ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 818032 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走蔵王・面白山・船形山

泉ヶ岳

日程 2016年02月22日(月) [日帰り]
メンバー danjiri
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
泉ヶ岳スキー場下に大型駐車場あり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間36分
休憩
5分
合計
3時間41分
Sスタート地点11:4412:06水神コース登山口12:56水神13:0115:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
水神コースを登り、山頂から滑降コースを下山。滑降コースの一部は踏み跡が消えたり、踏み跡がかすかなところがあった。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

朝仙台空港に着き、レンタカーで泉ヶ岳スキー場へ。地肌が露出しているところもある。2月下旬だというのにこの有様。異常暖冬だ。12時前遅いスタート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝仙台空港に着き、レンタカーで泉ヶ岳スキー場へ。地肌が露出しているところもある。2月下旬だというのにこの有様。異常暖冬だ。12時前遅いスタート。
2
キャンプ場もある仙台市オーエンス泉岳自然ふれあい館。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ場もある仙台市オーエンス泉岳自然ふれあい館。
車道はこんな程度の雪だが
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道はこんな程度の雪だが
沢をはさんだ林側は雪がたっぷり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢をはさんだ林側は雪がたっぷり。
予想していたように踏み跡はたくさんある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予想していたように踏み跡はたくさんある。
滑降コースはここへ下ってくるようだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑降コースはここへ下ってくるようだ。
案内板が至る所に立ち、迷うことはない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案内板が至る所に立ち、迷うことはない。
下山者が数組。スタートが12時前だったのでもう下山者があるのは当然。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山者が数組。スタートが12時前だったのでもう下山者があるのは当然。
滑降コースの周回をしても4時間足らずで下山できるのでこんな遅いスタートでも大丈夫。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑降コースの周回をしても4時間足らずで下山できるのでこんな遅いスタートでも大丈夫。
風邪引き上がりで、コンコン石をしながら、鼻水を垂らしながら、水神まで緩やかな車道を歩く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風邪引き上がりで、コンコン石をしながら、鼻水を垂らしながら、水神まで緩やかな車道を歩く。
水神はもう間もなくだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水神はもう間もなくだ。
水神。北泉ヶ岳、船形山方面との分岐だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水神。北泉ヶ岳、船形山方面との分岐だ。
1
ちょっとうえに大きな自然石の「水神」石碑。建造はそんなに古くない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとうえに大きな自然石の「水神」石碑。建造はそんなに古くない。
2
ここから勾配が増す。アイゼンを付けた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから勾配が増す。アイゼンを付けた。
高度を上げると展望が開けてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度を上げると展望が開けてきた。
南側斜面とあって露岩。ここはアイゼンを付けたままでは登りにくい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南側斜面とあって露岩。ここはアイゼンを付けたままでは登りにくい。
1
これが大岩?ちとしょぼい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが大岩?ちとしょぼい。
気持ちのいい雪原歩き。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちのいい雪原歩き。
1
仙台市街を遠望。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙台市街を遠望。
1
泉ヶ岳は古い火山。ここは溶岩が露出しているところだそうだ。雨期に隠れてそれらしさはない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
泉ヶ岳は古い火山。ここは溶岩が露出しているところだそうだ。雨期に隠れてそれらしさはない。
山頂は間もなくだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は間もなくだ。
だだっ広い山頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だだっ広い山頂。
1
300名山265座目。あと35座。きつい山がかなり残っており今年中の完登は無理。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
300名山265座目。あと35座。きつい山がかなり残っており今年中の完登は無理。
4
仙台市街を遠望。滑降コースを下る。踏み跡あり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙台市街を遠望。滑降コースを下る。踏み跡あり。
2
吹きだまりでは踏み跡が消えるが山勘で進むと
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吹きだまりでは踏み跡が消えるが山勘で進むと
再び踏み跡が出てきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び踏み跡が出てきた。
ひと下りすると
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひと下りすると
1
急斜面の巻き道に。ここをスキーで下るのは難しい。雪が多いとブッシュは隠れるのだろうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面の巻き道に。ここをスキーで下るのは難しい。雪が多いとブッシュは隠れるのだろうか。
スキー場へのコースとの分岐。予定通り滑降コースを下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー場へのコースとの分岐。予定通り滑降コースを下る。
山頂直下の急斜面は大壁と呼ばれているようだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下の急斜面は大壁と呼ばれているようだ。
踏み抜きに注意。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み抜きに注意。
1
踏み跡が登り一人分になる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡が登り一人分になる。
坦々とした気持ちのいい下り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坦々とした気持ちのいい下り。
雪が深くなるが難渋するほどでもない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が深くなるが難渋するほどでもない。
見返平から山頂をふり返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見返平から山頂をふり返る。
1
スキーのシュプールも出てきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキーのシュプールも出てきた。
ゲートをくぐって
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートをくぐって
しばらく雪原を歩き
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく雪原を歩き
元の車道に出た。3時間40分の気持ちのいい雪山ハイキングでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
元の車道に出た。3時間40分の気持ちのいい雪山ハイキングでした。
訪問者数:337人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ