンバー toshithy
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等
<行き>
JR湖西線 堅田【8:50】
 ↓江若バス
平 【9:23】
  
<帰り>
びわ湖バレーロープウエイ 山頂駅
↓ 15分毎
びわ湖バレーロープウエイ 山麓駅
↓ 徒歩
JR湖西線 志賀駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間40分
休憩
1時間10分
合計
5時間50分
Sスタート地点09:3010:10アラキ峠10:50権現山11:40ホッケ山12:00小女郎峠12:10小女郎ヶ池12:3012:40小女郎峠12:50蓬莱山13:0013:50打見山14:3014:40ゴンドラリフト山麓駅15:20志賀駅15:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
道路からの進入路(アスファルト道)で転倒しました。上部からの湧水が凍結しているようです。十分注意して下さい。
その他周辺情報ロープウエイを利用すれば快適です。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

平バス停です。少し戻ると登山口が有ります。
2016年02月25日 09:22撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平バス停です。少し戻ると登山口が有ります。
ここから登ります。いきなり転倒、おでこから出血しテンション0に下がりました。なんとか出血は止まりました。
2016年02月25日 09:26撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから登ります。いきなり転倒、おでこから出血しテンション0に下がりました。なんとか出血は止まりました。
3
いよいよ登山開始です。
2016年02月25日 09:46撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ登山開始です。
1
アラキ峠です。錆びた鉄板の左に犬がいました。
2016年02月25日 10:14撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アラキ峠です。錆びた鉄板の左に犬がいました。
2
ノートレイスです。(なぜ誰もいないのでしょうか?)
2016年02月25日 10:48撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ノートレイスです。(なぜ誰もいないのでしょうか?)
3
権現山に到着です。
2016年02月25日 10:49撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現山に到着です。
2
天気が良く琵琶湖大橋も見えます。
2016年02月25日 10:51撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気が良く琵琶湖大橋も見えます。
3
同じく権現山です。誰もいません
2016年02月25日 10:53撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく権現山です。誰もいません
2
蓬莱山が良く見えます。
2016年02月25日 11:04撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓬莱山が良く見えます。
2
気持ちのよい雪質です。テンションもやっと上がってきました。
2016年02月25日 11:10撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちのよい雪質です。テンションもやっと上がってきました。
2
かすかに登山道が見えます。
2016年02月25日 11:11撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かすかに登山道が見えます。
2
写真中央の左に分かりづらいですが鹿が写っています。
2016年02月25日 11:27撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真中央の左に分かりづらいですが鹿が写っています。
3
同じく鹿が3頭いました。とび跳ねながら下りて行きました。
2016年02月25日 11:28撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく鹿が3頭いました。とび跳ねながら下りて行きました。
ホッケ山への道です。
2016年02月25日 11:32撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホッケ山への道です。
4
振り返って権現山を映しました。
2016年02月25日 11:32撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って権現山を映しました。
1
ホッケ山山頂です。ここは雪は有りませんでした。
2016年02月25日 11:35撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホッケ山山頂です。ここは雪は有りませんでした。
2
蓬莱山頂のリフトが見えます。
2016年02月25日 11:39撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓬莱山頂のリフトが見えます。
1
小女郎池が見えます。
2016年02月25日 12:01撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小女郎池が見えます。
3
小女郎池峠です。
2016年02月25日 12:03撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小女郎池峠です。
小女郎池です。
2016年02月25日 12:07撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小女郎池です。
3
伝説を窺わせる雰囲気が有ります。
2016年02月25日 12:08撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伝説を窺わせる雰囲気が有ります。
1
伝説が記載してあります。
2016年02月25日 12:09撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伝説が記載してあります。
1
蓬莱山頂が良く見えます。
2016年02月25日 12:47撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓬莱山頂が良く見えます。
1
蓬莱山頂へ到着です。
2016年02月25日 12:52撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓬莱山頂へ到着です。
2
武奈ケ岳が良く見えます。
2016年02月25日 12:55撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武奈ケ岳が良く見えます。
5
鐘を鳴らしました。どなたかが書いていましたが本当に大きな音がします。
2016年02月25日 12:58撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鐘を鳴らしました。どなたかが書いていましたが本当に大きな音がします。
2
武奈ケ岳が良く見えます。
2016年02月25日 12:59撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武奈ケ岳が良く見えます。
1
びわ湖バレースキー場の横を進みます。
2016年02月25日 13:03撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
びわ湖バレースキー場の横を進みます。
1
スノーボーダーで賑わっています。
2016年02月25日 13:03撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スノーボーダーで賑わっています。
1
打見山が見えます。遠くには白山も見えます。
2016年02月25日 13:10撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
打見山が見えます。遠くには白山も見えます。
1
この辺りは危険なので敷地内を通らせてもらいます。
2016年02月25日 13:14撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りは危険なので敷地内を通らせてもらいます。
3
崖から落ちないよう注意して歩きます。
2016年02月25日 13:15撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崖から落ちないよう注意して歩きます。
1
武奈ケ岳(先々週行きました)
2016年02月25日 13:46撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武奈ケ岳(先々週行きました)
2
蓬莱山方面を振り返ります。
2016年02月25日 14:10撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓬莱山方面を振り返ります。
3
下山はロープウエイを利用しました。
2016年02月25日 14:36撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山はロープウエイを利用しました。
1
湖西線近くから見上げました。
2016年02月25日 15:09撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湖西線近くから見上げました。
1
今日はいろいろありましたが無事到着です・
2016年02月25日 15:18撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はいろいろありましたが無事到着です・
3

感想/記録

今日は休みが取れたので、雪もそんなに多くないとの情報を得ていた比良山系の「蓬莱山」に行きました。

堅田駅よりバスで出発しました。
土日は臨時便が出る程でしたが、本日は木曜との事で少ないだろうとは思っていましたが、「平」で下りたのは私一人でした。

初めてのコースのため、ベテランの後についていこうと思っていましたが、当てが外れてしまいました。

悪いことは続くもので、バス道より登山道への分岐の標識を見つけ、写真を撮り
撮影後標識を近くで見ようと思って近づいた途端、凍結しているのに気が付かず転倒し、おでこをアスファルトにこすってしまい
出血です。出血が止まらないとやばいことになるところでしたが、何とか納まり気を取り直しアイゼンを装着し登山開始です。

やがて山道への分岐標識を確認し本格的に登山開始です。おでこからの再出血の無いことを確認しつつ進みます。
先行者のトレースは有りませんでしたが、何となく経路が分かる状態だったので、雪道を進みます。
アラキ峠に到着しました。どう言う訳か首輪をした犬がいました。標識の横にいたので写真に写りこみました。
(付近に誰もいないので不思議な気がしましたが、当方も今日は余裕がないので、そのまま進みます。)

権現山まで上ると見晴らしも良くなり、天気も良いためやっとテンションも上ってきました。

次にへホッケ山を目指します。トレースが無いのは不安も有りましたが、自分の足跡のみを見るのは気持ちの良いものです。
雪質もさらさらのパウダースノーです。

小女郎峠まで来ると標識の横にリュックが二つ置いてありました。小女郎池に行っていると思われるので私も行ってみました。

やっと人に会いました。5人いました。思っていたより小さな池でしたが、伝説通りの雰囲気を持った池でした。

昼食を済ませ蓬莱山を目指します。

途中鹿の群れを見ました。普段、奈良の鹿を見ているので歩いているイメージですが、鹿は跳ぶものなんですね!
あの雪の斜面を跳びはねながら降りていました。

ついに蓬莱山に到着です。見晴らしがよく伊吹山、白山も見えました。
スキー客(ボーダーのほうが多かった)があんなにいるとは思いませんでした。外国人も結構いました。

スキー場の横を歩いて、びわ湖バレイのロープウエイ山頂駅を目指します。一部危険箇所ではスキー場の中に入れてもらいます。
(雪庇があり、落ちると4から500mもありそうな崖です。)

救護所に行き、朝のケガの消毒をお願いしました。「スキー客ではありませんがお願い出来るでしょうか?」と言うと、心よく手当てをしていただき
汗で取れるのいけないと予備のガーゼまで戴きました。
本当に有難かったです。助かりました。

さすがに今日は徒歩での下山はあきらめロープウエイでの下山です。

最初は転倒でテンションは0に下がりましたが、すばらしい雪山・美しい雪化粧の山々を見ることができ、また傷の手当まで快くして戴き、
テンションMAXでの下山となりました。

今日の収穫は一瞬でも油断をするなと言う教訓を得たことです。また簡単な救急セットも必携です。

皆さんも十分気を付けで下さい。









訪問者数:563人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/6/25
投稿数: 1635
2016/2/28 23:00
 こんばんは toshithyさん 初めまして
怪我は大丈夫ですか

アラキ峠のワンちゃん 土曜日にも同じ場所にいました
人が近づいても、離れても動きませんでしたね
不思議なワンちゃんです
登録日: 2015/2/8
投稿数: 5
2016/2/29 12:59
 Re: こんばんは toshithyさん 初めまして
olddreamerさん こんにちは 初めまして
怪我の心配をしていただき有難う御座います。
まだ傷テープを貼っていますが、少しずつ良くなっています。(年をとると回復も遅いようです
最初の1歩目で転倒したので、本当にテンションが下がりました。不注意でした。
でも考えてみればこれくらいですんで本当に良かったと思っています。
あのワンちゃんのことは気になったのですが、首輪は付いていましたがリードが無かったので、誰かが連れてきたわけではないのでしょうか。
どうやってあそこまであがってきたのか不思議ですね。
雪山の景色は好きなので、怪我に懲りずにまた登ろうと思っています。
どこかでお会いできればいいですね。
改めて怪我の心配有難う御座いました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

アイゼン 雪庇 テン リフト
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ