ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 818084 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

日の出山北尾根〜高峰北尾根

日程 2016年02月26日(金) [日帰り]
メンバー kuroske
天候はれ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
御岳苑地駐車場を利用。冬季(2月末日まで)無料
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間12分
休憩
34分
合計
4時間46分
S御岳苑地駐車場08:1708:22中野バス停08:26光仙橋 北尾根登山口08:3109:50露岩(二つ岩)09:5110:18日の出山10:4211:05竜のヒゲ11:0611:23高峰11:2411:52558m地点(高峰北尾根)11:5412:48光仙橋 北尾根登山口13:03御岳苑地駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
‘ノ出山北尾根
道は明確で危険なところもない。強いて言えば露岩帯で踏み跡が交錯する点ぐらいだろう。
高峰北尾根〜北西支尾根ルート
基本的に踏み跡は明瞭だが、今回のルートは御岳駅に至るメインルートから分かれて北西に延びる尾根を進むもので、やや注意が必要。高峰から下ってゆくと明い伐採地に出る(地形図上で558mの記載があるところ)。ここで尾根が二又に分かれる。メインの踏み跡は右方向についているが、ここで左方向の弱い踏み跡に入る。そのまま尾根筋を伐採地沿いに降ると急傾斜になり危険な感じ(以前、登路として辿った時も直登を避けて巻いた)。今回も、いったん南西に延びる枝尾根を下り、適当なところで右手にトラバースして主尾根に戻った。途中に数メートルもある岩壁があるので、この下を通るようなルート取りが必要だろう(トラバースが早すぎると岩場の上に出てしまう)。再び伐採地に出たらあとは容易。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 軽アイゼンを持参したが使用しなかった。

写真

御岳神社大鳥居
2016年02月26日 08:22撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御岳神社大鳥居
北尾根入口。うっかり通り過ぎてしまった
2016年02月26日 08:31撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北尾根入口。うっかり通り過ぎてしまった
2
尾根筋に立派な道が付いている
2016年02月26日 08:41撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根筋に立派な道が付いている
手入れされていないのでヤブっぽい箇所も
2016年02月26日 08:46撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手入れされていないのでヤブっぽい箇所も
伐採地となり御岳山が望める
2016年02月26日 08:48撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伐採地となり御岳山が望める
露岩帯。左手を巻き気味に登る。危険は感じない
2016年02月26日 09:15撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
露岩帯。左手を巻き気味に登る。危険は感じない
踏み跡が錯綜しているが、赤テープの方へ
2016年02月26日 09:17撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡が錯綜しているが、赤テープの方へ
昨日の雪が現れ始める
2016年02月26日 09:29撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日の雪が現れ始める
足跡の主は誰?
2016年02月26日 09:48撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足跡の主は誰?
1
このあたりは自然林が多いところ
2016年02月26日 09:51撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりは自然林が多いところ
1
ほじくり返して食べ物を探したようだ
2016年02月26日 09:51撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほじくり返して食べ物を探したようだ
1
靴底に雪と落ち葉が🍡になってくっつき滑って登りにくい
2016年02月26日 09:58撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
靴底に雪と落ち葉が🍡になってくっつき滑って登りにくい
1
山頂が近づく。急な北斜面で寒々しい
2016年02月26日 10:10撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂が近づく。急な北斜面で寒々しい
1
日ノ出山着。暖かいが雪解けの泥でグチャグチャ
2016年02月26日 10:22撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日ノ出山着。暖かいが雪解けの泥でグチャグチャ
3
石尾根と長沢背稜の展望
2016年02月26日 10:46撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石尾根と長沢背稜の展望
2
大岳山
2016年02月26日 10:26撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岳山
2
南面の都心側が開ける
2016年02月26日 10:27撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南面の都心側が開ける
1
竜のヒゲ
2016年02月26日 11:06撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜のヒゲ
2
高峰山頂
2016年02月26日 11:24撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高峰山頂
1
この道標に従って下る
2016年02月26日 11:27撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この道標に従って下る
2
明瞭な尾根道
2016年02月26日 11:30撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明瞭な尾根道
1
558m地点。赤テープに従い右方向に降るのが通常ルート。今回は左へ
2016年02月26日 11:51撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
558m地点。赤テープに従い右方向に降るのが通常ルート。今回は左へ
1
伐採地からは川苔山あたりがよく見える
2016年02月26日 11:54撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伐採地からは川苔山あたりがよく見える
1
そのまま尾根通しに降るのは危険。左へ
2016年02月26日 11:56撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのまま尾根通しに降るのは危険。左へ
1
いったん南西方向に下る。踏み跡あり
2016年02月26日 11:58撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いったん南西方向に下る。踏み跡あり
1
少し下ったら植林の中をトラバースして尾根に戻る。もっと下ってからトラバースに入ったほうが良かったかも
2016年02月26日 12:00撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し下ったら植林の中をトラバースして尾根に戻る。もっと下ってからトラバースに入ったほうが良かったかも
途中に岩場がある。この裾を回り込むと、
2016年02月26日 12:05撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中に岩場がある。この裾を回り込むと、
1
尾根に乗る
2016年02月26日 12:10撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に乗る
惣岳山
2016年02月26日 12:12撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
惣岳山
伐採地下端の踏み跡から御岳苑地駐車場に直接下ることも可能(前回確認済み)
2016年02月26日 12:26撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伐採地下端の踏み跡から御岳苑地駐車場に直接下ることも可能(前回確認済み)
そのまま下ってゆくと小さな祠がある
2016年02月26日 12:38撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのまま下ってゆくと小さな祠がある
1
すぐ下の家(廃屋のようだ)のほうに踏み跡がある
2016年02月26日 12:39撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐ下の家(廃屋のようだ)のほうに踏み跡がある
明治に置かれた観世音菩薩と刻まれているが、とても現代的だ
2016年02月26日 12:41撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明治に置かれた観世音菩薩と刻まれているが、とても現代的だ
2
オオイヌノフグリのお花畑。春ですねー
2016年02月26日 12:54撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオイヌノフグリのお花畑。春ですねー
2

感想/記録

今日は夕方から用事があったのでコンパクトなコースを辿ってみました。
日ノ出山北尾根は初めてでしたが、予想以上に歩きやすく、自然林も多い好ルートでした。通行自粛なのに登る人が多いのも頷けます。帰路は先月14日に登路とした高峰北尾根を下ってみました。こちらはうまくルート取りをしないと危険な箇所があります。この二つの北尾根を結ぶと小粒ながら変化のある周回コースになり、山慣れた方なら静かな山行が楽しめるのではないでしょうか。
訪問者数:232人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

赤テープ 直登 山行 花畑 道標 支尾根
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ